FC2ブログ

艸句会報:連雀(令和元年10月2日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「煎餅」

高点2句
秋晴の明石海峡蛸煎餅       岡崎由美子
秋日和茶と煎餅と小津映画     松本ゆうき

広口壜の中の煎餅秋の色      進藤 龍子
あざやかに雨降つてをり蛇苺    加藤 弥子
秋灯や人恋ふときに読む句集    岡崎由美子
ぬれ煎の食感が好き小鳥来る    山音(やまね)
川底の石の翳濃き寒露かな     束田 央枝
回転ドアより秋光へ退院す     中島 節子
四畳半の煎餅布団蚯蚓鳴く     松本ゆうき
なまぬるき秋暑の枕うらがへす   坪井 信子
死ぬといふ最後の仕事むかご飯   松成 英子

(清記順)

一口鑑賞秋晴の明石海峡蛸煎餅」〜由美子さんの句。兼題「煎餅」の中で人気を得た一句。「秋晴の明石海峡」という心地良い大きな景を提示した上で、お土産としても重宝される「蛸煎餅」を持ってきたところが洒落ている。ちなみに、淡路市の「たこせんべいの里」には40種類もの蛸煎餅が売られているという。「広口壜の中の煎餅秋の色」〜龍子さんの句。「広口壜」というだけで懐かしい感じがする。子供の頃に見た駄菓子屋や煎餅屋が目に浮かぶからだろうか。外からも見える店内には陽光が差しており、広口壜の中の煎餅もよく見える。作者はそこに秋の気配を感じているのである。(潔)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『艸』は2019年夏季号で終刊となった『花暦』の後継誌です。2020年1月に季刊誌として創刊します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
525位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
21位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR