FC2ブログ

花暦句会報:若草(平成29年2月11日)

若草句会(俳句文学館) 
兼題「薄氷」/席題「指」

高点3句
回想のひとこま欠ける薄氷    矢野くにこ
アネモネを鏡に増やし美容院   加藤 弥子
掛け襟は白と決めをり針供養   針谷 栄子

風呂敷の男結びや犬ふぐり    矢野くにこ
薄氷や波長乱れし心電図     飯田 誠子
冴え返る切株になほ樹の力    加藤 弥子
裏窓に花鉢一つ納税期      森永 則子
薄氷や朝日に光る猫の髭     岡崎由美子
一刻を春三日月と夕星と     市原 久義
目が笑ふこけしの素顔春の雪   新井 洋子
薄氷の和毛一片捕へをり     針谷 栄子
春燈に透けるセロテープの指紋  坪井 信子

                     (清記順)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。
師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『花暦』は2019年夏季号で終刊。後継誌『艸(そう)』(2020年1月創刊)として再出発します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
690位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
31位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR