FC2ブログ

花暦句会報:すみだ(平成30年8月29日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点3句
影連れて流るるものや水の秋      加藤 弥子
ダリア真つ赤ゴスペル漏るる園真昼   高橋 郁子
秋暑し齝む牛の尾の遊び        工藤 綾子

海近き駅のポスター夏の果       岡崎由美子
朝顔の紺鉄柵を埋め尽くす       長澤 充子
果樹園の耳をつんざく威し銃      工藤 綾子
空高し牧の牛にもある序列       高橋 郁子
雪渓に残る靴跡空の青         桑原さかえ
曼殊沙華活けてみたしや火焔土器    貝塚 光子
百日紅百日咲けば百の夢        加藤 弥子
鰯雲江東運河縦横に          岡戸 良一

(清記順)

一口鑑賞秋暑し齝む牛の尾の遊び」〜綾子さんの句。「齝む」は「にれかむ」と読む。いわゆる「反芻」のこと。一度飲み込んだ牧草を口に戻して噛み直している牛が尾を振っている。まだ残暑の厳しい牛舎の中だろうか。それでも牛にとっては至福の時なのかもしれない。「尾の遊び」とユーモラスに書き留めたことで、牛の表情まで見えてくるようだ。「空高し牧の牛にもある序列」〜郁子さんの句。こちらは晴れ渡った空の下に放牧された牛たち。牛は群れて行動する動物。よく見ているとリーダーらしき存在が目に付いたのだろう。「牛にもある序列」は人間社会との対比。(潔)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『艸』は2019年夏季号で終刊となった『花暦』の後継誌です。2020年1月に季刊誌として創刊します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR