FC2ブログ

花暦句会報:東陽(平成29年12月23日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「天皇誕生日」「数へ日」

高点3句
長命水筧にあふれ天子の日      野村えつ子
ポインセチア離れて暮らす妻のこと  山本  潔
数へ日の本返し本借りて来る     堤  靖子

子を抱くやうに白菜かかへたる    新井 洋子
信号待ちのサンタに出会ふ大手町   浅野 照子
離れては相寄る柚子を檜の湯     岡戸 良一
寒靄の杜に鳥語のかまびすし     安住 正子
淡き日を集めて淡し冬桜       野村えつ子
天皇の日の日本晴なる松広場     貝塚 光子
枯蔓や明治を醸す酒の蔵       飯田 誠子
朝の日に霜の輝く草千里       長澤 充子
天皇誕生日部屋の中まで日の届く   堤  靖子
指揮棒と弓の躍動年暮るる      市原 久義
茶の花や明治生れの座りだこ     斎田 文子
闇鍋や風評もぐつぐつ煮えよ     山本  潔

                       (清記順)

一口鑑賞長命水筧にあふれ天子の日」〜えつ子さんの句。「天子」は皇帝や天皇の別号。「天子の日」といえば「天皇誕生日」のことで、古い歳時記には載っているという。この句は「長命水が筧にあふれている」と言っているだけなのに、「天子の日」と見事に響き合っている。今年は天皇陛下が生前退位の意向を示され、有識者会議の議論を経て2019年4月30日の退位が決まった。今上天皇を思いやる作者の気持ちが「長命水」に満ちている。「淡き日を集めて淡し冬桜」〜この句もえつ子さんの作。冬桜は春の桜よりも小ぶりでひそやかに咲く。淡い光をまとった感じを巧みに詠んだ。いまは亡き沙緻師とともに桜山(群馬県藤岡市)を吟行したことが懐かしく思い出される。(潔)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。
師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『花暦』は2019年夏季号で終刊。後継誌『艸(そう)』(2020年1月創刊)として再出発します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
632位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
26位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR