花暦句会報:東陽(平成30年6月23日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「夏至」「瀬」

高点3句
瀬をのぼる容に鮎の焼かれをり   安住 正子
神木の一千年の木下闇       安住 正子
十薬や貸家の紙の新しく      堤  靖子

アメ横やケバブの匂ふ露地の朱夏  安住 正子
路地裏は昔のままや風涼し     斎田 文子
眼下の灯涼し天空レストラン    新井 洋子
夏落葉峡の早瀬に呑み込まる    岡戸 良一
水月湖のきららきららと夕涼し   貝塚 光子
祭半纏うしろ姿の男振り      飯田 誠子
瀬波立ち山夕立の来たりけり    野村えつ子
水割りの琥珀のグラス夏至の宵   長澤 充子
黙々と釣餌まるめる日焼の手    浅野 照子
老鶯や逢瀬たのしき芭蕉庵     堤  靖子

(清記順)

一口鑑賞十薬や貸家の紙の新しく」〜靖子さんの句。玄関先に十薬が群生する家に貼られた「貸家」の紙。その紙が新しいと見て取ったところがこの句のお手柄。読み手も想像力を掻き立てられる。最近まで人が住んでいたのかもしれない。貸家にせざるを得なくなった事情はさまざまだろうが、そんなことにはおかまいなしに十薬は真っ白い花を咲かせている。空き家問題が深刻化している現代。「十薬や」という詠嘆にこの国の未来への憂いも感じられる。「黙々と釣餌まるめる日焼の手」〜照子さんの句。釣堀での一コマだろうか。だんご餌を丸める人の様子に見入っているうちに、「日焼の手」に目が止まった。もしも餌がミミズとかゴカイだったら、そうはいかなかったかもしれない。(潔)
関連記事
 [ 2018/06/30 13:00 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

花暦

Author:花暦
『花暦』俳句会のWeb版。
師系・舘岡沙緻、富安風生、岸風三樓。
「人と自然の内に有季定型、写生第一、個性を詠う」をモットーに活動しています。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3087位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
73位
アクセスランキングを見る>>
花暦カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QR