FC2ブログ

花暦句会報:若草、連雀(平成28年4月6、9日)

若草句会(平成28年4月9日 俳句文学館)
兼題「花筏」/席題「解」

高点4句
春の昼柱時計は標準時      根本 莫生
とれたての野菜にまじる花の屑  針谷 栄子
俳諧に正解はなし春闌くる    新井 洋子
春眠の底にナウマン象の牙    坪井 信子


漣のしづかに組める花筏     安住 正子
大利根の水の光や猫柳      飯田 誠子
野遊びや桜田麩と炒卵      新井 洋子
しやぼん玉少女の息が空を舞ふ  市原 久義
暖かや犬と観戦草野球      大野ひろし
春雷や珈琲豆に筋はしり     加藤 弥子
失望の重きこころを解くさくら  坪井 信子
マンションの居並ぶ街へ花散り来 根本 莫生
古書店の解剖書巻柳絮飛ぶ    針谷 栄子
車座を繋ぐ犬の背花筵      森永 則子
初つばめ丸き地球を飛んで来し  矢野くにこ
鋳造の蟹も蛙も目借時      山本  潔


連雀句会
(平成28年4月6日 三鷹市消費者センター)


高点3句
焼目刺かなしきまでに反り身なる 加藤 弥子
ラップされし春のキャベツの断面図 斎田 文子
百の掌の百の祈りや彼岸墓    坪井 信子


帰りはも杖さへ重き花疲れ    安住 正子
満開の花を横目に医に通ふ    進藤 龍子
風を漕ぐ無人ブランコ昼下り   根本 莫生
残花ふぶく村は谷ぞい岨の道   松成 英子
諸鳥の恋や神樹の傘の内     矢野くにこ
海明や物みな動くオホーツク   横山 靖子

                   (記:坪井)



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。
師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『花暦』は2019年夏季号で終刊。後継誌『艸(そう)』(2020年1月創刊)として再出発します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
720位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
30位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR