FC2ブログ

艸句会報:若草(令和元年10月14日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「榠樝の実」、席題「体」

高点5句
その中に兜太に似たる榠樝の実   安住 正子
台風裡カレーに落とす生卵     山本  潔
閂のすとんと秋になりにけり    加藤 弥子
不屈なる子規の横顔榠樝の実    市原 久義
消費税八やら十やら秋刀魚焼く   針谷 栄子

児がくれし青き蜜柑に掌の温み   加藤 弥子
長き夜の甘みの欲しき体かな    山本  潔
林道の風のことづて秋の声     岡戸 良一
ごつごつと光の触るる榠樝の実   坪井 信子
紅白のされど寂しき彼岸花     市原 久義
体育の日団地の底の運動場     安住 正子
父母の守りし土蔵榠樝の実     松本ゆうき
秋高し部活帰りのコロッケパン   沢渡  梢
穭田の辻に双体道祖神       新井 洋子
悩むとき悩まざるとき草の花    石田 政江
師の在せし初学の道の青くわりん  針谷 栄子

(清記順)

一口鑑賞その中に兜太に似たる榠樝の実」〜正子さんの句。昨年2月に他界した金子兜太の遺句集『百年』(朔出版)がこのほど刊行された。その記念イベントが兜太の故郷、秩父でも行われ、作者も参加してきた。この句は、兜太が好きだったという榠樝の木を見てきた実感から発想した。榠樝の実のごつごつして肉厚の印象を「兜太に似たる」と見て取った。<友ら亡し青く大きく榠樝の実><老年のわれに賑やか花梨の実>はいずれも『百年』から引いた。「ごつごつと光の触るる榠樝の実」〜信子さんの句。以前、東京・国分寺市の殿ヶ谷戸庭園で見た榠樝を思い出して詠んだという。もはやこの木はないそうだが、見事に写生句として成立している。記憶にしっかり残るまで榠樝の実をよく見たからだろう。中七の「光」に詩情が溢れている。写生の大切さを教えてくれる一句。(潔)

艸句会報:連雀(令和元年10月2日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「煎餅」

高点2句
秋晴の明石海峡蛸煎餅       岡崎由美子
秋日和茶と煎餅と小津映画     松本ゆうき

広口壜の中の煎餅秋の色      進藤 龍子
あざやかに雨降つてをり蛇苺    加藤 弥子
秋灯や人恋ふときに読む句集    岡崎由美子
ぬれ煎の食感が好き小鳥来る    山音(やまね)
川底の石の翳濃き寒露かな     束田 央枝
回転ドアより秋光へ退院す     中島 節子
四畳半の煎餅布団蚯蚓鳴く     松本ゆうき
なまぬるき秋暑の枕うらがへす   坪井 信子
死ぬといふ最後の仕事むかご飯   松成 英子

(清記順)

一口鑑賞秋晴の明石海峡蛸煎餅」〜由美子さんの句。兼題「煎餅」の中で人気を得た一句。「秋晴の明石海峡」という心地良い大きな景を提示した上で、お土産としても重宝される「蛸煎餅」を持ってきたところが洒落ている。ちなみに、淡路市の「たこせんべいの里」には40種類もの蛸煎餅が売られているという。「広口壜の中の煎餅秋の色」〜龍子さんの句。「広口壜」というだけで懐かしい感じがする。子供の頃に見た駄菓子屋や煎餅屋が目に浮かぶからだろうか。外からも見える店内には陽光が差しており、広口壜の中の煎餅もよく見える。作者はそこに秋の気配を感じているのである。(潔)

艸句会報:東陽(令和元年9月28日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「秋刀魚」「棚」

高点4句
虎猫があくびして去る曼珠沙華   山本  潔
少女らのちぢめる言葉笑ひ茸    堤 やすこ
無宿猫釣瓶落しの石段に      新井 洋子
鱗雲谷中猫町坂の上        貝塚 光子

高級魚の棚に新入り大秋刀魚    貝塚 光子
城跡は風の音のみ新松子      斎田 文子
人間が地球をこわす秋刀魚焼く   堤 やすこ
採り残す観光園の葡萄棚      安住 正子
幾何学の好きな神さまいぼむしり  松本ゆうき
邯鄲やとほき戦の語り部に     浅野 照子
夜半の秋問へば無言という返事   新井 洋子
手わたしの白桃赤子抱くやうに   飯田 誠子
月曜日の教会の扉や昼の虫     岡崎由美子
秩父路の樹々に親しき山の霧    山本  潔
榠樝の実兜太の撫でし木に触れて  小泉 裕子
若鹿の一瞬ひるむ細き四肢     長澤 充子
切れ味の良き秋刀魚選る魚の棚   岡戸 良一

(清記順)

一口鑑賞無宿猫釣瓶落しの石段に」〜洋子さんの句。「無宿猫」と言われると、ただの野良猫ではなく、人間で言えば「風来坊」のような、他所からやってきた、ちょっと粋な存在に思えてくるから不思議だ。そんな猫が陣取っている石段にも秋の夕暮は早い。「無宿猫」にもやがて冬がやってくる。「鱗雲谷中猫町坂の上」〜光子さんも猫好きならではの一句。似たような句はたくさんありそうだが…。「人間が地球をこわす秋刀魚焼く」〜やすこさんの句。今年は秋刀魚漁の不漁が深刻だという。北海道近海の水温が平年より高く、秋刀魚が寄り付かないらしい。これも地球温暖化の影響だろうか。この句は上五〜中七の断定と下五の「秋刀魚焼く」が響き合って人類への警鐘を鳴らしている。(潔)

艸句会報:すみだ(令和元年9月25日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点2句
廃業を告げる達筆秋澄めり     松本ゆうき
秋簾暮しの透ける路地の家     工藤 綾子

栃の実の落ちて林道風の中     長澤 充子
おおかみの遠吠えに似て野分かな  松本ゆうき
桐一葉万物にある裏表       工藤 綾子
梵鐘の余韻のゆくへ桐一葉     福岡 弘子
ずつしりと夕顔の実の尻座る    高橋 郁子
栗おこわ焚いて互いの故郷自慢   貝塚 光子
渡り鳥むらがる湖に知らぬ鳥    大浦 弘子
はらからの老いてちぐはぐ衣被   岡崎由美子
ゆふらりと雲の影ゆく大花野    岡戸 良一

(清記順)

一口鑑賞秋簾暮しの透ける路地の家」〜綾子さんの句。夏の日差し除けに吊るしてあった簾が、秋になって半分くらい巻き上げられていたり、編目が広がっていたりして寂れた感じになる。そんな簾越しに「路地の家」の中が透けて見える様子をうまく言い止めた。「ゆふらりと雲の影ゆく大花野」〜良一さんの句。雄大な景を俯瞰して一物仕立てで端的に描いている。一見、シンプルな句に見えるが、読めば読むほど味わいが出てくるのは、上五の「ゆふらりと」に情感がこもっているからだろう。大花野を眺めている作者自身もこの景の中に溶け込んでいる。(潔)

艸句会報:若草(令和元年9月14日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「蟷螂」、席題「六」

高点3句
教科書は六号活字夜学の灯      松本ゆうき
かまきりの振り向きざまの目のみどり 新井 洋子
おほらかにずれてカラオケ敬老日   安住 正子

面倒くさいをとことをんないぼむしり 松本ゆうき
月今宵六波羅蜜寺の闇照らす     岡戸 良一
かまきりの天に許しを乞ふ姿     新井 洋子
直立の尾花が囲む六地蔵       小泉 裕子
被災地の一戸一戸に今日の月     針谷 栄子
秋の雲アンモナイトになるつもり   坪井 信子
家訓として握るおむすび颱風来    飯田 誠子
十六夜の五句出し六句選の句座    山本  潔
秋風やわが庭に干す笊と樽      石田 政江
大白桃のうぶ毛の彼方山河あり    加藤 弥子
露の玉散るや八雲の住居跡      沢渡  梢
ワイパーに縋る蟷螂見得を切る    市原 久義
登校子につかまつてゐる子蟷螂    安住 正子

(清記順) 

一口鑑賞教科書は六号活字夜学の灯」〜ゆうきさんの句。席題「六」から発想した教科書の「六号活字」にリアリティーがある。秋の季語「夜学」も効いている。文字のサイズは「号」や「ポイント」などで規定される。活版印刷の時代には「号」も使われ、大きい順に初号、1〜8号だった。かつて日本の公文書は5号と定められており、現代のパソコンのワープロソフト「Word」では10.5ポイントに当たる。ちなみに「六号活字」はほぼ8ポイント。「Word」では最も小さい。「家訓として握るおむすび颱風来」〜誠子さんの句。台風が来るのを前に、せっせとおむすびを握っているのである。それだけのことなのだが、「家訓として」の一言で、この句は奥行きが広がる。雨戸を閉めたり、懐中電灯や水を用意したり、いろいろ防災対策を施していく中で、最も重要なのは食料の確保。おむすびがあるだけで、不安な気持ちもなぜか落ち着くから不思議だ。近年、日本列島は大きな自然災害があちこちで起きている。危機管理の面でも「家訓」には意義があったのかもしれない。(潔)

艸句会報:連雀(令和元年9月4日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「新涼」

高点2句
細筆の掌に馴染みをり涼新た    束田 央枝
後継誌は「艸」と決定秋高し    加藤 弥子

花野来てなにも要らぬと思ひけり  矢野くにこ
特攻兵のごとぶちあたり蝉かなし  加藤 弥子
新涼や手熨斗でたたむ白のれん   飯田 誠子
黙といふ安らぎのなか吾亦紅    横山 靖子
新涼やうすももいろの猫のみみ   坪井 信子
少年にして貫禄や草相撲      松成 英子
腹八分今日も守れず獺祭忌     束田 央枝
かなかなや古民家園に亡夫と聴く  春川 園子
下校児のゲームの話カンナ咲く   中島 節子
重ね置く本に紛れし秋団扇     岡崎由美子
波を打つステンドグラス秋涼し   山音(やまね)
目の前をモンローのごと秋の蝶   松本ゆうき
わが母を知らぬ夫の掌墓洗ふ    向田 紀子
秋涼し嬰に見られぬ蒙古斑     進藤 龍子

(清記順)

一口鑑賞「細筆の掌に馴染みをり涼新た」〜央枝さんの句。手紙を書いているのか、あるいは写経でもしているのか。夏の暑いときには書き物をするのも億劫だったが、秋になった途端に文字を書く意欲も湧いてきたのだろうか。もっとも、作者は書道の達人。日頃から書をやる人だからこそ、細筆一本を持つ手に新涼を感じ取ったのである。繊細な人の一句。「少年にして貫禄や草相撲」〜英子さんの句。少年の姿が何とも生き生きしている。上五から中七への句またがりを巧みにこなし、「貫禄や」の措辞も絶妙だ。相撲の歴史は古く、聖武天皇の代から旧暦7月に宮中儀式として行われたことから秋の季語になった。「草相撲」は副題。今も秋祭に神社の境内などで子どもたちが相撲を取る行事が残っている。(潔)

艸句会報:すみだ(令和元年8月28日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点3句
海の色移ろふ瀬戸の秋夕焼     長澤 充子
蚯蚓鳴く心の隅の真のやみ     岡戸 良一
師なきあとこれよりの日を艸茂る  石田 政江

亡き人の育てし夏の万花かな    桑原さか枝
喪帰りのことば少き星月夜     岡戸 良一
「爽やか」と書いて爽やか墨の香も 山音(やまね) 
渓谷に流水の糸冷さうめん     大浦 弘子
電柱の影をも拾ふ残暑かな     高橋 郁子
手信号で曲がる自転車赤とんぼ   福岡 弘子
赤紫蘇や笊にはつきり梅の跡    石田 政江
木槿咲く霊園前のなんでも屋    岡崎由美子
声痩せて病む弟へマスカット    長澤 充子
下町や祭まつりと八十路来る    貝塚 光子
新米にぶつかけ卵言ふことなし   工藤 綾子

(清記順)

一口鑑賞師なきあとこれよりの日を艸茂る」〜政江さんの句。「花暦」は7月に発行した夏季号で終刊となったが、今後は後継誌「艸(そう)」として再出発する。作者は故舘岡沙緻師との縁が深く、「花暦」の行く末を案じてきた一人。名称は「艸」に変わるものの、師の俳句精神が引き継がれることを願っている。「艸(草)茂る」は夏草の繁茂した様子を示す季語。「艸」への挨拶句。「手信号で曲がる自転車赤とんぼ」〜弘子さんの句。いまや自転車の手信号は珍しいが、ママチャリのおじいさんが曲がるときに不意に片手を上げたり、ロードバイクの人が進路変更をする際に手を伸ばしたりするのを見かけることがある。この句はそんな一瞬を巧みに言いとめた。「赤とんぼ」との取り合わせが効いている。(潔)

艸句会報:東陽(令和元年8月24日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「蜻蛉」「一」

高点1句
新盆やノートに残る母の短歌(うた)  松本ゆうき

一日の終りは祈りいぼむしり      堤 やすこ
震度三ぐらいじや止まぬ盆踊      浅野 照子
出店の灯消ゆる「そらまち」虫集く   長澤 充子
自販機のどんと缶吐く残暑かな     野村えつ子
読み難き碑に蜻蛉の臀呫(となめ)かな 安住 正子
安住正子にとんぼのとまる七尾線    山本  潔
桃を描く桃の香りを色にして      新井 洋子
流燈会五山の一字消えてより      岡戸 良一
ビー玉を透かして八月の宇宙      隣 安
いづこより童湧きしか盆踊       松本ゆうき
吊りてすぐおけさ風鈴おどり出す    飯田 誠子
言へさうで言へぬ一言いなびかり    岡崎由美子
一行の追伸うれし夏見舞        斎田 文子

(清記順)

一口鑑賞新盆やノートに残る母の短歌(うた)」〜ゆうきさんの句。昨年、お母さまを亡くした作者。このお盆は故郷の宇和島で過ごし、改めて在りし日の母を偲ぶ機会になったようだ。お母さまは地元の文化賞も受賞された歌人。<寂しさは独りの食事整えて「いただきます」と箸を取る刻(とき)><ゆく夏を惜しむごと鳴く蜩がひとりのわれを急かす夕暮れ>。この2首はお母さまの生前、ゆうきさんが編纂した「うちうみ 松本榮歌集」から引いた。「震度三ぐらいじや止まぬ盆踊」〜照子さんの句。句意は明瞭だ。東日本大震災からもうすぐ8年半。大地震はいつ起こってもおかしくないが、恐れているばかりでは何もできない。この夏、東京でも盆踊の最中に震度3の揺れがあったが、中断されるようなことはなかった。この句は地震と盆踊りという組み合わせに現代性が感じられる。(潔)

艸俳句会:句会開催予定(8、9月)

艸俳句会:句会開催予定(8、9月)

8月24日(土) 東陽句会:江東区産業会館
8月28日(水) すみだ句会:すみだ産業会館
9月 4日(水) 連雀句会:三鷹駅前コミュニティセンター
9月14日(土) 若草句会:俳句文学館
9月25日(水) すみだ句会:すみだ産業会館
9月28日(土) 東陽句会:江東区産業会館

【句会に関する問い合わせ先】艸俳句会 090-3545-6890 山本まで

艸句会報:東陽(令和元年7月27日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「かき氷」「問」

高点2句
ネット越す部活の恋は炎天下    浅野 照子
問題集とけぬよ溶けるかき氷    野村えつ子

斧冷し問ふAIの未来の世     浅野 照子
硝子器にふんわり積るかき氷    長澤 充子
思ひ出は物に寄りそふ夜の秋    堤 やすこ
身の丈の幸せ問へり藍浴衣     貝塚 光子
梅雨明けてビル鋭角を取りもどす  野村えつ子
草原の葉擦れ涼しき風の歌     新井 洋子
浴衣着て「うつ」の字を問ふ女かな 松本ゆうき
麦飯や問はず語りの師の眼     岡崎由美子
下町の打水に寄る雀かな      斎田 文子
緑蔭に影を消したる子どもたち   山本  潔
幸せかと問うてもみたき水中花   岡戸 良一
瀬明かりに解禁を待つ鮎の宿    飯田 誠子
地ビールのうんちく長き縄のれん  安住 正子
蜜豆や母のトリセツ作成中     小泉 裕子

(清記順)

一口鑑賞下町の打水に寄る雀かな」〜文子さんの句。「下町の打水」で読み手には夏の夕方の涼しそうな景が浮かぶ。打水を待っていたかのように現れたのが雀。この句は、目の前の雀を可愛がる作者の表情まで見えてくる。下五の「雀かな」という切れが成功しているからだろう。句会では「何でもないシーンを端的に描けている」と好評だった。眼前の一瞬の景を切り取ること。それが俳句。「蜜豆や母のトリセツ作成中」〜裕子さんは句会初参加。「トリセツ」は最近の流行語のような印象があるが、広辞苑には「とり-せつ【取説】『取扱い説明書』の略」とある。認知症が進んでいるという母親の介護に苦労している作者。「トリセツ作成中」とは尋常ではない。精神的にも大変そうだが、夏の季語「蜜豆」との取り合わせによって明るく詠んだ。俳句は心の支えになっている。(潔)
プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『艸』は2019年夏季号で終刊となった『花暦』の後継誌です。2020年1月に季刊誌として創刊します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
525位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
21位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR