FC2ブログ

花暦句会報:若草(令和元年6月8日)

若草句会(中目黒会議室)
兼題「鰻」、席題「設」

高点3句
鰻重や苦手な祖母の親子丼      山本  潔
俎板に土用鰻のひとくねり      安住 正子
鰻裂く親爺の頬の刃物傷       新井 洋子

夏草に埋もるる人や畑仕事      廣田 健二
設計のミスか君んち黴の宿      松本ゆうき
街騒の抜け所なき梅雨の天      針谷 栄子
一雨すぎ房伸ばしをり青葡萄     石田 政江
色褪せし文学全集走り梅雨      岡戸 良一
空に書く艸(そうかう)の文字緑さす 新井 洋子
どくだみの花や日暮の切通し     飯田 誠子
設色す病院前の額の花        沢渡  梢
割箸は木曽の桧や冷さうめん     安住 正子
省エネの設定温度梅雨湿り      山本  潔

(清記順)

一口鑑賞俎板に土用鰻のひとくねり」〜正子さんの句。俎板の鰻がひとくねりしたところを詠んだ。ただの鰻ではない。「土用鰻」である。江戸中期、本草学者の平賀源内が鰻屋に頼まれて「土用の丑の日、鰻の日。食すれば夏負けすることなし」と書いたことが評判を呼んだという話は今に伝わる。この句の鰻もひとくねりの後、見事にさばかれて「土用鰻」になる。「設計のミスか君んち黴の宿」〜ゆうきさんの句。句意は「設計ミスでしょうか、君の家を黴の宿にしてしまったね」ということのようだ。なかなか諧謔が利いているが、作者自身が黴に向かって親しく語りかけていると読んだらどうだろう。「設計ミスかなぁ、ここが君の宿りになったね」。梅雨時に繁殖する黴はうっとおしいが、友達だと思えば少しは気分も落ち着くのではないか。おおらかに鑑賞することで、俳句の楽しさが増す。(潔)
 [ 2019/06/09 09:34 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:連雀(令和元年6月5日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「梅雨」一切

高点3句
太宰忌の街や焼き立てメロンパン   山本  潔
連結器噛み合うて梅雨深くしぬ    加藤 弥子
甚平や猫好きにして犬も好き     山本  潔

産土神の木立の奥の梅雨鴉      進藤 龍子
鯉跳ねて梔子の香を攫ひけり     坪井 信子
浮きたつも沈める色も城若葉     矢野くにこ
白服や父生涯の故郷(くに)訛    束田 央枝
卵抱く軽鴨に夕日の加勢あり     横山 靖子
新緑や絵画展出て華道展       中島 節子
色白の娘潮来の花菖蒲        飯田 誠子
桑の実や疎開の頃の日々思ふ     春川 園子
白あぢさゐ夕空軽くなりしかな    加藤 弥子
すれちがふバスの客みな梅雨の顔   山本  潔
父母の暮しつつまし帰省の夜     松本ゆうき
美術館の貸し出し日傘黒・黒・黒   向田 紀子
黒南風や飲屋の軒の換気扇      岡崎由美子
梅の実に銀の雫や雨上がる      田崎 悦子

(清記順)

一口鑑賞連結器噛み合うて梅雨深くしぬ」〜弥子さんの句。「連結器」は電車の車両と車両を結ぶ装置。かつては機関車や貨車の連結器が音を立てて繋がる場面がよく見られた。この句の「連結器」からは懐かしい光景が想起される。同時に「梅雨深くしぬ」と捉えた作者の感性に脱帽する。連結器という揺るぎのない素材と梅雨がよく合っている。昭和の映画の1シーンを見ているようだ。「白服や父生涯の故郷(くに)訛」〜央枝さんの句。「白服」が夏の季語。麻や木綿の白い生地はいかにも涼味を感じさせる。作者のお父様は白服がよく似合ったのだろう。この句には、記憶の中に焼き付いている白服の姿とともに、故郷の訛を貫いた父親への敬慕の情がにじみ出ている。気骨のある優しい人だったのだろう。(潔)
 [ 2019/06/06 07:22 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)
プロフィール

花暦

Author:花暦
『花暦』俳句会のWeb版。
師系・舘岡沙緻、富安風生、岸風三樓。
「人と自然の内に有季定型、写生第一、個性を詠う」をモットーに活動しています。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
922位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
31位
アクセスランキングを見る>>
花暦カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QR