FC2ブログ

花暦句会報:風の会(平成28年11月5日)

風の会(磐梯熱海:紅葉館きらくや)

復刊を果たす俳誌や柚子は黄に    岡戸 良一
柿の名は「会津見知らず」山晴るる  相澤 秋生
黄落の輝きを掃く竹箒        加藤 弥子
夕暮や紅き実灯る枯茨        根本 莫生
石切の壁を縁取る紅葉山       市原 久義
夕鵙や足湯に一人つかりをり     矢野くにこ
山里の小さきダムや枯尾花      大野ひろし
越の酒ふくしまの酒小六月      山本  潔

薬缶鳴る独りの夜の葛湯かな     岡戸 良一
天空は地球の余白紅葉山       相澤 秋生
シャンソンの含み声して窓小春    加藤 弥子
発電の水溢れ出づ紅葉山       根本 莫生
黄落や酒家の看板日に透けて     市原 久義
車井戸使はぬままや木守柚子     矢野くにこ
黄落や里の電柱傾きて        大野ひろし
みちのくの駅舎に迫る紅葉山     山本  潔


袋廻し:柚、紅葉山、柿、黄落、葛湯、小春、枯尾花、足湯
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『艸』は2019年夏季号で終刊となった『花暦』の後継誌です。2020年1月に季刊誌として創刊します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR