FC2ブログ

花暦句会報:東陽(平成30年9月24日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「月」一切、「芒」

高点2句
新米を研ぐそれだけの今日の幸     岡崎由美子
芒野に溺れ少年不登校         沢渡  梢

白萩のこぼれて恋の路となり      廣田 健二
タワーマンションの光こぼれる無月かな 堤  靖子
夕すすき漢の匂ひ込めし鉱山(やま)  浅野 照子
草雲雀ただ寝に帰る母の家       山本  潔
秋草を束ねて壺へ日の匂ひ       長澤 充子
公園をはみだしてゐる虫時雨      飯田 誠子
雲去来して水の澄む山上湖       斎田 文子
陸揚げの秋刀魚や海をしたたらせ    新井 洋子
爽涼や二人暮しの寿司握る       貝塚 光子
月明や直方体の倉庫群         岡崎由美子
月へ旅なんて些かはしやぎすぎ     沢渡  梢

(清記順)

一口鑑賞新米を研ぐそれだけの今日の幸」〜由美子さんの句。日本人にとって、新米は特別な意味を持っている。なぜなら、新米は五穀豊穣の象徴であり、1年の食糧が確保できたという安心の証だからだ。食生活の欧米化でコメの消費量は激減しているが、秋になればスーパーには「新米入荷」の幟が立つ。そんな新米を研ぐことに作者は無上の喜びを感じている。日常の一コマを巧みに詠んだ一句。「新米といふよろこびのかすかなり」は飯田龍太の句。「白萩のこぼれて恋の路となり」〜健二さんの句。萩は日本の秋を代表する花であり、公園や遊歩道などでよく目にする。萩が風に揺れる景色は風情がある。白萩の花言葉は「思案」。その白さは清らかさの象徴でもある。揚句は恋の句として詠まれているが、作者自身のことではなさそうだ。若いカップルが通り過ぎた白萩の小道。それを眺めながら、若かりしころの自分と重ね合わせているのかもしれない。(潔)
関連記事
 [ 2018/09/24 21:29 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

花暦

Author:花暦
『花暦』俳句会のWeb版。
師系・舘岡沙緻、富安風生、岸風三樓。
「人と自然の内に有季定型、写生第一、個性を詠う」をモットーに活動しています。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1449位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
43位
アクセスランキングを見る>>
花暦カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QR