FC2ブログ

花暦句会報:若草(平成30年1月13日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「虎落笛」、席題「初鏡」
   

高点3句
虎落笛新任の地の駅頭に     岡戸 良一
心音か時計の音か雪催      坪井 信子
人恋ふや人無き里の虎落笛    市原 久義

ひととせに心めぐらす初湯かな  廣田 健二
まだ生きる力をしかと七日爪   岡戸 良一
糶終へしトロ箱の山虎落笛    飯田 誠子
鏡餅礼に始まる豆剣士      新井 洋子
松過ぎし厨の隅の一升瓶     岡崎由美子
ネクタイの幾何学模様初鏡    市原 久義
新築の戸ごとの明かり家の春   森永 則子
蠟梅の一枝を鼻で迎へけり    加藤 弥子
屋上の三百六十度の淑気     坪井 信子
ひと日なほひと年疾き柚子湯かな 針谷 栄子

                     (清記順)

一口鑑賞虎落笛新任の地の駅頭に」〜良一さんの句。サラリーマン時代の思い出だろうか。新任の地に降り立って聞く虎落笛(もがりぶえ)とは、思わず首をすくめたに違いない。冬の強い風が柵や竹垣に吹き付けてヒューヒューと音を立てるのが虎落笛。「もがる(虎落る・強請る)」には「逆らう」「いやがる」という意味もある。「糶終へしトロ箱の山虎落笛」〜誠子さんの句。市場の糴(せり)が終わり、空になったトロ箱が山と積まれている。築地に住む作者にとっては、見慣れた光景でも、虎落笛によって情景は一変する。市場にいつもとは違う寂しさが漂う。(潔)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。
師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『花暦』は2019年夏季号で終刊。後継誌『艸(そう)』(2020年1月創刊)として再出発します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
690位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
31位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR