FC2ブログ

花暦句会報:すみだ(平成28年12月23日)

すみだ句会(墨田産業会館)

高点1句
点滴の音なきリズム聖夜かな   岡田須賀子

残照を闇に繋いで夕焚火     市原 久義
幹太き裸木並ぶ男子校      加藤 弥子
余さずに日差しを抱く蜜柑山   高橋 郁子
漱石忌アンドロイドの生まれけり 貝塚 光子
笹鳴きや日当りのよき父母の墓  工藤 綾子
冬至湯や十七文字の独り言    岡戸 良一
トナカイの萌木細工や聖夜来る  長澤 充子
出不精となり葉籠りの寒椿    岡田須賀子
うす暗き質屋の明かり街師走   福岡 弘子
旧道は林中に入る落葉坂     桑原さかえ

                     (清記順)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。
師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『花暦』は2019年夏季号で終刊。後継誌『艸(そう)』(2020年1月創刊)として再出発します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
690位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
31位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR