FC2ブログ

艸句会報:東陽(令和元年11月23日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「一葉忌」「手」

高点3句
針山にむかし黒髪一葉忌       野村えつ子
AIの世に追ひつけず大根切る     堤 やすこ
ひとつづつ山暮れてゆく木守柿    野村えつ子

物産展に干薇や一茶の忌       貝塚 光子
店番の小巾刺しをる一葉忌      飯田 誠子
一人では漕げぬシーソー息白し    中川 照子
句会へと急ぐしぐれの一葉忌     堤 やすこ
灯の消えてよりのやすらぎ菊人形   野村えつ子
冬銀河星のガイドのペンライト    岡崎由美子
秩父嶺の山容変はり落葉焚く     向田 紀子
菰巻や明日を信じて頑張るか     斎田 文子
革張りのメニュー帳古り散紅葉    長澤 充子
軍扇を手に山頂の冬将軍       岡戸 良一
校正のあの手この手や一葉忌     山本  潔
大榾のつつかれ元気とり戻す     安住 正子
釣書は手がき三つ折り冬うらら    羽生 隣安
書くほどのことあるやなし日記買ふ  松本ゆうき
AIの喋る勤労感謝の日        新井 洋子
(清記順)

一口鑑賞針山にむかし黒髪一葉忌」〜えつ子さんの句。「針山」は「針刺し」のこと。「針立て」「針坊」とも言う。手芸の縫針を刺しておくための台で、綿を詰めて作る。かつては針が錆びるのを防ぐため、髪の毛やゴマなど油分のあるものを詰めたという。中七の「むかし黒髪」はまさにそのことを言っている。素朴な日用品が「一葉忌」と響き合っている。この句は女性陣に圧倒的な共感を呼んだ。「一人では漕げぬシーソー息白し」〜照子さんの句。描かれているのはシーソーと白い息だけだが、自ずと公園や校庭の遊具の景が思い浮かぶ。遊び相手のいない子どもは一人でシーソーの前に佇んでいる。そんな子どものそこはかとない寂しさと、それを見つめる作者の優しい眼差しが感じられる一句。ひょっとすると、子どもの頃の作者自身かもしれない。(潔)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『艸』は2019年夏季号で終刊となった『花暦』の後継誌です。2020年1月に季刊誌として創刊します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR