花暦句会報:若草(平成30年7月14日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「心太」、席題「還」

高点3句
待ち人あり句座ありけさの蟬時雨   山本  潔
幼子のフォークに掛かる心太     森永 則子
七夕や転勤地よりお還りなさい    加藤 弥子

知らぬ間になくなるのよね梅漬は   山本  潔
衒ひなく愛想もなくて心太      新井 洋子
毛虫焼く前世の命に還れよと     坪井 信子
「この路地は抜けられません」竹床几 加藤 弥子
あやかしの手織りか烏瓜の花     岡戸 良一
突然の昼の花火の虚ろかな      森永 則子
梅漬けて干される出番待つばかり   石田 政江
返還の遠き日思ふ沖縄忌       廣田 健二

(清記順)

一口鑑賞幼子のフォークに掛かる心太」〜則子さんの句。幼い子が心太(ところてん)を食べている。フォークといっても金属製ではなく、プラスチックでできた丸みのあるものだろう。覚束ない手つきで心太を口へ運ぶのはなかなか難しい。お母さんが手伝ってくれたのかもしれない。フォークに心太がかかったことを喜ぶ子の姿が目に浮かぶようだ。作者の優しい眼差しが感じられる。「毛虫焼く前世の命に還れよと」〜信子さんの句。席題「還」による即吟。句意は明解だ。焼かれる毛虫に対して祈りを捧げている。あらゆる事物や現象に魂が宿るという「アニミズム」に通じる一句。今年2月に他界した金子兜太は「生きもの感覚」の重要性を解いた。(潔)
 [ 2018/07/15 08:45 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:連雀(平成30年7月4日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「汗」

高点2句
朝食は婿の手料理夏大根       進藤 龍子
初蝉の二タ声三こゑ幼の忌       加藤 弥子

紫外線避け人を避けサングラス    塚田 央枝
腱鞘炎やうやく癒へて瓜刻む     進藤 龍子
夏帽子風をふはりと喜寿祝ふ     飯田 誠子
烏瓜一夜の花の白く裂け       松成 英子
ねぶた笠目深に我も跳ねし夜     横山 靖子
玫瑰や海見て心立て直す       岡崎由美子
大好きなひまわり咲いて児の忌来る  加藤 弥子
宅配の男汗拭く昇降機        中島 節子
上水の一直線の青葉闇        向田 紀子
木工所の隅南天の花の屑       田村 君枝
青柿の短き命ころげ落ち       田崎 悦子
熱中症てふ病名のもとに臥す     根本 莫生
風鈴の舌(ぜつ)を捉へし夜風かな  坪井 信子

(清記順)

一口鑑賞紫外線避け人を避けサングラス」〜央枝さんの句。一読して句意は明解だが、ちょっと考えさせられる。この句のサングラスは「紫外線を避(よ)ける」「人を避(さ)ける」という二つの役割を持っている。前者が物理的な理由なのに対し、後者は明らかに心象的な意味合いが強い。作者の意図は後者の方にあるのだろう。さらりと詠みながら、心象を込めた詠み方にドキリとさせられる。「烏瓜一夜の花の白く裂け」〜英子さんの句。そういえば烏瓜の花を見たことがない。調べてみると、「屈託のない赤い実からは想像もつかない、レースのような繊細さをもった白い花」(「日本の歳時記」)とある。作者は、この花をしっかりと見たのであろう。夕方から夜にかけて咲く神秘の白い花。是非とも見てみたい。(潔)
 [ 2018/07/07 11:02 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:すみだ(平成30年6月27日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点2句
くさぐさのいのちのなかの初蛍    加藤 弥子
羽抜鶏己の影を啄めり        加藤 弥子

夕さりの隠沼群るる蚊食鳥      高橋 郁子
大道芸投銭光る夏の雲        工藤 綾子
朝涼や船荷のとどく湖の宿      貝塚 光子
物置の隅にグローブ父の日来     岡崎由美子
礼文島に信号一つ敦盛草       桑原さかえ
峡深く早瀬に和して夕河鹿      長澤 充子
俎の傷まで乾く梅雨晴間       加藤 弥子
篁を風のさわがす旱梅雨       岡戸 良一

(清記順)

一口鑑賞物置の隅にグローブ父の日来」〜由美子さんの句。使い古したまま表面も硬くガサガサになったグローブ。もう使われることはないが、父親とのキャッチボールの思い出が詰まっているのだろう。決して捨てることのできないものとして、グローブは物置の隅に存在しているのである。思い出の中の父親に感謝して詠んだ「父の日」の一句。「峡深く早瀬に和して夕河鹿」〜充子さんの句。河鹿は山地の渓流や森などに生息している蛙。美しい鳴声が牡鹿に似ていることから、その名が付いたという。この句は旅吟だろうか。流れの速い浅瀬と河鹿の声を一緒に聴きながら、心休まるひとときを過ごしたに違いない。(潔)
 [ 2018/06/30 13:46 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:東陽(平成30年6月23日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「夏至」「瀬」

高点3句
瀬をのぼる容に鮎の焼かれをり   安住 正子
神木の一千年の木下闇       安住 正子
十薬や貸家の紙の新しく      堤  靖子

アメ横やケバブの匂ふ露地の朱夏  安住 正子
路地裏は昔のままや風涼し     斎田 文子
眼下の灯涼し天空レストラン    新井 洋子
夏落葉峡の早瀬に呑み込まる    岡戸 良一
水月湖のきららきららと夕涼し   貝塚 光子
祭半纏うしろ姿の男振り      飯田 誠子
瀬波立ち山夕立の来たりけり    野村えつ子
水割りの琥珀のグラス夏至の宵   長澤 充子
黙々と釣餌まるめる日焼の手    浅野 照子
老鶯や逢瀬たのしき芭蕉庵     堤  靖子

(清記順)

一口鑑賞十薬や貸家の紙の新しく」〜靖子さんの句。玄関先に十薬が群生する家に貼られた「貸家」の紙。その紙が新しいと見て取ったところがこの句のお手柄。読み手も想像力を掻き立てられる。最近まで人が住んでいたのかもしれない。貸家にせざるを得なくなった事情はさまざまだろうが、そんなことにはおかまいなしに十薬は真っ白い花を咲かせている。空き家問題が深刻化している現代。「十薬や」という詠嘆にこの国の未来への憂いも感じられる。「黙々と釣餌まるめる日焼の手」〜照子さんの句。釣堀での一コマだろうか。だんご餌を丸める人の様子に見入っているうちに、「日焼の手」に目が止まった。もしも餌がミミズとかゴカイだったら、そうはいかなかったかもしれない。(潔)
 [ 2018/06/30 13:00 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:若草(平成30年6月9日)

若草句会(中目黒会議室)
兼題「蝸牛」、席題「青」 

高点4句
黒糖に残る潮味沖縄忌        針谷 栄子
かき氷右脳左脳に雷走る       針谷 栄子
八十路なほ夢見る自由青葡萄     加藤 弥子
湿原は山気のるつぼ水芭蕉      加藤 弥子

演武する女子の一列夏祭       廣田 健二
肩書も名刺もなくて更衣       岡戸 良一
マグマ噴き病める地球や花柘榴    坪井 信子
ばらの棘薄紅に雨の午後       石田 政江
灸花咲くや余生といふ気儘      加藤 弥子
月光へ角を向けをり蝸牛       針谷 栄子
黒塀に白く過去引くなめくじり    新井 洋子
緑陰に「ロバのパン屋」を待つ子かな 森永 則子
蝸牛大き葉の上の鎮座かな      神戸 康夫

(清記順)

一口鑑賞八十路なほ夢見る自由青葡萄」〜弥子さんの句。「青葡萄」は熟する前の小さくて堅いぶどう。若さの象徴と言っていい。しかし、作者は「80代になってもまだ夢見る自由はあるのよ」と強がっている。いや失礼、決して強がりなどではない。平均寿命の伸びにより、80代だからこそ見られる夢があってもいいはずだ。前向きに俳句を詠んでいる限り、夢は持ちたいし、叶うものだと信じたい。「月光へ角を向けをり蝸牛」〜栄子さんの句。月光も蝸牛も古今東西、俳人が好む題材。それだけに類想句はあるかもしれないが、角が月に向かって伸びていくという把握が何だか懐かしい。蝸牛の角を飽きずに観察した子どもの頃を思い出す。そういえば、近年、蝸牛が少なくなったように思うのは気のせいだろうか。(潔)
 [ 2018/06/10 22:55 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)
プロフィール

花暦

Author:花暦
『花暦』俳句会のWeb版。
師系・舘岡沙緻、富安風生、岸風三樓。
「人と自然の内に有季定型、写生第一、個性を詠う」をモットーに活動しています。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3087位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
73位
アクセスランキングを見る>>
花暦カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QR