FC2ブログ

花暦句会報:すみだ(令和元年6月26日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点4句
十薬や母のメールの誤字脱字     山本  潔
いつしかに瀬音にまさる夕河鹿    岡戸 良一
昼酒の醒めやらぬまま夏至の夜    岡崎由美子
忍耐も人生の糧捩り花        髙橋 郁子

子が母の餌を付けをり金魚釣     山本  潔
五月雨や番傘の行く柳橋       大浦 弘子
引際を大事にせよとアマリリス    岡戸 良一
残されし古家守りて濃紫陽花     福岡 弘子
大西瓜叩いて撫でて抱きかかへ    工藤 綾子
息詰めて仕上ぐ写仏や梅雨灯     岡崎由美子
愛猫の棺に白き胡蝶蘭        長澤 充子
神水をボトルに入れて鴨足草     桑原さかえ
雨脚に耐へて真白き手毬花      貝塚 光子
沖縄の歴史を悼む梅雨の星      髙橋 郁子

(清記順)

一口鑑賞残されし古家守りて濃紫陽花」〜福岡さんの句。今は亡きご主人の親の代からの家だろうか。その家を守りながら暮らしている。今年も庭の紫陽花が色を濃くして咲いているなあ。そんな感慨を詠った。「残されし」には家だけではなく、自分自身も残されてしまったという思いを込めたのだろう。濃紫陽花が作者の心情を映している。「神水をボトルに入れて鴨足草」〜さかえさんの句。ここで言う「神水」は神域に湧き出る水。パワースポット巡りはちょっとしたブームになっていて、神聖な水を持ち帰る人もいるようだ。この句もそんな流行を詠んだだけかもしれないが、下五の「鴨足草(ゆきのした)」で景が広がった。夏の日陰の湿地に群生し、白い花を咲かせる。葉の形にちなんで「虎耳草(ゆきのした)」、冬に雪に埋もれても葉の緑が衰えないことから「雪の下」とも呼ばれる。(潔)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『艸』は2019年夏季号で終刊となった『花暦』の後継誌です。2020年1月に季刊誌として創刊します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR