FC2ブログ

花暦句会報:若草(平成30年7月14日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「心太」、席題「還」

高点3句
待ち人あり句座ありけさの蟬時雨   山本  潔
幼子のフォークに掛かる心太     森永 則子
七夕や転勤地よりお還りなさい    加藤 弥子

知らぬ間になくなるのよね梅漬は   山本  潔
衒ひなく愛想もなくて心太      新井 洋子
毛虫焼く前世の命に還れよと     坪井 信子
「この路地は抜けられません」竹床几 加藤 弥子
あやかしの手織りか烏瓜の花     岡戸 良一
突然の昼の花火の虚ろかな      森永 則子
梅漬けて干される出番待つばかり   石田 政江
返還の遠き日思ふ沖縄忌       廣田 健二

(清記順)

一口鑑賞幼子のフォークに掛かる心太」〜則子さんの句。幼い子が心太(ところてん)を食べている。フォークといっても金属製ではなく、プラスチックでできた丸みのあるものだろう。覚束ない手つきで心太を口へ運ぶのはなかなか難しい。お母さんが手伝ってくれたのかもしれない。フォークに心太がかかったことを喜ぶ子の姿が目に浮かぶようだ。作者の優しい眼差しが感じられる。「毛虫焼く前世の命に還れよと」〜信子さんの句。席題「還」による即吟。句意は明解だ。焼かれる毛虫に対して祈りを捧げている。あらゆる事物や現象に魂が宿るという「アニミズム」に通じる一句。今年2月に他界した金子兜太は「生きもの感覚」の重要性を解いた。(潔)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『艸』は2019年夏季号で終刊となった『花暦』の後継誌です。2020年1月に季刊誌として創刊します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
8位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR