『花暦」ダイジェスト/平成26年9月号

暦日抄   舘岡沙緻

朝涼や風三樓忌吉男の忌
七月の二つの忌日老いゆけり
涼しさや老いて父母恋ひ勝りきし
鬼灯や老いのひとり身病み疲れ
筆圧の衰へを秘す遠花火
縁うすきままの月日や花火の夜
星今宵寡婦も鰥夫も返上す
梅雨の身は病む身人の手借りもして
梅雨明けとおもへぬ昏さ物干して
桔梗や九十齢まで生きるかも
臥したきは昭和の家の藺茣蓙かな
広島忌玉子一ケで済む御飯
わが手もて擦るわが手や炎暑来
山車庫を遠嶺囲みに夏の露

 悼 喜多みき子さん
九十齢迎へ涼しく逝かれけり

〔Web版特別鑑賞〕『花暦』は200号の節目を迎えた。巻頭で主宰は「創刊当時の主だった同人の皆様に、お目にかかる機会も減って、私としては寂しい限りですが…」と感慨を述べた上で、「高空に二百三百星祭 沙緻」と詠った。300号への歩みが始まったのである。<朝涼や風三樓忌吉男の忌><七月の二つの忌日老いゆけり>。7月は、主宰を俳句に導いた加畑吉男の命日(1日)と、「俳句は履歴書」を信条とした恩師、岸風三樓の命日(2日)が並んでやってくる。「老いゆけり」に実感がこもる。<九十齢迎へ涼しく逝かれけり>はかつての同人への追悼句。俳句文法に長けて毅然とした方だったそうだ。「涼し」という夏の季語を、ただの季感としてではなく、故人の人柄に重ね合わせて偲んでいる。<筆圧の衰へを秘す遠花火>は、ペンを持つ手に感じた老いに対するささやかな抵抗か。「遠花火」との取り合わせが絶妙だ。<広島忌玉子一ケで済む御飯>。主宰は昭和一桁生まれ。戦時中の食糧難で子供のころに満足な食事ができなかった世代にとって、玉子かけ御飯は今も格別なものに違いない。当時の実体験を語れる人々が少なくなりつつある中、原爆で一瞬にして命を奪われた犠牲者たちへの鎮魂と、あの悲劇を繰り返してはならないとの思い込めて詠んでいる。(潔)

舘花集・秋冬集・春夏集抄
未草空の明るさ水に見て(加藤弥子)
靴工房の女主や広島忌(進藤龍子)
湯気の立つ一椀ありて夏料理(野村えつ子)
黒南風やてらてらてらと撫で佛(相澤秋生)
白薔薇をソーダ硝子の細首に(中島節子)
蓮畳風を平らに逃しをり(向田紀子)
かはせみの水を濁さぬ速さかな(坪井信子)
噴水の力を抜きて暮れにけり(束田央枝)
礼拝堂に続く病廊緑さす(針谷栄子)
下車駅に潮の香のして立夏かな(田中うめ)
四月から高校生と大きな子(新井由次)
紫陽花や女ばかりの縫製所(鶴巻雄風)
涼を呼ぶタイルの土間の白洲邸(長澤充子)
水の郷水に暮れゆく半夏生(吉崎陽子)

花暦集から
瀬戸内を巡るフェリーや海月浮く(福岡弘子)
梅雨明けて道行く人の声かるき(梅津雪江)
大洗波打つ飛沫夏の色(小西共仔)
貴船川桟敷で囲む夏料理(鳰川宇多子)
休日の一汁一菜梅雨じめり(山室民子)
大粒のさくらんぼうや誕生日(鈴木正子)
オフィス街の回転ドアや新樹光(市原久義)
白玉のもう冷えた頃軒に風(松成英子)
奥入瀬の水音近し青胡桃(横山靖子)
店たたむ老舗にのこる青葡萄(吉田スミ子)
香水の残り香誰ぞエレベーター(桑原さか枝)
木漏れ日の光をはねて作り滝(長谷川とみ)
顔に似ずきつい香水好みをり(江澤晶子)
サングラスはづせば友の顔となり(武田サカヱ)
針傷の指をかばひて髪洗ふ(曽根菊江)

◇俳句界(8月号)
 大串章選
おぼろ夜や茶房明治のランプ吊り 安住正子
 保坂リエ選
死ぬるなど思ひもよらぬ花の下   〃
 大串章選
青春の花下に肩組む寮歌かな   吉崎陽子
 角川春樹選
後戻り出来ぬ齢や昭和の日     〃
 田中陽選
自動ドア花片舞ひ込む楽器店    〃

■『花暦』平成10年2月、創刊。主宰・舘岡沙緻。師系・富安風生、岸風三楼。人と自然の内に有季定型・写生第一・個性を詠う。

■舘岡沙緻(たておか・さち) 昭和5年5月10日、東京都江東区住吉町生まれ。42年、「春嶺」入門。45年、第9回春嶺賞受賞。63年、春嶺功労者賞受賞。平成4年、「朝」入会。岡本眸に師事。10年、「花暦」創刊主宰。24年、俳人協会評議員。句集:『柚』『遠き橋』『昭和ながかりし』『自註 舘岡沙緻集』。23年7月、第5句集『夏の雲』(角川書店)。


会員募集中
〒130-0022 墨田区江東橋4の21の6の916
花暦社 舘岡沙緻

お問い合わせ先のメールアドレス haiku_hanagoyomi@yahoo.co.jp

【26年9月の活動予定】
 2日(火)さつき句会(事務所)
 6日(土)秋冬会(事務所)
 8日(月)舘花会(事務所)
 9日(火)花暦幸の会(すみだ産業会館)
10日(水)連雀句会(事務所)
11日(木)舘花会(事務所)
13日(土)若草句会(俳句文学館)
15日(月)花暦例会(俳句文学館)
21日(日)木場句会(江東区産業会館)
24日(水)花暦すみだ句会(すみだ産業会館)
26日(金)天城句会(俳句文学館)
28日(日)花暦吟行旅行(金沢)(〜30日)
 [ 2014/08/31 07:35 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

『花暦』ダイジェスト/平成26年8月号

暦日抄   舘岡沙緻

病室の七夕飾り風を欲る
七夕飾り紙のおべべの愛ごいこと
七夕や腕細きはいつよりぞ
見舞客に喪服の人や雨の雷
太宰の桜桃わたしの桜桃恙の身
吉男忌の病院食の巴旦杏
退院は風三樓忌風涼し
加賀なれや鮴の刺身の慎ましく
塩田に人の影なき夕焼波
飛騨越えや十割蕎麦の涼しさよ
隧道を隧道つなぐ青山中
露涼し市に一位の一刀彫
新いもの皮のむらさき背負籠
旅人に朝より老の水打ちて
朝涼や手足の爪をととのへて


〔Web版特別鑑賞〕今月の暦日抄は後半の8句が月刊『俳句』8月号(角川学芸出版)の「作品8句」に「鮴の刺身」のタイトルで掲載されている(順序や一部の句は若干内容が異なる)。<加賀なれや鮴の刺身の慎ましく>。鮴(ごり)はハゼ類の形をした淡水魚の総称。北陸の料理には欠かせない存在で、佃煮や唐揚げ、照り焼き、白味噌仕立ての鮴汁などが名物。刺身はみずみずしく、さっぱりした味わいが特徴という。夏の季語だが、これによく似た鰍(かじか)を鮴として用いることもある。鰍となると秋の季語だから面白い。揚出し句は石川を旅して「鮴の刺身」の慎ましさを感じている。「加賀なれや」は「ここはまさに加賀であることよ」という詠嘆。<露涼し市に一位の一刀彫>。一位一刀彫は飛騨地方で生産される木工品。飛騨を越えて北陸への旅の途中の一句。中七から下五への「イ音」の連続が涼しげなリズムを生んでいる。<塩田に人の影なき夕焼波>は能登半島の塩田と夕焼けに染まる海の景が旅情を誘う。<朝涼や手足の爪をととのへて>は、『俳句』の「作品8句」では冒頭に配した句。夏の朝の涼気を感じ取りながら、手足の爪を整えるという行為にさまざまな思いを込めている。主宰は84歳を過ぎてなお俳句への熱意は衰えていない。(潔)

舘花集・秋冬集・春夏集抄
戸袋の庇小さく梅雨に入る(加藤弥子)
べた凪の能登の入江や青葉照(根本莫生)
青空のまま暮れ憲法記念の日(野村えつ子)
雪形や農ひとすぢの兄在さば(相澤秋生)
子は髪を縛りテストに夜の雷(春川園子)
湯浴み後の裸子明き灯の下に(岡崎由美子)
巻きゆるぶ次の一花の白菖蒲(中島節子)
引越しのダンボール積み更衣(堤 靖子)
梅雨の扉の金属音の重さかな(向田紀子)
学帽の白きカバーや麦の秋(岡戸良一)
茅花流し高床式の穀物庫(森永則子)
チューリップの散りたるあとの茎太し(大野ひろし)
老酒の甕に亀裂や青嵐(山本 潔)
ガラス玉にいのち吹き込む青葉風(吉崎陽子)

花暦集から
卯月波房総半島長々と(市原久義)
飛び火して畑隅に咲くポピーかな(鈴木正子)
雨しとど薔薇を接写のカメラマン(福岡弘子)
内よりは外の涼しさ三日月(山室民子)
宿下駄の音たてぬやう螢の夜(松成英子)
雨あがる山の工房朴一花(横山靖子)
信濃路を走りはしりて走馬燈(鳰川宇多子)
神の池蓮の浮葉の丸さかな(吉田スミ子)
訪ひの声聞かぬ日や百合開く(小泉千代)
朝よりの雨の細しや新茶汲む(田崎悦子)

◇第61回墨田区俳句連盟俳句大会
 墨田区長賞
迅雷に眼の光る鬼瓦    工藤綾子
万緑の山高々と空を攻め   〃

 読売新聞社賞
雷鳴や一塊の雲奔らせて  高橋郁子
万緑のダム湖を走る風の襞  〃

◇俳句界7月号
 山下美典選(秀作)
花の下試食に抓む吉備団子 安住正子

■『花暦』平成10年2月、創刊。主宰・舘岡沙緻。師系・富安風生、岸風三楼。人と自然の内に有季定型・写生第一・個性を詠う。

■舘岡沙緻(たておか・さち) 昭和5年5月10日、東京都江東区住吉町生まれ。42年、「春嶺」入門。45年、第9回春嶺賞受賞。63年、春嶺功労者賞受賞。平成4年、「朝」入会。岡本眸に師事。10年、「花暦」創刊主宰。24年、俳人協会評議員。句集:『柚』『遠き橋』『昭和ながかりし』『自註 舘岡沙緻集』。23年7月、第5句集『夏の雲』(角川書店)。


会員募集中
〒130-0022 墨田区江東橋4の21の6の916
花暦社 舘岡沙緻

お問い合わせ先のメールアドレス haiku_hanagoyomi@yahoo.co.jp

【26年8月の活動予定】
 2日(土)秋冬会(事務所)
 5日(火)さつき句会(事務所)
12日(火)花暦幸の会(すみだ産業会館)
13日(水)連雀句会(三鷹)
16日(土)木場句会(江東区産業会館)
18日(月)花暦例会(俳句文学館)
22日(金)天城句会(俳句文学館)
27日(水)花暦すみだ句会(すみだ産業会館)
 [ 2014/08/03 09:34 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)
プロフィール

花暦

Author:花暦
『花暦』俳句会のWeb版。
師系・舘岡沙緻、富安風生、岸風三樓。
「人と自然の内に有季定型、写生第一、個性を詠う」をモットーに活動しています。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3087位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
73位
アクセスランキングを見る>>
花暦カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QR