FC2ブログ

花暦句会報:墨田(平成28年3月23日)

墨田句会 平成28年3月23日(墨田産業会館)

最高点句
隠沼(こもりぬ)の日向にゆるぶ蝌蚪の紐  野村えつ子

春光へ駆け出す車夫の笑顔かな     岡田須賀子
種袋振りて命の音高く         飯田 誠子
山水のあふるる桶に独活の束      野村えつ子
春疾風鷹女の像の帯高く        岡戸 良一
空濠の底に淀みや落椿         貝塚 光子
鉢しづくの小さき光や雪解風      森永 則子
春の雨玻璃窓歪む雑居ビル       大野ひろし
涅槃図を見し夜は亡夫の星探す     加藤 弥子
春の波テトラポットと睦み合ふ     市原 久義
白椿姿のままに錆びにけり       高橋 郁子
催花雨に散るも咲けるも黙の午後    吉田スミ子
ふわふわの嬰の髪毛や草若葉      斎田 文子
春禽の一声谷の枝渡る         長澤 充子
庭先を雉の横切る生家かな       福岡 弘子
かりそめの恋のもろさやなごり雪    工藤 綾子
山里の水音しげき春北風        鳰川宇多子
初桜とぎれとぎれの日を浴びて     山室 民子
歩行器の足のふんばり春の風      江沢 晶子
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『艸』は2019年夏季号で終刊となった『花暦』の後継誌です。2020年1月に季刊誌として創刊します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR