FC2ブログ

花暦句会報:若草(平成30年10月13日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「秋燈・秋灯」、席題「街」「音」

高点3句
人はみな灯に戻りゆく暮の秋    加藤 弥子
秋灯シフォンケーキの月の色    坪井 信子
美濃紙の墨を吸ひあぐ秋灯下    針谷 栄子

木々を打つ私雨も秋の音      山本  潔
「草花を詠むといいよね」庭は秋  石田 政江
秋の蜘蛛築山うらに通せん坊    森永 則子
ハロウィンの魔女東京の街を行く  岡戸 良一
底紅の紅にとどかぬ街の音     坪井 信子
瓢箪や娘は母に物申す       廣田 健二
秋霖やアズナブールの黒いシャツ  沢渡  梢
横文字の読めぬ墓碑銘こぼれ萩   飯田 誠子
立飲みのネクタイ緩め秋ともし   新井 洋子
パソコンの値百円いわし雲     松本ゆうき
赤とんぼ肩に手に君は何者     針谷 栄子

(清記順)

一口鑑賞美濃紙の墨を吸ひあぐ秋灯下」〜栄子さんの句。兼題「秋灯」に対し、美濃紙という素材を持ってきたところが素晴らしい。美濃紙は岐阜県で奈良時代の頃から製造されている。伝統工芸品として知られ、その技法は重要無形文化財にも指定されている。澄みきった秋の灯に照らされた和紙に、たっぷりと墨を含んだ筆を置いた瞬間に墨が吸い込まれていく。和紙の質感とともに、墨の匂いもしてくるようだ。趣のある一句。「底紅の紅にとどかぬ街の音」〜信子さんの句。「底紅」は木槿のこと。赤紫や白などの花を咲かせる。中でも真っ白な花の底の部分が赤いものを底紅と呼ぶ。街から離れたお寺の境内や小さな公園、あるいは路地裏に咲く底紅だろうか。作者は赤い部分に視線を合わせながら、静寂の中にいる。席題「街」「音」の両方の文字を巧みに詠み込んだ。(潔)
 [ 2018/10/14 10:09 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:連雀(平成30年10月3日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「茸」

高点2句
すでに沙緻つひに眸も逝き九月   中島 節子
逆縁や丈の短かき曼珠沙華     向田 紀子

いそいそと父の背の籠茸狩     束田 央枝
ちちろ鳴く庭に立ちゐる夫小さし  田村 君枝
月を得て切り絵のごとし大欅    向田 紀子
紅茸を生やすは魔女か毒盛つて   春川 園子
歩をゆるめ秋七草を諳んずる    飯田 誠子
倒木をくぐる秋水山毛欅林     進藤 龍子
臥待ちの窓辺に亡母の文机     岡崎由美子
新雑誌「兜太」お目見得秋高し   根本 莫生
教会は文化遺産に浦の月      坪井 信子
柚の香やひとりのための厨ごと   加藤 弥子
露草の吹かれて瑠璃をこぼしけり  田崎 悦子
御社の龍の呼びしか秋の雷     松成 英子
松茸の前見るだけの客となり    中島 節子

(清記順)

一口鑑賞すでに沙緻つひに眸も逝き九月」〜節子さんの句。少し説明が必要だろう。沙緻(舘岡沙緻)と眸(岡本眸)はともに富安風生、岸風三樓に俳句を学んだ。眸が昭和55年に『朝』を創刊すると、沙緻もこれに参加。「俳句は日記」を信条とし、日常の中から詩の言葉を掬い上げた。沙緻は平成10年に『花暦』を創刊。それぞれの道を歩むことになった二人の句には「不屈な精神」を共通点として見いだすことができる。沙緻は平成28年5月1日、85歳で死去。眸は今年9月15日に亡くなった。享年90歳。揚句は、そんな二人への親しみを抱きつつ、哀悼の意が込められている。「秋風や柱拭くとき柱見て」「秋深き音生むために歩き出す」は眸の句。この秋は多くの人に愛誦されているはずだ。しみじみと。合掌。(潔)
 [ 2018/10/06 09:06 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:すみだ(平成30年9月26日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点2句
宥しあふ齢となりて梨を剥く    高橋 郁子
香煙に過ぎし日ゆらぐ秋思かな   加藤 弥子

瓢棚むかしは何処も大家族     高橋 郁子
秋の峰空を貫く間歇泉       桑原さかえ
秋の暮屋台の客待つ野良猫     貝塚 光子
強風に耐えて岬の秋薊       長澤 充子
ふれあひてコスモス彩を競はざる  加藤 弥子
野分去り遠き昨日でありにけり   工藤 綾子
隠沼に沈む倒木月天心       岡戸 良一

(清記順)

一口鑑賞香煙に過ぎし日ゆらぐ秋思かな」〜弥子さんの句。「秋思」は秋の頃の物思い。作者は花暦の大ベテラン作家であり、人生の哀れや寂しさをいろいろ経験されてきた。お彼岸のお墓参りで供えた線香か、あるいは仏壇の線香の煙に目を凝らし、物思いにふけっている。年を経れば経るほど思いも深まるに違いない。煙の揺らぎに「過ぎし日」を重ね合わせている。「強風に耐えて岬の秋薊」〜充子さんの句。岬の風は強い。ましてや秋は野分の風も吹いて来る。そこに自生する「鬼薊」や「山薊」などを総称して「秋薊」と呼ぶ。高さは約1メートル。根は太く長い。強い風に耐えて咲く秋薊のたくましさに、作者は素直に感動している。(潔)
 [ 2018/09/29 11:26 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:東陽(平成30年9月24日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「月」一切、「芒」

高点2句
新米を研ぐそれだけの今日の幸     岡崎由美子
芒野に溺れ少年不登校         沢渡  梢

白萩のこぼれて恋の路となり      廣田 健二
タワーマンションの光こぼれる無月かな 堤  靖子
夕すすき漢の匂ひ込めし鉱山(やま)  浅野 照子
草雲雀ただ寝に帰る母の家       山本  潔
秋草を束ねて壺へ日の匂ひ       長澤 充子
公園をはみだしてゐる虫時雨      飯田 誠子
雲去来して水の澄む山上湖       斎田 文子
陸揚げの秋刀魚や海をしたたらせ    新井 洋子
爽涼や二人暮しの寿司握る       貝塚 光子
月明や直方体の倉庫群         岡崎由美子
月へ旅なんて些かはしやぎすぎ     沢渡  梢

(清記順)

一口鑑賞新米を研ぐそれだけの今日の幸」〜由美子さんの句。日本人にとって、新米は特別な意味を持っている。なぜなら、新米は五穀豊穣の象徴であり、1年の食糧が確保できたという安心の証だからだ。食生活の欧米化でコメの消費量は激減しているが、秋になればスーパーには「新米入荷」の幟が立つ。そんな新米を研ぐことに作者は無上の喜びを感じている。日常の一コマを巧みに詠んだ一句。「新米といふよろこびのかすかなり」は飯田龍太の句。「白萩のこぼれて恋の路となり」〜健二さんの句。萩は日本の秋を代表する花であり、公園や遊歩道などでよく目にする。萩が風に揺れる景色は風情がある。白萩の花言葉は「思案」。その白さは清らかさの象徴でもある。揚句は恋の句として詠まれているが、作者自身のことではなさそうだ。若いカップルが通り過ぎた白萩の小道。それを眺めながら、若かりしころの自分と重ね合わせているのかもしれない。(潔)
 [ 2018/09/24 21:29 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:若草(平成30年9月8日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「白露」、席題「縁」

高点2句
ほんたうは秋刀魚の旨さ知らぬ俺    松本ゆうき
縁あつて我家の庭の野紺菊       石田 政江

芋の露ふるわせ寄せて葉に遊ぶ     石田 政江
虫すだく一樹の闇を深くして      岡戸 良一
天高し白髪覗かせ野球帽        森永 則子
草原の雲の行方や吾亦紅        新井 洋子
秋の雨積ん読本の縁かな        松本ゆうき
ペン先の影の濃淡白露の夜       坪井 信子
老僧の居住ひ正す白露かな       廣田 健二
血を舐めて鉄の味する白露かな     山本  潔
献血に年齢制限鳥渡る         加藤 弥子
ゆらゆらと白露の朝に瞑すべし     沢渡  梢
鳩車机上の白の露めきて        飯田 誠子

(清記順)

一口鑑賞ほんたうは秋刀魚の旨さ知らぬ俺」〜ゆうきさんの句。今回、ゲストとして初参加し、いきなり最高点に輝いた。秋刀魚は秋の味覚の一つ。その美味しさや、焼き方、焼かれ方などを詠んだ句はよく目にするが、「旨さを知らぬ」という告白に意表を突かれる。子どもの頃から、秋刀魚を食べる習慣があまりなかったらしいが、この句は「旨さを知らぬ」と詠むことで、返ってその「旨さ」を引き立たせている。諧謔的な味が乗った一句。「ゆらゆらと白露の朝に瞑すべし」〜もう一人のゲスト、梢さんの一句。「ゆらゆらと」は「急がず、ゆっくりと」の意。下五の「瞑すべし」にかかる。兼題を詠み込み、「ゆっくり白露の朝に往生したい」という死生観に結びつけた。ゆったりとした調べは作者の持ち味。「ゆふらりと月綻んで水鏡」は梢さんの第一句集「たひらかに」(蒼穹社)から引いた。(潔)
 [ 2018/09/09 10:21 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:連雀(平成30年9月5日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「食」

高点2句
飽食の芥の嵩や鵙猛る         加藤 弥子
八月果つよく水呑んでよく食つて    坪井 信子

雷雨去り町生きかへる夕餉どき     田崎 悦子
羅漢さまの笑みや怒りや竹の春     春川 園子
雲海の無音の怒涛村を吞む       横山 靖子
爽やかにランチに酌めるアペリチフ   向田 紀子
釣舟草咲くや水音引き寄せて      加藤 弥子
秋うらら嬰授かりし報せ受く      進藤 龍子
机上まで秋冷いたる亡夫の部屋     束田 央枝
塩むすび旨し花火の桟敷席       松成 英子
許されよ野の花手折り食卓に      中島 節子
湯の町の朝湯戻りや花木槿       田村 君枝
露草の瑠璃耀へり通り雨        飯田 誠子
空き缶の音をころがす芋嵐       坪井 信子

(清記順)

一口鑑賞八月果つよく水呑んでよく食つて」〜信子さんの句。中七、下五の言い回しが見事に決まっている。今年の夏は異常な暑さに見舞われた。その暑さのことは何も言わずに、よく水を呑み、よく食べたという事実を淡々と連ねるだけで十分に説得力を生んでいる。こんな詠み方もあるのかと感心する。上五に据えた「八月果つ」が実によく利いている。「羅漢さまの笑みや怒りや竹の春」〜園子さんの句。「羅漢」は「阿羅漢」の略。仏教において煩悩を振り払い、最高の悟りを開いた聖者のことだ。最近では、江戸時代中期の絵師、伊藤若冲が下絵を描いた「五百羅漢」が人気を集めている。若冲の羅漢かどうかはともかくとして、この句は「羅漢さま」と親しみを込め、その表情に見入っている。自然災害が続く日本の現在を憂いつつ、まるで救いを求めているかのように。この句も季語「竹の春」が利いている。(潔)
 [ 2018/09/08 09:24 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:すみだ(平成30年8月29日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点3句
影連れて流るるものや水の秋      加藤 弥子
ダリア真つ赤ゴスペル漏るる園真昼   高橋 郁子
秋暑し齝む牛の尾の遊び        工藤 綾子

海近き駅のポスター夏の果       岡崎由美子
朝顔の紺鉄柵を埋め尽くす       長澤 充子
果樹園の耳をつんざく威し銃      工藤 綾子
空高し牧の牛にもある序列       高橋 郁子
雪渓に残る靴跡空の青         桑原さかえ
曼殊沙華活けてみたしや火焔土器    貝塚 光子
百日紅百日咲けば百の夢        加藤 弥子
鰯雲江東運河縦横に          岡戸 良一

(清記順)

一口鑑賞秋暑し齝む牛の尾の遊び」〜綾子さんの句。「齝む」は「にれかむ」と読む。いわゆる「反芻」のこと。一度飲み込んだ牧草を口に戻して噛み直している牛が尾を振っている。まだ残暑の厳しい牛舎の中だろうか。それでも牛にとっては至福の時なのかもしれない。「尾の遊び」とユーモラスに書き留めたことで、牛の表情まで見えてくるようだ。「空高し牧の牛にもある序列」〜郁子さんの句。こちらは晴れ渡った空の下に放牧された牛たち。牛は群れて行動する動物。よく見ているとリーダーらしき存在が目に付いたのだろう。「牛にもある序列」は人間社会との対比。(潔)
 [ 2018/09/01 09:04 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:東陽(平成30年8月25日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「処暑」「音」

高点5句
黄昏を音に変へたる河鹿笛      山本  潔
登り来て音無き世界旱星       斎田 文子
新涼や古き鏡に背を正す       貝塚 光子
被災地の中天潤む赤い月       長澤 充子
入れ替えて濃き茶一服処暑の朝    安住 正子

扇風機昭和の音を立ててをり     山本  潔
霧来れば霧の粧ひ山衣        斎田 文子
引き波に小石ころがる音涼し     長澤 充子
花梯梧遠き昭和の火の記憶      飯田 誠子
秋薔薇柩の姉はオフェリア      浅野 照子
草の花愛しむ老いを諾へり      岡戸 良一
処暑の日の良寛の海波高く      堤  靖子
駅頭は一会の別れ雁の頃       新井 洋子
うら若き縄文土偶夜の桃       貝塚 光子
水琴窟の音の間遠や秋の昼      安住 正子
一片の雲寄せつけず処暑の山     野村えつ子

(清記順)

一口鑑賞登り来て音無き世界旱星」〜文子さんの句。酷暑を逃れて高原の温泉地へ行った際の景という。席題「音」でとっさに詠んだ一句。皆、どんな音を詠もうかと苦吟する中、発想を変えて「音なき世界」という措辞を思いついたところがお手柄。「旱星」は夜空に赤みを帯びて輝く星。この夏は火星が地球に最接近した。静寂の中で観る旱星に一体何を思ったのだろう。「一片の雲寄せつけず処暑の山」〜えつ子さんの句。もう一つの席題「処暑」の句。立秋後15日目の8月23日頃になると暑さがやむ。今年の暑さはなかなか収まりそうにないが、「処暑」の声を聞けば、空も山も次第に秋の装いを始める。「一片の雲」はまだ夏の雲だろうか。それを決して寄せつけようとしない山を「処暑の山」と見て取った。季題をしっかり押さえて詠んだ一句。(潔)
 [ 2018/08/26 09:21 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:すみだ(平成30年7月25日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点3句
原爆忌鶴折る指も老いにけり     加藤 弥子
さくらんぼ含みひとりもまた愉し   加藤 弥子
孤食にも黙にも慣れて冷奴      高橋 郁子

汗光る津軽じょんがら撥捌き     高橋 郁子
雲海や女ばかりの露天風呂      桑原さかえ
蜘蛛の囲に捕はるいのち吹かれをり  岡崎由美子
復元の茶亭の木の香風涼し      貝塚 光子
百日紅身の置き場なき晴続く     加藤 弥子
放る人受け手も確と西瓜畑      工藤 綾子
鬼灯市夕ぐれ匂ふ浅草寺       長澤 充子
夏草やむかし鉄路のありし跡     岡戸 良一

(清記順)

一口鑑賞孤食にも黙にも慣れて冷奴」〜郁子さんの句。一人暮らしの高齢者が急増する中、「孤食」は社会問題化している。栄養不足になったり、栄養バランスが崩れたりすることで、心身に悪影響を及ぼすからだ。作者はそんな「孤食」の問題を感じつつ、「黙にも慣れて」と言うことで寂しさを振り切っている。「冷奴」のようにさっぱりと、涼しく。「夏草やむかし鉄路のありし跡」〜良一さんの句。句意は明解だ。かつてそこに線路があったというだけなのだが、この句が妙に郷愁を呼ぶのは、上五の「夏草や」が利いているからだろう。「夏草」「鉄路」とくれば、山口誓子の名句「夏草に汽罐車の車輪来て止まる」がすぐ思い浮かぶ。きっと作者も口ずさんだに違いない。(潔)
 [ 2018/07/28 08:26 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:若草(平成30年7月14日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「心太」、席題「還」

高点3句
待ち人あり句座ありけさの蟬時雨   山本  潔
幼子のフォークに掛かる心太     森永 則子
七夕や転勤地よりお還りなさい    加藤 弥子

知らぬ間になくなるのよね梅漬は   山本  潔
衒ひなく愛想もなくて心太      新井 洋子
毛虫焼く前世の命に還れよと     坪井 信子
「この路地は抜けられません」竹床几 加藤 弥子
あやかしの手織りか烏瓜の花     岡戸 良一
突然の昼の花火の虚ろかな      森永 則子
梅漬けて干される出番待つばかり   石田 政江
返還の遠き日思ふ沖縄忌       廣田 健二

(清記順)

一口鑑賞幼子のフォークに掛かる心太」〜則子さんの句。幼い子が心太(ところてん)を食べている。フォークといっても金属製ではなく、プラスチックでできた丸みのあるものだろう。覚束ない手つきで心太を口へ運ぶのはなかなか難しい。お母さんが手伝ってくれたのかもしれない。フォークに心太がかかったことを喜ぶ子の姿が目に浮かぶようだ。作者の優しい眼差しが感じられる。「毛虫焼く前世の命に還れよと」〜信子さんの句。席題「還」による即吟。句意は明解だ。焼かれる毛虫に対して祈りを捧げている。あらゆる事物や現象に魂が宿るという「アニミズム」に通じる一句。今年2月に他界した金子兜太は「生きもの感覚」の重要性を解いた。(潔)
 [ 2018/07/15 08:45 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)
プロフィール

花暦

Author:花暦
『花暦』俳句会のWeb版。
師系・舘岡沙緻、富安風生、岸風三樓。
「人と自然の内に有季定型、写生第一、個性を詠う」をモットーに活動しています。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1265位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
45位
アクセスランキングを見る>>
花暦カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QR