FC2ブログ

花暦句会報:連雀(令和元年5月15日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「窓」

高点5句
ピアノ教室窓をふたえに棕櫚の花   加藤 弥子
短夜のひとりの生へ窓白む      安住 正子
浅草が揺れ神田が揺るる祭笛     安住 正子
夕薄暑かつて豆腐屋呼びし窓     岡崎由美子
花水木伊予に白寿の母祝ふ      中島 節子

冷奴何もせぬまま日の暮れて     岡崎由美子
上州の山を背ラに麦青し       田崎 悦子
母の日や子のきて磨く窓硝子     加藤 弥子
柿若葉八十路の胸を張りにけり    春川 園子
女客多きデパート夏来る       中島 節子
草の香の下に水音青葉闇       坪井 信子
夏きざす高窓の月ほの赤き      飯田 誠子
池の面の光を切りて蛇渡る      松成 英子
碑に眠る学徒らの名や薔薇赤し    矢野くにこ
新緑や方丈の窓開けられて      進藤 龍子
昇降機の小窓越しなる青嵐      向田 紀子
青嵐の虜となれり大欅        束田 央枝
ありがとうおかげさまです八十路首夏 横山 靖子
一と風に千の藤房応へけり      安住 正子

(清記順)

一口鑑賞夕薄暑かつて豆腐屋呼びし窓」〜由美子さんの句。昭和の頃の懐かしい光景である。夕暮れ時、豆腐屋が自転車でラッパを吹きながらやってくる。その音は「トーフー」と聞こえた。家の前を少し通り過ぎるくらいのタイミングで窓を開け、「お豆腐屋さ〜ん」と呼ぶと、待ってましたとばかりに止まる自転車…。作者は、今もある一つの窓を見てこんな記憶を呼び覚ましたのだろう。豆腐屋は1年中、売りに来ていたのかもしれないが、初夏の夕暮れが最も合う。「池の面の光を切りて蛇渡る」〜英子さんの句。夜の池だろうか。街灯の光か、あるいは月の光が映っている水面を蛇が横切ったのである。見ていた作者もハッとしたに違いない。「光を切りて」はまさに実感だろう。俳句では、眼前の一瞬の景を見逃さないことが大事だ。(潔)

花暦句会報:若草(令和元年5月11日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「筍」、席題「由」

高点3句
竹の子をざつくばらんに煮てひとり   山本  潔
筍を抱く獣の仔のやうに        市原 久義
おいしいおすえとたかんなのつぶやいて 坪井 信子

江戸からの由来ある坂花は葉に     沢渡  梢
傘雨忌や工事長引く神田川       岡戸 良一
雨上がり今朝は令和の新樹光      市原 久義
紫を解いて葡萄の芽吹きけり      石田 政江
黒南風や鴉が襲ふ由比ヶ浜       山本  潔
なによりの友の笑顔や若葉風      加藤 弥子
今年竹一本立ちに手を出さず      飯田 誠子
これやこの筍御膳頂きぬ        廣田 健二
カーネーション嫁との距離のあと一歩  新井 洋子
河童らの好きな夏場所来たりけり    坪井 信子

(清記順)

一口鑑賞筍を抱く獣の仔のやうに」〜久義さんの句。筍は初夏の味わいとして格別なものがある。筍ごはんはもちろんのこと、若芽と炊き合わせた若竹煮、土佐煮、天ぷらなど、いろいろ楽しめる。この句はそんな筍を「獣の仔」に見立てたところが面白い。確かに、皮の色や土がまだ付いている筍は得体の知れない珍獣のように見える。作者によれば、「筍の湿り気や土の香、重さ、手触りなどを思い浮かべながら形容した」という。この日は「持ち帰る筍赤子抱くやうに」(新井洋子)との句もあったが、「獣の仔」の方に人気が集まった。「紫を解いて葡萄の芽吹きけり」〜政江さんの句。葡萄は4月下旬ごろから芽吹き始める。芽の先端は綺麗な紫色をしていて、それがほぐれるとどんどん伸びて枝になり、やがて房を付ける。近所に葡萄園でもない限り、我々が芽吹きを目にする機会はなかなかない。作者は、自宅に葡萄棚を作り、その生長を日頃からよく観察しているのだろう。その芽吹きの美しさに感動した気持ちを込めた一句。(潔)

花暦句会報:連雀(平成30年9月5日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「食」

高点2句
飽食の芥の嵩や鵙猛る         加藤 弥子
八月果つよく水呑んでよく食つて    坪井 信子

雷雨去り町生きかへる夕餉どき     田崎 悦子
羅漢さまの笑みや怒りや竹の春     春川 園子
雲海の無音の怒涛村を吞む       横山 靖子
爽やかにランチに酌めるアペリチフ   向田 紀子
釣舟草咲くや水音引き寄せて      加藤 弥子
秋うらら嬰授かりし報せ受く      進藤 龍子
机上まで秋冷いたる亡夫の部屋     束田 央枝
塩むすび旨し花火の桟敷席       松成 英子
許されよ野の花手折り食卓に      中島 節子
湯の町の朝湯戻りや花木槿       田村 君枝
露草の瑠璃耀へり通り雨        飯田 誠子
空き缶の音をころがす芋嵐       坪井 信子

(清記順)

一口鑑賞八月果つよく水呑んでよく食つて」〜信子さんの句。中七、下五の言い回しが見事に決まっている。今年の夏は異常な暑さに見舞われた。その暑さのことは何も言わずに、よく水を呑み、よく食べたという事実を淡々と連ねるだけで十分に説得力を生んでいる。こんな詠み方もあるのかと感心する。上五に据えた「八月果つ」が実によく利いている。「羅漢さまの笑みや怒りや竹の春」〜園子さんの句。「羅漢」は「阿羅漢」の略。仏教において煩悩を振り払い、最高の悟りを開いた聖者のことだ。最近では、江戸時代中期の絵師、伊藤若冲が下絵を描いた「五百羅漢」が人気を集めている。若冲の羅漢かどうかはともかくとして、この句は「羅漢さま」と親しみを込め、その表情に見入っている。自然災害が続く日本の現在を憂いつつ、まるで救いを求めているかのように。この句も季語「竹の春」が利いている。(潔)

花暦句会報:すみだ(平成30年4月25日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点3句
擂粉木の音まろやかに暮の春    岡崎由美子
日がみがき雨が洗ひし新樹かな   工藤 綾子
小手毬の風に弾むよ隠れんぼ    貝塚 光子

ステンドグラス填めし新駅燕来る  加藤 弥子
啄木忌雨の砂場の忘れもの     岡戸 良一
きちきちと絞る手拭昭和の日    岡崎由美子
めまとひや堂一隅に女人堂     高橋 郁子
城跡の夜空明るく椎若葉      貝塚 光子
矢車の喜び廻る峡の空       工藤 綾子
春宵や祢宜の爪弾く古代琴     桑原さかえ
師の色紙遺さる館新樹光      長澤 充子
(清記順)

一口鑑賞小手毬の風に弾むよ隠れんぼ」〜光子さんの句。小手毬は垂れ下がった枝に、白い五弁の花が球形に集まって咲く。風が吹くと、まるで鞠が弾んでいるように見える。この句は上五と中七だけではごく当たり前の景だが、下五の「隠れんぼ」で一気に世界が広がった。都会の公園だろうか。隠れんぼをして遊ぶ子どもたちの生き生きとした姿が目に浮かぶ。「春宵や祢宜の爪弾く古代琴」〜さかえさんの句。「祢宜(ねぎ)」は神職の総称。厳かな儀式の最中だろうか。古代琴の音色を想像するだけで歴史的なロマンが感じられる。「春宵」という情感に満ちた時間帯に聴けばなおさらだろう。(潔)

花暦句会報:東陽(平成30年2月24日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「猫の恋」「芽一切」

高点4句
明日あるを信じてものの芽のほぐる  野村えつ子
夭折も天寿もありて落椿       野村えつ子
しあはせと思ふ幸せ雛飾る      浅野 照子
恋猫に銀座八丁広からず       安住 正子

野良猫の恋バルコンのペルシャ猫   新井 洋子
退屈な風の素通り犬ふぐり      安住 正子
一山のものの芽のこゑ鐘の声     岡戸 良一
春めくや公園に鳩と老人と      堤  靖子
銀ぶらへふはりひと巻き春ショール  飯田 誠子
欄干に触るる柳の芽吹きかな     斎田 文子
恋猫の声明兜太逝かれしと      市原 久義
兜太逝き狩行引退木の芽どき     浅野 照子
梅白し料亭の庭清められ       長澤 充子
流氷に秘めし色あり空の青      貝塚 光子
通り抜け禁止の路地の猫の恋     野村えつ子
(清記順)

一口鑑賞恋猫に銀座八丁広からず」〜正子さんの句。春が来て発情した猫が銀座を舞台に繰り広げる恋物語。行動範囲も広がり、8丁目まである銀座も恋猫にとっては決して広くない。長年、数寄屋橋の新聞・雑誌スタンドで仕事をしていた作者にとって銀座は庭のようなもの。そういえばスタンドにも時々、猫がやって来た。ふられたくせにハイソな雰囲気のやつがいたかと思えば、築地辺りまで遠征してきたような妙に魚臭いやつもいた。「兜太逝き狩行引退木の芽どき」〜照子さんの句。現代俳句の雄、金子兜太氏が2月20日に亡くなった。一方、伝統俳句の大御所、鷹羽狩行氏は今年末に「狩」を終刊する。春の木の芽を眺めながら、世代交代のときを迎えた俳壇への感慨が込められている。(潔)
プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。
師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『花暦』は2019年夏季号で終刊。後継誌『艸(そう)』(2020年1月創刊)として再出発します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
699位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
25位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR