FC2ブログ

花暦句会報:若草(平成30年11月10日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「花八手」、席題「温」

高点5句
いい人の顔していつも温め酒    山本  潔
鮟鱇のすべてを愛でて吊るし切る  神戸 康夫
いく重にも竿ふやしつつ柿つるす  石田 政江
蹲踞の水音和らぐ石蕗日和     新井 洋子
丸刈りの男の子集まれ花八手    坪井 信子

とろろ汁山ひとつづつ暮れてゆき  加藤 弥子
ビル壁は冬夕焼のスクリーン    坪井 信子
出で立ちのいつもスマート焼秋刀魚 神戸 康夫
白薔薇に仄かな紅や冬温し     岡戸 良一
みちのくの空は今年も柿たわわ   廣田 健二
温泉に猿の親子や雪催       新井 洋子
母恋し古里恋しおけさ柿      石田 政江
霜月の小便小僧に朝が来る     森永 則子
居酒屋の暖簾めくれて神無月    山本  潔
通りまで屋台賑ふ三の酉      沢渡  梢
柵固き魚市場跡花八ツ手      飯田 誠子
裏庭に井戸ある記憶花八手     針谷 栄子

(清記順)

一口鑑賞鮟鱇のすべてを愛でて吊るし切る」〜康夫さんの句。ご存じ、鮟鱇は深海魚。頭が大きく押しつぶされたような形をしており、口が広い。身が柔らかく、俎板でさばくのは難しい。調理の際は鉤に口を掛けて吊るし切りにする。尾鰭、肝、胃、卵巣、皮、えら、身のどれも鍋にすると美味しい。作者は「鮟鱇のすべてを愛でて」と言うことにより、この独特の生き物への敬意を表している。吊るし切りを詠んだ句といえば加藤楸邨の「鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる」がすぐ頭に浮かぶ。「いく重にも竿ふやしつつ柿つるす」〜政江さんの句。自ら吊し柿を作っている。渋柿の蔕を残して皮をむき、縄に吊して干していく。なかなか根気のいる作業だ。それでも「いく重にも竿ふやしつつ」という措辞に作り手の喜びが感じられる。柿もたくさん獲れたのだろう。軒下に干柿が連なる景は風情がある。むいた皮も干して糠床に混ぜれば、漬物がほのかに甘くなるという。(潔)
 [ 2018/11/11 14:07 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:連雀(平成30年11月7日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「冬隣」

高点2句
ひとり住む寧けさ重さ冬に入る   加藤 弥子
平成の空しみじみと今朝の冬    坪井 信子

木曽馬の牧閉める日や空青し    松成 英子
有り無しの浦風を身に花すすき   中島 節子
新宿に狐の嫁入り冬近し      向田 紀子
漆黒の湖へ誘ふ月の道       横山 靖子
五ケ月の胎児のすがた月清し    進藤 龍子
よろず屋の地下足袋売れし文化の日 坪井 信子
ひらひらひら影のひらひら秋の蝶  田村 君枝
銀座路地裏消えゆく人や冬隣    飯田 誠子
納豆の滋養を信じ半世紀      束田 央枝
保育士のピアノの稽古文化の日   春川 園子
リビングの奥へ日の差す冬隣    田崎 悦子
寺町に古き糀屋冬隣        加藤 弥子

(清記順)

一口鑑賞平成の空しみじみと今朝の冬」〜信子さんの句。「今朝の冬」は立冬の傍題。今年はいつもの冬の始まりとは違う。来年4月30日に天皇陛下が退位し、翌5月1日に皇太子さまが即位する。作者は立冬の朝の空をしみじみと眺めながら、平成最後の冬の始まりに感慨を抱いている。平成は決して明るい時代ではなかった。長引くデフレ経済、相次ぐ自然災害、原発事故。不安と緊張のつきまとう立冬の空が平成という時代のイメージにはぴったりかもしれない。「五ケ月の胎児のすがた月清し」〜龍子さんの句。身内のおめでたが近づいている。今では胎児の画像を見ることは容易になった。それはまるで月のような画像だったのかもしれない。この句は「月清し」が利いている。作者は9月の句会で「秋うらら嬰授かりし報せ受く」も詠んでいる。ところで、赤ちゃんは平成の最後、新しい時代のどちらに誕生するのかな。(潔)
 [ 2018/11/11 10:15 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:風の会(平成30年11月3日)

谷津バラ園、谷津干潟吟行(句会場:「日本海庄や」船橋南口店)

高点2句
秋澄むや陰影もたぬ裸婦の像    森永 則子
秋風や鳥に嫌はる杭ひとつ     岡崎由美子

大鉢のベルサイユの薔薇枯れ果つる 沢渡  梢
塩害の樹々の合間を秋の蝶     山本  潔
日輪へ光を返す残り鷺       針谷 栄子
立ち尽くす鷺晩秋の潮満ち来    森永 則子
晩秋の水面に映る鷺の影      廣田 健二
文化の日新種の薔薇の香の強く   岡戸 良一
白昼の翅の重たき秋の蝶      岡崎由美子

(清記順)

【吟行報告】秋晴れとなった文化の日。お昼前に京成線谷津駅に集合。幹事さんが人気店の串団子を購入し、商店街を抜けて谷津バラ園へ。10月の台風24号による塩害で、バラ園前の銀杏は無惨にも海側の葉が枯れていた。「塩害の樹々の合間を秋の蝶」(潔)。季節は秋と冬の境目。「大鉢のベルサイユの薔薇枯れ果つる」(梢)、「文化の日新種の薔薇の香の強く」(良一)。薔薇は夏の季語だが、今の季感を大事に、工夫しながら詠む。「秋澄むや陰影もたぬ裸婦の像」(則子)は園内の白い塑造を観察して詠んだ一句。「陰影もたぬ」という把握がお見事。干潟では白鷺や青鷺、鴫、鴨たちが羽を休めている。我々もお団子をいただいて一休み。それぞれの目に映る様子を言葉にしていく。「日輪へ光を返す残り鷺」(栄子)、「立ち尽くす鷺晩秋の潮満ち来」(則子)、「晩秋の水面に映る鷺の影」(健二)。鳥を詠む句が多くなる中、異彩を放ったのは次の一句。「秋風や鳥に嫌はる杭ひとつ」(由美子)。鳥ではなく、杭に焦点を当てた。季語の斡旋も絶妙。「白昼の翅の重たき秋の蝶」(由美子)も同じ作者。遊歩道の垣根の上に羽を広げていた大きな黒揚羽が、重そうに舞い上がったのを見逃さなかった。(潔)
 [ 2018/11/04 16:34 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:東陽(平成30年10月27日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「紅葉」「色」

高点3句
命尽くる刻は測れず秋深む     堤  靖子
うろこ雲だんだん貝になるわたし  山本  潔
権現様のお愛想ほどの初紅葉    浅野 照子

菊膾地酒は舌に響きけり      飯田 誠子
さわやかに一輪車漕ぐ膝頭     沢渡  梢
鬼門除けの札は金色空高し     堤  靖子
つまべにの種を弾きて人見知り   新井 洋子
水草の紅葉はじまる瀬音かな    長澤 充子
短冊にしるす一句や十三夜     岡戸 良一
削られし山の叫びか櫨紅葉     野村えつ子
竹林を抜けて直路や秋燕忌     山本  潔
山裾へ晩稲ひろごる黄の世界    浅野 照子
大岩の迫る神橋初紅葉       貝塚 光子
恙なき雁の渡りを祈りけり     斎田 文子
十月や身の影を鋤く畑仕事     安住 正子

(清記順)

一口鑑賞命尽くる刻は測れず秋深む」〜靖子さんの句。秋も深まる頃になると、誰しも寂寥の気持ちが強くなる。しかも辺りはしーんと静まりかえっている。そんなときに、作者はふと呟いたのである。「命はいつ尽きるか測れない」と。誰しも感じることを素直に詠んで共感を得た一句。「権現様のお愛想ほどの初紅葉」〜照子さんの句。日光の旅から帰ってきたばかりという。旅吟が早速、席題「紅葉」に結び付いた。日光東照宮のまだ色づき始めたばかりの紅葉を「権現様のお愛想ほど」と叙したところが何ともユニーク。お愛想ほどであっても、今年の紅葉と出会えたことへの喜びが伝わってくる。この句の「権現様」は徳川家康の尊称。(潔)
 [ 2018/10/28 10:08 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:すみだ(平成30年10月23日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点2句
余生なほ炎ゆるいろ欲し鶏頭花   加藤 弥子
空よりも地のぬくもりに秋の蝶   岡崎由美子

色鳥やはじめ冷たき木椅子の背   加藤 弥子
十三夜庭にをさなの忘れ物     岡崎由美子
跡地いま自然に帰り草の絮     岡戸 良一
木道に弾む靴音初紅葉       長澤 充子
治癒を待つ厨の隅の新走り     貝塚 光子
母何時か子の名を忘れ赤とんぼ   工藤 綾子
剥落の萬年橋や秋暮るる      高橋 郁子
町外れの無人交番神無月      桑原さかえ

(清記順)

一口鑑賞余生なほ炎ゆるいろ欲し鶏頭花」〜弥子さんの句。深紅の鶏頭花はまさに燃え上がる炎の色。余生と呼ぶべき年齢に入っていることを自覚しながら、なおも「炎ゆるいろ欲し」とは、生への執着を詠んだ句と言っていい。一日一日を大事に生きている作者だからこそ、鶏頭花の色が切ないくらいに愛おしいのではないか。そんな気持ちを素直に詠める俳句っていいなぁと思う。「空よりも地のぬくもりに秋の蝶」〜由美子さんの句。花壇か畑の土の上だろうか。秋の蝶がじっと止まっている。何だか心地良さそうな蝶の様子を眺めていると、地の温もりが感じられてくるようだ。うっかり空へ舞い上がれば、そこはもう冬の空気かもしれない。もうしばらくの間、秋の蝶でいたいと思っているのは作者自身に違いない。(潔)
 [ 2018/10/26 22:25 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:若草(平成30年10月13日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「秋燈・秋灯」、席題「街」「音」

高点3句
人はみな灯に戻りゆく暮の秋    加藤 弥子
秋灯シフォンケーキの月の色    坪井 信子
美濃紙の墨を吸ひあぐ秋灯下    針谷 栄子

木々を打つ私雨も秋の音      山本  潔
「草花を詠むといいよね」庭は秋  石田 政江
秋の蜘蛛築山うらに通せん坊    森永 則子
ハロウィンの魔女東京の街を行く  岡戸 良一
底紅の紅にとどかぬ街の音     坪井 信子
瓢箪や娘は母に物申す       廣田 健二
秋霖やアズナブールの黒いシャツ  沢渡  梢
横文字の読めぬ墓碑銘こぼれ萩   飯田 誠子
立飲みのネクタイ緩め秋ともし   新井 洋子
パソコンの値百円いわし雲     松本ゆうき
赤とんぼ肩に手に君は何者     針谷 栄子

(清記順)

一口鑑賞美濃紙の墨を吸ひあぐ秋灯下」〜栄子さんの句。兼題「秋灯」に対し、美濃紙という素材を持ってきたところが素晴らしい。美濃紙は岐阜県で奈良時代の頃から製造されている。伝統工芸品として知られ、その技法は重要無形文化財にも指定されている。澄みきった秋の灯に照らされた和紙に、たっぷりと墨を含んだ筆を置いた瞬間に墨が吸い込まれていく。和紙の質感とともに、墨の匂いもしてくるようだ。趣のある一句。「底紅の紅にとどかぬ街の音」〜信子さんの句。「底紅」は木槿のこと。赤紫や白などの花を咲かせる。中でも真っ白な花の底の部分が赤いものを底紅と呼ぶ。街から離れたお寺の境内や小さな公園、あるいは路地裏に咲く底紅だろうか。作者は赤い部分に視線を合わせながら、静寂の中にいる。席題「街」「音」の両方の文字を巧みに詠み込んだ。(潔)
 [ 2018/10/14 10:09 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:連雀(平成30年10月3日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「茸」

高点2句
すでに沙緻つひに眸も逝き九月   中島 節子
逆縁や丈の短かき曼珠沙華     向田 紀子

いそいそと父の背の籠茸狩     束田 央枝
ちちろ鳴く庭に立ちゐる夫小さし  田村 君枝
月を得て切り絵のごとし大欅    向田 紀子
紅茸を生やすは魔女か毒盛つて   春川 園子
歩をゆるめ秋七草を諳んずる    飯田 誠子
倒木をくぐる秋水山毛欅林     進藤 龍子
臥待ちの窓辺に亡母の文机     岡崎由美子
新雑誌「兜太」お目見得秋高し   根本 莫生
教会は文化遺産に浦の月      坪井 信子
柚の香やひとりのための厨ごと   加藤 弥子
露草の吹かれて瑠璃をこぼしけり  田崎 悦子
御社の龍の呼びしか秋の雷     松成 英子
松茸の前見るだけの客となり    中島 節子

(清記順)

一口鑑賞すでに沙緻つひに眸も逝き九月」〜節子さんの句。少し説明が必要だろう。沙緻(舘岡沙緻)と眸(岡本眸)はともに富安風生、岸風三樓に俳句を学んだ。眸が昭和55年に『朝』を創刊すると、沙緻もこれに参加。「俳句は日記」を信条とし、日常の中から詩の言葉を掬い上げた。沙緻は平成10年に『花暦』を創刊。それぞれの道を歩むことになった二人の句には「不屈な精神」を共通点として見いだすことができる。沙緻は平成28年5月1日、85歳で死去。眸は今年9月15日に亡くなった。享年90歳。揚句は、そんな二人への親しみを抱きつつ、哀悼の意が込められている。「秋風や柱拭くとき柱見て」「秋深き音生むために歩き出す」は眸の句。この秋は多くの人に愛誦されているはずだ。しみじみと。合掌。(潔)
 [ 2018/10/06 09:06 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:すみだ(平成30年9月26日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点2句
宥しあふ齢となりて梨を剥く    高橋 郁子
香煙に過ぎし日ゆらぐ秋思かな   加藤 弥子

瓢棚むかしは何処も大家族     高橋 郁子
秋の峰空を貫く間歇泉       桑原さかえ
秋の暮屋台の客待つ野良猫     貝塚 光子
強風に耐えて岬の秋薊       長澤 充子
ふれあひてコスモス彩を競はざる  加藤 弥子
野分去り遠き昨日でありにけり   工藤 綾子
隠沼に沈む倒木月天心       岡戸 良一

(清記順)

一口鑑賞香煙に過ぎし日ゆらぐ秋思かな」〜弥子さんの句。「秋思」は秋の頃の物思い。作者は花暦の大ベテラン作家であり、人生の哀れや寂しさをいろいろ経験されてきた。お彼岸のお墓参りで供えた線香か、あるいは仏壇の線香の煙に目を凝らし、物思いにふけっている。年を経れば経るほど思いも深まるに違いない。煙の揺らぎに「過ぎし日」を重ね合わせている。「強風に耐えて岬の秋薊」〜充子さんの句。岬の風は強い。ましてや秋は野分の風も吹いて来る。そこに自生する「鬼薊」や「山薊」などを総称して「秋薊」と呼ぶ。高さは約1メートル。根は太く長い。強い風に耐えて咲く秋薊のたくましさに、作者は素直に感動している。(潔)
 [ 2018/09/29 11:26 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:東陽(平成30年9月24日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「月」一切、「芒」

高点2句
新米を研ぐそれだけの今日の幸     岡崎由美子
芒野に溺れ少年不登校         沢渡  梢

白萩のこぼれて恋の路となり      廣田 健二
タワーマンションの光こぼれる無月かな 堤  靖子
夕すすき漢の匂ひ込めし鉱山(やま)  浅野 照子
草雲雀ただ寝に帰る母の家       山本  潔
秋草を束ねて壺へ日の匂ひ       長澤 充子
公園をはみだしてゐる虫時雨      飯田 誠子
雲去来して水の澄む山上湖       斎田 文子
陸揚げの秋刀魚や海をしたたらせ    新井 洋子
爽涼や二人暮しの寿司握る       貝塚 光子
月明や直方体の倉庫群         岡崎由美子
月へ旅なんて些かはしやぎすぎ     沢渡  梢

(清記順)

一口鑑賞新米を研ぐそれだけの今日の幸」〜由美子さんの句。日本人にとって、新米は特別な意味を持っている。なぜなら、新米は五穀豊穣の象徴であり、1年の食糧が確保できたという安心の証だからだ。食生活の欧米化でコメの消費量は激減しているが、秋になればスーパーには「新米入荷」の幟が立つ。そんな新米を研ぐことに作者は無上の喜びを感じている。日常の一コマを巧みに詠んだ一句。「新米といふよろこびのかすかなり」は飯田龍太の句。「白萩のこぼれて恋の路となり」〜健二さんの句。萩は日本の秋を代表する花であり、公園や遊歩道などでよく目にする。萩が風に揺れる景色は風情がある。白萩の花言葉は「思案」。その白さは清らかさの象徴でもある。揚句は恋の句として詠まれているが、作者自身のことではなさそうだ。若いカップルが通り過ぎた白萩の小道。それを眺めながら、若かりしころの自分と重ね合わせているのかもしれない。(潔)
 [ 2018/09/24 21:29 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:若草(平成30年9月8日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「白露」、席題「縁」

高点2句
ほんたうは秋刀魚の旨さ知らぬ俺    松本ゆうき
縁あつて我家の庭の野紺菊       石田 政江

芋の露ふるわせ寄せて葉に遊ぶ     石田 政江
虫すだく一樹の闇を深くして      岡戸 良一
天高し白髪覗かせ野球帽        森永 則子
草原の雲の行方や吾亦紅        新井 洋子
秋の雨積ん読本の縁かな        松本ゆうき
ペン先の影の濃淡白露の夜       坪井 信子
老僧の居住ひ正す白露かな       廣田 健二
血を舐めて鉄の味する白露かな     山本  潔
献血に年齢制限鳥渡る         加藤 弥子
ゆらゆらと白露の朝に瞑すべし     沢渡  梢
鳩車机上の白の露めきて        飯田 誠子

(清記順)

一口鑑賞ほんたうは秋刀魚の旨さ知らぬ俺」〜ゆうきさんの句。今回、ゲストとして初参加し、いきなり最高点に輝いた。秋刀魚は秋の味覚の一つ。その美味しさや、焼き方、焼かれ方などを詠んだ句はよく目にするが、「旨さを知らぬ」という告白に意表を突かれる。子どもの頃から、秋刀魚を食べる習慣があまりなかったらしいが、この句は「旨さを知らぬ」と詠むことで、返ってその「旨さ」を引き立たせている。諧謔的な味が乗った一句。「ゆらゆらと白露の朝に瞑すべし」〜もう一人のゲスト、梢さんの一句。「ゆらゆらと」は「急がず、ゆっくりと」の意。下五の「瞑すべし」にかかる。兼題を詠み込み、「ゆっくり白露の朝に往生したい」という死生観に結びつけた。ゆったりとした調べは作者の持ち味。「ゆふらりと月綻んで水鏡」は梢さんの第一句集「たひらかに」(蒼穹社)から引いた。(潔)
 [ 2018/09/09 10:21 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)
プロフィール

花暦

Author:花暦
『花暦』俳句会のWeb版。
師系・舘岡沙緻、富安風生、岸風三樓。
「人と自然の内に有季定型、写生第一、個性を詠う」をモットーに活動しています。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1058位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
31位
アクセスランキングを見る>>
花暦カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QR