FC2ブログ

花暦句会報:若草(令和元年5月11日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「筍」、席題「由」

高点3句
竹の子をざつくばらんに煮てひとり   山本  潔
筍を抱く獣の仔のやうに        市原 久義
おいしいおすえとたかんなのつぶやいて 坪井 信子

江戸からの由来ある坂花は葉に     沢渡  梢
傘雨忌や工事長引く神田川       岡戸 良一
雨上がり今朝は令和の新樹光      市原 久義
紫を解いて葡萄の芽吹きけり      石田 政江
黒南風や鴉が襲ふ由比ヶ浜       山本  潔
なによりの友の笑顔や若葉風      加藤 弥子
今年竹一本立ちに手を出さず      飯田 誠子
これやこの筍御膳頂きぬ        廣田 健二
カーネーション嫁との距離のあと一歩  新井 洋子
河童らの好きな夏場所来たりけり    坪井 信子

(清記順)

一口鑑賞筍を抱く獣の仔のやうに」〜久義さんの句。筍は初夏の味わいとして格別なものがある。筍ごはんはもちろんのこと、若芽と炊き合わせた若竹煮、土佐煮、天ぷらなど、いろいろ楽しめる。この句はそんな筍を「獣の仔」に見立てたところが面白い。確かに、皮の色や土がまだ付いている筍は得体の知れない珍獣のように見える。作者によれば、「筍の湿り気や土の香、重さ、手触りなどを思い浮かべながら形容した」という。この日は「持ち帰る筍赤子抱くやうに」(新井洋子)との句もあったが、「獣の仔」の方に人気が集まった。「紫を解いて葡萄の芽吹きけり」〜政江さんの句。葡萄は4月下旬ごろから芽吹き始める。芽の先端は綺麗な紫色をしていて、それがほぐれるとどんどん伸びて枝になり、やがて房を付ける。近所に葡萄園でもない限り、我々が芽吹きを目にする機会はなかなかない。作者は、自宅に葡萄棚を作り、その生長を日頃からよく観察しているのだろう。その芽吹きの美しさに感動した気持ちを込めた一句。(潔)
関連記事
 [ 2019/05/12 09:47 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

花暦

Author:花暦
『花暦』俳句会のWeb版。
師系・舘岡沙緻、富安風生、岸風三樓。
「人と自然の内に有季定型、写生第一、個性を詠う」をモットーに活動しています。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
743位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
26位
アクセスランキングを見る>>
花暦カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QR