FC2ブログ

花暦句会報:東陽(平成30年1月27日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「寒雀」「道」

高点3句
海に日の道を伸ばして初日の出   野村えつ子
群れてゐることの安らぎ寒雀    野村えつ子
極寒の息を吐き出す室外機     市原 久義

羅漢槙の懐たのむ寒雀       市原 久義
遠き日の父の背中や凝鮒      岡戸 良一
玻璃越しの音の消えゆく雪の町   飯田 誠子
あわただしき日々の静まる雪の夜  堤  靖子
水仙や岬は硬き風ばかり      斎田 文子
隣まで喜々と雪掻く北育ち     貝塚 光子
一人居の繰り戸の軋み寒の暮    長澤 充子
城囲む松の貫禄去年今年      野村えつ子
湯豆腐の煮えばなの揺れ掬ひたる  新井 洋子

                      (清記順)

一口鑑賞極寒の息を吐き出す室外機」〜久義さんの句。室外機というと、夏に熱風を吹き出している印象が強いが、冬はせっせと冷気を吐き出している。試しにベランダに出て室外機の前に手を伸ばしてみたら、まさに「極寒の息」であった。冬に室外機を詠むなんて、さすがは元エンジニア。「一人居の繰り戸の軋み寒の暮」〜充子さんの句。冬の夕暮れ時、一人で家にいると、妙な音を聞くことがある。作者は繰り戸の軋む音を聞いた。ただそれだけのことなのだが、冬の日が落ちる時間帯に、急に不安や寂しさを覚える気持ちが詠い込まれている。(潔)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。
師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『花暦』は2019年夏季号で終刊。後継誌『艸(そう)』(2020年1月創刊)として再出発します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
690位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
31位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR