FC2ブログ

花暦句会報:すみだ(平成29年2月22日)

すみだ句会(墨田産業会館)

高点3句
竜天に登る一夜か風唸る      貝塚 光子
冴返る八方睨みの天井画      岡戸 良一
春めくや園の猿にも母子手帳    福岡 弘子

店先の置き看板や春一番      斎田 文子
早春の風やさざ波飛沫して     大野ひろし
石蔵の小窓明りに古雛       市原 久義
磯岩の縞目濃くせり春時雨     岡戸 良一
甘夏をジャムに仕立てて師を偲ぶ  長澤 充子
夫よりも大きな声で鬼やらひ    福岡 弘子
埋め込まれしスターの手形春うらら 岡田須賀子
江戸よりの暖簾巻き上げ春一番   高橋 郁子
天空に捕食の和毛寒鴉       工藤 綾子
潮の香や光を放つ花菜畑      貝塚 光子
激つ瀬の早さ二ン月ゆく早さ    加藤 弥子
                      (清記順)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。
師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『花暦』は2019年夏季号で終刊。後継誌『艸(そう)』(2020年1月創刊)として再出発します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
690位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
31位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR