FC2ブログ

花暦句会報:若草(平成29年6月3日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「柚子の花」 席題「配」

高点4句
配膳の足許あやし船料理      岡崎由美子
紫陽花に眩しすぎたる空のあり   加藤 弥子
ひたむきに生きて今日あり柚子の花 廣田 健二
爪立てて朝の気合の髪洗ふ     坪井 信子

噴水や子等は光となり駈くる    岡崎由美子
意地通す利かぬ気の次女柚子の花  森永 則子
明易の新聞配る子のダッシュ    飯田 誠子
スランプや口に弾ける青山椒    針谷 栄子
祝膳の手作り餃子子供の日     石田 政江
柚の花やダルメシアンのモノトーン 坪井 信子
繙けば句集に残る花柚の香     岡戸 良一
読み返す賢治の童話青胡桃     廣田 健二
新茶汲むひと息入れよ我が海馬   新井 洋子
タックルの少年夏の草に伏す    市原 久義
沖晴れて島は花柚の香の小雨    加藤 弥子

                      (清記順)
関連記事
 [ 2017/06/04 08:39 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

花暦

Author:花暦
『花暦』俳句会のWeb版。
師系・舘岡沙緻、富安風生、岸風三樓。
「人と自然の内に有季定型、写生第一、個性を詠う」をモットーに活動しています。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2208位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
59位
アクセスランキングを見る>>
花暦カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QR