FC2ブログ

花暦句会報:木場(平成28年3月26日)

木場句会(平成28年3月26日 江東区産業会館)
席題/「亀鳴く」または「四月馬鹿」

高点3句
亀鳴くや駄句が名句に見えてきて    山本  潔
ウィルスはコンピューターにも亀鳴けり 野村えつ子
声かけて届かぬ人のかげろへる     田  澄夫

遠汽笛お玉杓子の尾が跳ねる      浅野 照子
丁字の香暗き鍵穴探りたる       新井 洋子
耳の日の耳を疑ふ二人かな       飯田 誠子
哲学門くぐれば亀の鳴けるなり     岡戸 良一
春めける歪み玻璃戸の畳廊       貝塚 光子
四月馬鹿どうして四月だけが馬鹿    白崎千恵子
それぞれに行く道のあり鳥雲に     堤  靖子
つばくろの出入自在な農具小屋     田  澄夫
旅立ちの朝の校舎や初桜        長澤 充子
海光や坂ゆるやかに花菜畑       中島 節子
よろづやの「塩」の看板雪解風     野村えつ子
しやぼん玉割れて透明人間に      山本  潔
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ありがとう

コメント、ありがとうございます。
とりあえずは、句会報をWeb上に残しながら、試行錯誤していきたいと思っています。
引き続き、よろしくお願いします。

> お忙しい中、ブログさっそくに有難うございます。若草句会も墨田句会も拝見しました。
> これから毎月楽しみが出来ました。よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『艸』は2019年夏季号で終刊となった『花暦』の後継誌です。2020年1月に季刊誌として創刊します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
677位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
26位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR