FC2ブログ

花暦句会報:若草句会(平成28年1月9日)

花暦:若草句会(平成28年1月9日 俳句文学館)

主宰特選
抛られて火の音逸る納め札(坪井信子)
蔵前やトラック荷台の貸布団(岡崎由美子)
冬ざれの暗がりにある御影かな(山本 潔)
泣きたくて泣けぬは哀し寒椿(岡崎由美子)
凍蝶に日輪遠くあるばかり(矢野くにこ)
縁側に軍手残され冬日向(大野ひろし)
寒風や鉄鎖に絡む白き紐(岡崎由美子)
水涸れて水掛不動乾びをり(坪井信子)
関連記事
 [ 2016/01/10 16:12 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

花暦

Author:花暦
『花暦』俳句会のWeb版。
師系・舘岡沙緻、富安風生、岸風三樓。
「人と自然の内に有季定型、写生第一、個性を詠う」をモットーに活動しています。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1265位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
45位
アクセスランキングを見る>>
花暦カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QR