FC2ブログ

花暦句会報:東陽(平成29年7月22日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「風鈴」「夏草」

高点3句
いつまでも夕日はなさぬ立葵  野村えつ子
暮れてより江戸風鈴の本調子  斎田 文子
氾濫の痕を繕ひ夏の草     市原 久義

風鈴の明珍火箸骨董店     飯田 誠子
革命といふ語の浪漫パリー祭  市原 久義
刈伏せし土手草匂ふ半夏生   斎田 文子
風鈴やとり残されてゐるごとし 堤  靖子
風にのり星となりたる遠花火  浅野 照子
浜茶屋の貝風鈴の鳴り止まず  岡戸 良一
踏ん張りの利かぬ齢や水馬   野村えつ子
糠床へ一本刺して初胡瓜    安住 正子
小さき掌を翳す夕焼竹とんぼ  長澤 充子
網棚の風梨熟睡の一家族    新井 洋子
蛍火や修羅の残り火腹の底   貝塚 光子

                    (清記順)

一口鑑賞暮れてより江戸風鈴の本調子」…文子さんの句。「江戸風鈴」が懐かしい。職人が長い竿を均等に回しながら吹き、空中でガラスを膨らませて造られる。いまもその技術は一部で受け継がれている。日中の暑さが収まり、夜風に揺れる江戸風鈴が「本調子」で鳴っているという。下町の風情が思い浮かぶ。さりげない詠みっぷりの中に、一日一日を大切に生きる作者の生活観が表れている。作者自身も元気だからこそ、風鈴は「本調子」なのである。(潔)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。
師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『花暦』は2019年夏季号で終刊。後継誌『艸(そう)』(2020年1月創刊)として再出発します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
720位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
30位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR