FC2ブログ

花暦句会報:すみだ(平成30年9月26日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点2句
宥しあふ齢となりて梨を剥く    高橋 郁子
香煙に過ぎし日ゆらぐ秋思かな   加藤 弥子

瓢棚むかしは何処も大家族     高橋 郁子
秋の峰空を貫く間歇泉       桑原さかえ
秋の暮屋台の客待つ野良猫     貝塚 光子
強風に耐えて岬の秋薊       長澤 充子
ふれあひてコスモス彩を競はざる  加藤 弥子
野分去り遠き昨日でありにけり   工藤 綾子
隠沼に沈む倒木月天心       岡戸 良一

(清記順)

一口鑑賞香煙に過ぎし日ゆらぐ秋思かな」〜弥子さんの句。「秋思」は秋の頃の物思い。作者は花暦の大ベテラン作家であり、人生の哀れや寂しさをいろいろ経験されてきた。お彼岸のお墓参りで供えた線香か、あるいは仏壇の線香の煙に目を凝らし、物思いにふけっている。年を経れば経るほど思いも深まるに違いない。煙の揺らぎに「過ぎし日」を重ね合わせている。「強風に耐えて岬の秋薊」〜充子さんの句。岬の風は強い。ましてや秋は野分の風も吹いて来る。そこに自生する「鬼薊」や「山薊」などを総称して「秋薊」と呼ぶ。高さは約1メートル。根は太く長い。強い風に耐えて咲く秋薊のたくましさに、作者は素直に感動している。(潔)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。
師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『花暦』は2019年夏季号で終刊。後継誌『艸(そう)』(2020年1月創刊)として再出発します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
690位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
31位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR