FC2ブログ

花暦句会報:風の会(平成29年7月1日)

風の会(荻窪吟行句会:太田黒公園、角川庭園・幻戯山房)
袋回し:「夏館」「黒」「香水」「草」

高点1句
刻止める昭和の灯夏館     坪井 信子
 
星祭多羅葉に浮く黒き文字   市原 久義
梅雨暗し楽譜を綴づる黒表紙  岡戸 良一
香水はシャネルか太田黒夫人  坪井 信子
角川邸香水の香にふり向けり  束田 央枝
路座仏の裾の湿りや草茂る   飯田 誠子
歩まねば草になるぞよ朝郭公  加藤 弥子
                    (清記順)

 小雨が降ったりやんだりの天気の中、6人が参加。両園とも狭いながらも風情ある庭園。
吟行を楽しんだ後、角川源義氏邸宅跡の幻戯山房で句会。(久義)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『艸』は2019年夏季号で終刊となった『花暦』の後継誌です。2020年1月に季刊誌として創刊します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR