FC2ブログ

艸句会報:東陽(令和元年10月26日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「木の実」「源」

高点2句
電線はみな自由席小鳥来る      安住 正子
木の実降る余生は日付なき旅路    羽生 隣安

ちちろ鳴く巨大草鞋の仁王門     長澤 充子
源流は多摩の奥とや柿熟るる     安住 正子
「光秀」の謎そのままに花桔梗    中川 照子
橋朽ちて色なき風の渡るのみ     小泉 裕子
手酌にも順序の在りてかまどうま   羽生 隣安
猫脚の椅子のサロンや秋深し     新井 洋子
撫牛の鈴新しく七五三        堤 やすこ
「母さん」と声にしてみる秋の雲   斎田 文子
井月の口ぐせ「千両」蕎麦の花    松本ゆうき
「ボレロ」聴きし心醒めゐる夜長かな 向田 紀子
大川を鈍色に変へ台風過       飯田 誠子
能登瓦月の名残を映しけり      岡戸 良一
子ひとりの回転木馬ねこじやらし   山本  潔

(清記順)

一口鑑賞電線はみな自由席小鳥来る」〜正子さんの句。圧倒的な人気を集めた。「電線に止まる鳥たちはみんな平等だよね」という感覚を「自由席」と表現したところにこの句の眼目があるのは明らかだ。鳥のことを言いながら、人間だって平等だという思いも込めているのではないか。「小鳥来る」は秋の季語で、鶫(つぐみ)、鶸(ひわ)、連雀(れんじゃく)、鶲(ひたき)などの小型の渡り鳥のこと。雀や鴉が電線に止まっている姿は日常的によく目にするが、渡り鳥を見分けるのはなかなか難しい。何でもよく見ている作者ならではの一句。「『ボレロ』聴きし心醒めゐる夜長かな」〜紀子さんの句。「ボレロ」は1928年にフランスの作曲家、モーリス・ラヴェルがバレエ曲として作曲した。一定のリズムを保ちながら、2種類のメロディーが繰り返されていく。この句は、ボレロの生演奏を聴いた日の夜、いつまでも頭の中でメロディーが鳴り止まず、心が覚醒していく感覚を端的に詠んだ。(潔)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『艸』は2019年夏季号で終刊となった『花暦』の後継誌です。2020年1月に季刊誌として創刊します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
83位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
6位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR