FC2ブログ

艸句会報:すみだ(令和元年8月28日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点3句
海の色移ろふ瀬戸の秋夕焼     長澤 充子
蚯蚓鳴く心の隅の真のやみ     岡戸 良一
師なきあとこれよりの日を艸茂る  石田 政江

亡き人の育てし夏の万花かな    桑原さか枝
喪帰りのことば少き星月夜     岡戸 良一
「爽やか」と書いて爽やか墨の香も 山音(やまね) 
渓谷に流水の糸冷さうめん     大浦 弘子
電柱の影をも拾ふ残暑かな     高橋 郁子
手信号で曲がる自転車赤とんぼ   福岡 弘子
赤紫蘇や笊にはつきり梅の跡    石田 政江
木槿咲く霊園前のなんでも屋    岡崎由美子
声痩せて病む弟へマスカット    長澤 充子
下町や祭まつりと八十路来る    貝塚 光子
新米にぶつかけ卵言ふことなし   工藤 綾子

(清記順)

一口鑑賞師なきあとこれよりの日を艸茂る」〜政江さんの句。「花暦」は7月に発行した夏季号で終刊となったが、今後は後継誌「艸(そう)」として再出発する。作者は故舘岡沙緻師との縁が深く、「花暦」の行く末を案じてきた一人。名称は「艸」に変わるものの、師の俳句精神が引き継がれることを願っている。「艸(草)茂る」は夏草の繁茂した様子を示す季語。「艸」への挨拶句。「手信号で曲がる自転車赤とんぼ」〜弘子さんの句。いまや自転車の手信号は珍しいが、ママチャリのおじいさんが曲がるときに不意に片手を上げたり、ロードバイクの人が進路変更をする際に手を伸ばしたりするのを見かけることがある。この句はそんな一瞬を巧みに言いとめた。「赤とんぼ」との取り合わせが効いている。(潔)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『艸』は2019年夏季号で終刊となった『花暦』の後継誌です。2020年1月に季刊誌として創刊します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
83位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
6位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR