FC2ブログ

花暦句会報:連雀(平成28年11月2日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)

高点4句
諳ずる夫の戒名雁渡る        加藤 弥子
末枯るる誰にも会はぬ園にあり    向田 紀子
師の句集味はひ読むや秋灯下     春川 園子
引力の音かも木の実降りしきる    坪井 信子

聳えたつ武甲山塊椋鳥渡る      向田 紀子
今年米の塩むすび食ぶ至福かな    飯田 誠子
御手洗のセンサー作動小鳥来る    田村 君枝
葉先より宝石のつぶ紅葉雨      田崎 悦子
秋渇き野獣被害の話など       春川 園子
ピラカンサス赤鮮烈に胃の重し    加藤 弥子
晩秋の池に一すじ水脈白し      進藤 龍子
自然薯を掘りしあたりは団地群    根本 莫生
栗飯や同じこと問ふ母とゐて     中島 節子
行く秋や我れも旅人芭蕉像      横山 靖子
山かけて野かけて草の錦かな     矢野くにこ
光りつつ指に移りし露の玉      坪井 信子
                   (清記順)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『艸』は2019年夏季号で終刊となった『花暦』の後継誌です。2020年1月に季刊誌として創刊します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR