花暦句会報:風の会(平成29年7月1日)

風の会(荻窪吟行句会:太田黒公園、角川庭園・幻戯山房)
袋回し:「夏館」「黒」「香水」「草」

高点1句
刻止める昭和の灯夏館     坪井 信子
 
星祭多羅葉に浮く黒き文字   市原 久義
梅雨暗し楽譜を綴づる黒表紙  岡戸 良一
香水はシャネルか太田黒夫人  坪井 信子
角川邸香水の香にふり向けり  束田 央枝
路座仏の裾の湿りや草茂る   飯田 誠子
歩まねば草になるぞよ朝郭公  加藤 弥子
                    (清記順)

 小雨が降ったりやんだりの天気の中、6人が参加。両園とも狭いながらも風情ある庭園。
吟行を楽しんだ後、角川源義氏邸宅跡の幻戯山房で句会。(久義)
関連記事
 [ 2017/07/02 08:18 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

花暦

Author:花暦
『花暦』俳句会のWeb版。
師系・舘岡沙緻、富安風生、岸風三樓。
「人と自然の内に有季定型、写生第一、個性を詠う」をモットーに活動しています。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2937位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
75位
アクセスランキングを見る>>
花暦カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QR