FC2ブログ

花暦:春夏集作家往来

  遠退くばかり 岡田須賀子

梅雨湿り庭の箒の先曲がり
ふる里は遠退くばかり流れ星
台風下力士幟の色ちぎれ
月の客待つ縁側の将棋盤
空つぽの鳥籠軒に秋の風


  見えるかい  貝塚 光子

蜆舟湖の朝靄濃かりけり
城堀の橋裏青き蔦渡る
鯔とんでスカイツリーは見えるかい
スカイツリーの秋燈揺るる隅田川
名月や五百羅漢は徳利持ち


  仏も入れて  工藤 綾子

会釈するのみの付き合ひ雪柳
幸せの尺度は己茄子の花
師の訃報牡丹うつろに咲きにけり
ソロバン塾窓全開に青葉風
人数に仏も入れて西瓜切る

(「花暦」2016年上期号より)
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『艸』は2019年夏季号で終刊となった『花暦』の後継誌です。2020年1月に季刊誌として創刊します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
656位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
24位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR