FC2ブログ

花暦句会報:東陽(平成28年6月25日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「水中花」「蛍」「青」

 高点3句
青梅雨やまなじり上げて結ぶ帯   浅野 照子
水中花栄転といふ別れあり     新井 洋子
青空をぬらして滝の落ちて来し   野村えつ子

蜥蜴より動くもの無き死の砂漠   市原 久義
青時雨太子幼のみづら髪     安住 正子
ディーゼル車切替駅の青葉風    長澤 充子
世に疎くなりし暮しの豆の飯    斎田 文子
神鏡の鈍き光や梅雨曇り      貝塚 光子
知らぬ人ばかりの俳誌水中花    浅野 照子
楽しみは病院裏に飛ぶ蛍      堤  靖子
蛍火のひとつ離れし闇深し     野村えつ子
犬小屋に猫の寝ている梅雨の雨   白崎千恵子
何代も続く目高や路地の甕     岡戸 良一
風抜くる寺の曝書の青畳      飯田 誠子
郭公や寝足りし朝の湖の風     新井 洋子
                      (清記順)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。
師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『花暦』は2019年夏季号で終刊。後継誌『艸(そう)』(2020年1月創刊)として再出発します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
632位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
26位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR