FC2ブログ

花暦句会報:東陽(平成28年9月17日)

東陽句会 (江東区産業会館)
席題「月」

高点2句
名月や五百羅漢は徳利持ち      貝塚 光子
鯉跳ねて潜きしままに無月なる    安住 正子

菰解かれ菊生き生きと朝の花舗    長澤 充子
青秋刀魚目に寒流の色潜め      市原 久義
龍淵に潜み遠野の空深し       新井 洋子
残照の雲の行方や豊の秋       岡戸 良一
豊饒の海や三陸秋刀魚季       安住 正子
十六夜の用なきメール鳴りにけり   堤  靖子
彼岸花棚田の畔をのぼり行く     斎田 文子
祝はれて根付瓢箪敬老日       飯田 誠子
鰡とんでスカイツリーが見えるかい  貝塚 光子
詩ごころを星に委ねし賢治の忌    浅野 照子

                       (清記順)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。
師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『花暦』は2019年夏季号で終刊。後継誌『艸(そう)』(2020年1月創刊)として再出発します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
690位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
31位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR