FC2ブログ

艸句会報:すみだ(令和元年10月23日)

すみだ句会(すみだ産業会館)
兼題 そぞろ寒

高点3句
秋出水詩歌も虚し千曲川      高橋 郁子
母いつか子の名を忘れそぞろ寒   工藤 綾子
茅葺や京の美山の木守柿      岡戸 良一

家中の施錠確かめそぞろ寒     長澤 充子
たから箱のどんぐりにある物語   岡崎由美子
秋の虹昭和のおかつぱ白髪に    工藤 綾子
句に夢中気づけば雨やそぞろ寒   大浦 弘子
即位礼の雨の皇居や新松子     高橋 郁子
大橋を消し海峡の霧笛鳴く     岡戸 良一
湯屋の戸に「わ」の札下がる冬隣  貝塚 光子
紅葉狩り歩き疲れて寄る足湯    桑原さかえ
見守られ歩む百歳金木犀      福岡 弘子

(清記順)

一口鑑賞秋出水詩歌も虚し千曲川」〜郁子さんの句。先の台風19号は関東甲信や東北に甚大な被害をもたらした。50を超える河川が氾濫した中で、長野県を流れる千曲川も例外ではなかった。作者にとっては思い出のある川なのだろう。この句は中七の「詩歌も虚し」に率直な気持ちが表れている。島崎藤村の「千曲川スケッチ」をはじめ多くの文学作品に登場するし、五木ひろしの「千曲川」では旅情が歌い込まれている。ところで、芭蕉は『更科紀行』で木曽路から信州に入ったが、なぜか千曲川の句を一句も詠んでいないという。「即位礼の雨の皇居や新松子」〜これも郁子さんの句。天皇陛下の即位の礼を題材に詠んだ、いわゆる時事俳句だが、「雨の皇居」と端的に言い止めたところがうまいと思う。(潔)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『艸』は2019年夏季号で終刊となった『花暦』の後継誌です。2020年1月に季刊誌として創刊します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
83位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
6位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR