FC2ブログ

花暦句会報:若草句会(平成28年1月9日)

花暦:若草句会(平成28年1月9日 俳句文学館)

主宰特選
抛られて火の音逸る納め札(坪井信子)
蔵前やトラック荷台の貸布団(岡崎由美子)
冬ざれの暗がりにある御影かな(山本 潔)
泣きたくて泣けぬは哀し寒椿(岡崎由美子)
凍蝶に日輪遠くあるばかり(矢野くにこ)
縁側に軍手残され冬日向(大野ひろし)
寒風や鉄鎖に絡む白き紐(岡崎由美子)
水涸れて水掛不動乾びをり(坪井信子)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。
師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『花暦』は2019年夏季号で終刊。後継誌『艸(そう)』(2020年1月創刊)として再出発します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
690位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
31位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR