花暦句会報:若草(平成30年6月9日)

若草句会(中目黒会議室)
兼題「蝸牛」、席題「青」 

高点4句
黒糖に残る潮味沖縄忌        針谷 栄子
かき氷右脳左脳に雷走る       針谷 栄子
八十路なほ夢見る自由青葡萄     加藤 弥子
湿原は山気のるつぼ水芭蕉      加藤 弥子

演武する女子の一列夏祭       廣田 健二
肩書も名刺もなくて更衣       岡戸 良一
マグマ噴き病める地球や花柘榴    坪井 信子
ばらの棘薄紅に雨の午後       石田 政江
灸花咲くや余生といふ気儘      加藤 弥子
月光へ角を向けをり蝸牛       針谷 栄子
黒塀に白く過去引くなめくじり    新井 洋子
緑陰に「ロバのパン屋」を待つ子かな 森永 則子
蝸牛大き葉の上の鎮座かな      神戸 康夫

(清記順)

一口鑑賞八十路なほ夢見る自由青葡萄」〜弥子さんの句。「青葡萄」は熟する前の小さくて堅いぶどう。若さの象徴と言っていい。しかし、作者は「80代になってもまだ夢見る自由はあるのよ」と強がっている。いや失礼、決して強がりなどではない。平均寿命の伸びにより、80代だからこそ見られる夢があってもいいはずだ。前向きに俳句を詠んでいる限り、夢は持ちたいし、叶うものだと信じたい。「月光へ角を向けをり蝸牛」〜栄子さんの句。月光も蝸牛も古今東西、俳人が好む題材。それだけに類想句はあるかもしれないが、角が月に向かって伸びていくという把握が何だか懐かしい。蝸牛の角を飽きずに観察した子どもの頃を思い出す。そういえば、近年、蝸牛が少なくなったように思うのは気のせいだろうか。(潔)
 [ 2018/06/10 22:55 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:連雀(平成30年6月6日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「梅雨」

高点5句
いつよりか婚期自由に花南瓜   中島 節子
梅雨茸やグリム童話の小人たち  加藤 弥子
ポスターの青き地球やトマト園  根本 莫生
青梅雨や自問自答の独り言    束田 央枝
万緑や生成り木綿のバッグ背に  向田 紀子

雷鳴に途切れし話戻しけり    中島 節子
覚えある声の主や夏帽子     向田 紀子
遠慮なく生ゆ十薬の住み心地   束田 央枝
町騒を子守唄とし星涼し     飯田 誠子
梅雨晴間地蔵の背の半乾き    田崎 悦子
山の堂に火災報知器五月闇    田村 君枝
太宰忌や割りし卵に血の走り   加藤 弥子
老いては子に従うべきか茄子の花 進藤 龍子
上水の緑いや濃き桜桃忌     根本 莫生
誘蛾灯青し一人の夜行バス    松成 英子
パラボラに鳩の集まる電波の日  坪井 信子

(清記順)

一口鑑賞ポスターの青き地球やトマト園」〜莫生さんの句。トマト園に貼られたポスター。環境緑化か、自然農法推進などの広告だろうか。青く、水々しい地球の写真が大きくプリントされている図柄が目に浮かぶ。作者は改めて地球の美しさに感動すると同時に、この星の未来に思いをはせている。真っ赤に熟れたトマトに囲まれて詠んだ一句。「老いては子に従うべきか茄子の花」〜龍子さんの句。老いても子には迷惑をかけずに暮らしたい、と誰しも思うことだろう。しかし病気になったり、一人暮らしで心細くなったりすれば、なかなかそうは言ってもいられない。薄紫色で何とも味わい深い「茄子の花」。この季語が効いている。作者は人生を振り返りながら自問自答している。(潔)
 [ 2018/06/09 09:39 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)
プロフィール

花暦

Author:花暦
『花暦』俳句会のWeb版。
師系・舘岡沙緻、富安風生、岸風三樓。
「人と自然の内に有季定型、写生第一、個性を詠う」をモットーに活動しています。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2816位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
71位
アクセスランキングを見る>>
花暦カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QR