FC2ブログ

艸句会報:すみだ(令和元年7月24日)

すみだ句会(すみだ産業会館)
席題「晩夏」

高点3句
籐籠の縁のほつれや晩夏光   岡崎由美子
天の底抜けて一気に梅雨滂沱  工藤 綾子
海峡を行き交ふ船や晩夏光   長澤 充子

席譲る外つ国青年季夏の午後  工藤 綾子
庫裏に引く山の湧水冷奴    福岡 弘子
愚痴聞いてもらふ姉ゐて心太  岡崎由美子
山登り声をかけあふ九十九折  桑原さかえ
竹林の隙間を揺らす晩夏光   大浦 弘子
砂丘より晩夏の夕日望の海   長澤 充子
住み古りて親しき友の逝き晩夏 貝塚 光子
朝顔や町工場の樋の錆     高橋 郁子
芭蕉像の遠き眼差し晩夏光   岡戸 良一

(清記順)

一口鑑賞海峡を行き交ふ船や晩夏光」〜充子さんの句。一読してすっと映像が立ち上がる。夏の終わりの海峡をゆっくりと行き交う船はキラキラ輝いている。しかし、その光は決して強くはない。どこか翳りを感じさせる心象風景を思わせるのは、「晩夏光(ばんかこう)」という言葉の響きに身を委ね、シンプルに詠んだからだろう。「朝顔や町工場の樋の錆」〜郁子さんの句。金属加工や機械部品の町工場だろうか。かつての日本の経済成長を支えた町工場だが、後継者不足や宅地化の進展などにより、急速に姿を消した。この句は今も残る町工場を詠んだ一句。今年も朝顔が咲き、雨樋にも蔓が絡んでいる。ふと気づいた雨樋の錆が時の流れを感じさせる。朝顔は夏のうちから咲き始めるが、秋の季語。町工場と朝顔の取り合わせが上手い。(潔)

艸句会報:若草(令和元年7月13日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「西日」、席題「羽」

高点3句
洗濯機ガタゴト暴れ夏休み      針谷 栄子
遠雷は始祖鳥の羽打つ音か      坪井 信子
鉄橋の電車西日に透かされて     市原 久義

優曇華や厨の甕に山の水       坪井 信子
おしやべりな赤白黄色金魚草     沢渡  梢
蚊を打ちぬ一家の長の顔をして    山本  潔
鬼百合の生きぬく彩と思ひけり    加藤 弥子
レコードを聴くだけの部屋西日沁む  隣安
三伏や色を濃くせる人参酒      岡戸 良一
一兵の父の勲章西日射す       針谷 栄子
花布の蔵書の湿り雲母虫       新井 洋子
岩波の背表紙焦がす大西日      安住 正子
西日さす卓に残れるコップ酒     廣田 健二
夏の夜の夢は惑星「リュウグウ」へ  石田 政江
病室の肌に重たき西日かな      市原 久義

(清記順)

一口鑑賞鉄橋の電車西日に透かされて」〜久義さんの句。夏の午後、作者は離れた場所から鉄橋を眺めている。西からの強い日差しの中で、鉄橋を走る電車がふいに透けて見えたのである。実景でありながら、どこか人生を俯瞰しているような、心象的な句に読めてくる。長年、鉄道の仕事に携わった作者のノスタルジアを感じさせるからだろうか。ところで、「西日」「電車」とくれば<西日中電車のどこか掴みて居り>を思い出す人もいるのではないか。昭和22年の作。終戦後の復興の中、病を抱えた石田波郷が詠んだ一句。「レコードを聴くだけの部屋西日沁む」〜隣安さんの句。今回、作者はゲストとして初参加。句意は明解だ。「レコードを聴くだけの部屋」とは何とも贅沢な感じもするが、そこには西日が沁み込んでくるのである。しかも「レコード」となると、懐かしさがこみ上げてくる。案の定、作者が学生時代の下宿を思い出して詠んだという。思い出もすぐれた句材になる。(潔)

艸句会報:連雀(令和元年7月3日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「足、脚」

高点2句
カフェラテの泡ふはふはとパリー祭  岡崎由美子
くちなはを見し昂りの口すすぐ    加藤 弥子

バルコンに男と女凌霄花       飯田 誠子
キッチンに立つ足裏より梅雨の冷   春川 園子
青芝や「あんよは上手」手を打ちて  中島 節子
賽したる仏足石に蟻の列       加藤 弥子
さくさくのカレーコロッケ半夏生   坪井 信子
生来の大根足よ浜日傘        岡崎由美子
母よりの有松しぼり夕涼し      横山 靖子
ドリブルの脚の確かさゴール朱夏   束田 央枝
転ぶなよと言はれ続けてところてん  進藤 龍子
ぎしぎしや妣のノートに我が名あり  松本ゆうき
散り継げる栗の花紐空暗し      松成 英子
柚の花や張りある句評耳底に     矢野くにこ
脚立より葉付の枇杷を頂きぬ     田﨑 悦子
携帯の充電完了蚊遣の香       向田 紀子

(清記順)

一口鑑賞くちなはを見し昂りの口すすぐ」〜弥子さんの句。不意に蛇と遭遇し、立ちすくんだのだ。自宅の庭だろうか。興奮したまま屋内に逃げ込み、気持ちを落ち着かせようと、口をすすいだのである。蛇は音もなく去っていったのだが、その姿は脳裡から離れない。「口すすぐ」という措辞にリアリティーがあり、ゾクッとした感じをうまくとどめている。「さくさくのカレーコロッケ半夏生」〜信子さんの句。一読していい匂いが漂ってくるようだ。コロッケは揚げ立てで、熱々である。これを「半夏生」の日に食べたのである。夏至から11日目。この日は空から毒が降ると言われ、農家の人は野菜を食べず、農作業も休むという。のんびりしながら頬張るカレーコロッケは午後3時のおやつがいい。何とも美味しそう!(潔)

花暦句会報:すみだ(令和元年6月26日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点4句
十薬や母のメールの誤字脱字     山本  潔
いつしかに瀬音にまさる夕河鹿    岡戸 良一
昼酒の醒めやらぬまま夏至の夜    岡崎由美子
忍耐も人生の糧捩り花        髙橋 郁子

子が母の餌を付けをり金魚釣     山本  潔
五月雨や番傘の行く柳橋       大浦 弘子
引際を大事にせよとアマリリス    岡戸 良一
残されし古家守りて濃紫陽花     福岡 弘子
大西瓜叩いて撫でて抱きかかへ    工藤 綾子
息詰めて仕上ぐ写仏や梅雨灯     岡崎由美子
愛猫の棺に白き胡蝶蘭        長澤 充子
神水をボトルに入れて鴨足草     桑原さかえ
雨脚に耐へて真白き手毬花      貝塚 光子
沖縄の歴史を悼む梅雨の星      髙橋 郁子

(清記順)

一口鑑賞残されし古家守りて濃紫陽花」〜福岡さんの句。今は亡きご主人の親の代からの家だろうか。その家を守りながら暮らしている。今年も庭の紫陽花が色を濃くして咲いているなあ。そんな感慨を詠った。「残されし」には家だけではなく、自分自身も残されてしまったという思いを込めたのだろう。濃紫陽花が作者の心情を映している。「神水をボトルに入れて鴨足草」〜さかえさんの句。ここで言う「神水」は神域に湧き出る水。パワースポット巡りはちょっとしたブームになっていて、神聖な水を持ち帰る人もいるようだ。この句もそんな流行を詠んだだけかもしれないが、下五の「鴨足草(ゆきのした)」で景が広がった。夏の日陰の湿地に群生し、白い花を咲かせる。葉の形にちなんで「虎耳草(ゆきのした)」、冬に雪に埋もれても葉の緑が衰えないことから「雪の下」とも呼ばれる。(潔)

花暦句会報:東陽(令和元年6月22日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「プール」「水」

高点5句
水音は水に還らず夜のプール     飯田 誠子
糟糠の妻など御免冷奴        新井 洋子
草間彌生の水玉模様サングラス    堤  靖子
一杯の珈琲とジャズ熱帯魚      岡崎由美子
鰻屋の二階運河に開く窓       岡崎由美子

不治なると医師の宣告濃紫陽花    市原 久義
Gパンの破れもモダン サングラス   飯田 誠子
風落ちて梅雨のさ中の月明かり    貝塚 光子
卓の灯に草かげろふのみどり透く   岡戸 良一
高階の外はモノトーン梅雨荒し    堤  靖子
瀬戸内の島影幾つ青岬        長澤 充子
線香花火この一本の招く闇      浅野 照子
らんちうやシルクのごとくひるがへり 山本  潔
旗靡く浚渫船や五月晴        斎田 文子
競走馬のリハビリプール湯気満つる  安住 正子
肝心な場面は落丁虎が雨       新井 洋子
屋上よりプール開きの声降り来    岡崎由美子
水叩くばかりプールの一年生     野村えつ子
(清記順)

一口鑑賞水音は水に還らず夜のプール」〜誠子さんの句。「夜のプール」という静謐な場所における水音は一体どんな音だろう。誰かが一人で泳ぐ音かもしれない。あるいは水から人が上がるときの音かもしれない。あるいは屋内プールの天井から水滴が落ちる音かもしれない。「夜のプール」における音は昼間のそれとは違い、心に響いてくるのである。席題の「プール」「水」の両方を詠み込んで不思議な詩情を醸している。「草間彌生の水玉模様サングラス」〜靖子さんの句。「草間彌生」は今年90歳。水玉をモチーフにした作品は世界的な人気を誇り、「水玉の女王」と呼ばれている。揚出句は鮮烈な水玉模様とサングラスの二物衝撃によって斬新な夏の映像を立ち上がらせた。作者自身も予想していなかったような句が出来るから席題は面白い。(潔)

花暦句会報:若草(令和元年6月8日)

若草句会(中目黒会議室)
兼題「鰻」、席題「設」

高点3句
鰻重や苦手な祖母の親子丼      山本  潔
俎板に土用鰻のひとくねり      安住 正子
鰻裂く親爺の頬の刃物傷       新井 洋子

夏草に埋もるる人や畑仕事      廣田 健二
設計のミスか君んち黴の宿      松本ゆうき
街騒の抜け所なき梅雨の天      針谷 栄子
一雨すぎ房伸ばしをり青葡萄     石田 政江
色褪せし文学全集走り梅雨      岡戸 良一
空に書く艸(そうかう)の文字緑さす 新井 洋子
どくだみの花や日暮の切通し     飯田 誠子
設色す病院前の額の花        沢渡  梢
割箸は木曽の桧や冷さうめん     安住 正子
省エネの設定温度梅雨湿り      山本  潔

(清記順)

一口鑑賞俎板に土用鰻のひとくねり」〜正子さんの句。俎板の鰻がひとくねりしたところを詠んだ。ただの鰻ではない。「土用鰻」である。江戸中期、本草学者の平賀源内が鰻屋に頼まれて「土用の丑の日、鰻の日。食すれば夏負けすることなし」と書いたことが評判を呼んだという話は今に伝わる。この句の鰻もひとくねりの後、見事にさばかれて「土用鰻」になる。「設計のミスか君んち黴の宿」〜ゆうきさんの句。句意は「設計ミスでしょうか、君の家を黴の宿にしてしまったね」ということのようだ。なかなか諧謔が利いているが、作者自身が黴に向かって親しく語りかけていると読んだらどうだろう。「設計ミスかなぁ、ここが君の宿りになったね」。梅雨時に繁殖する黴はうっとおしいが、友達だと思えば少しは気分も落ち着くのではないか。おおらかに鑑賞することで、俳句の楽しさが増す。(潔)

花暦句会報:連雀(令和元年6月5日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「梅雨」一切

高点3句
太宰忌の街や焼き立てメロンパン   山本  潔
連結器噛み合うて梅雨深くしぬ    加藤 弥子
甚平や猫好きにして犬も好き     山本  潔

産土神の木立の奥の梅雨鴉      進藤 龍子
鯉跳ねて梔子の香を攫ひけり     坪井 信子
浮きたつも沈める色も城若葉     矢野くにこ
白服や父生涯の故郷(くに)訛    束田 央枝
卵抱く軽鴨に夕日の加勢あり     横山 靖子
新緑や絵画展出て華道展       中島 節子
色白の娘潮来の花菖蒲        飯田 誠子
桑の実や疎開の頃の日々思ふ     春川 園子
白あぢさゐ夕空軽くなりしかな    加藤 弥子
すれちがふバスの客みな梅雨の顔   山本  潔
父母の暮しつつまし帰省の夜     松本ゆうき
美術館の貸し出し日傘黒・黒・黒   向田 紀子
黒南風や飲屋の軒の換気扇      岡崎由美子
梅の実に銀の雫や雨上がる      田崎 悦子

(清記順)

一口鑑賞連結器噛み合うて梅雨深くしぬ」〜弥子さんの句。「連結器」は電車の車両と車両を結ぶ装置。かつては機関車や貨車の連結器が音を立てて繋がる場面がよく見られた。この句の「連結器」からは懐かしい光景が想起される。同時に「梅雨深くしぬ」と捉えた作者の感性に脱帽する。連結器という揺るぎのない素材と梅雨がよく合っている。昭和の映画の1シーンを見ているようだ。「白服や父生涯の故郷(くに)訛」〜央枝さんの句。「白服」が夏の季語。麻や木綿の白い生地はいかにも涼味を感じさせる。作者のお父様は白服がよく似合ったのだろう。この句には、記憶の中に焼き付いている白服の姿とともに、故郷の訛を貫いた父親への敬慕の情がにじみ出ている。気骨のある優しい人だったのだろう。(潔)

花暦句会報:東陽(令和元年5月26日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「片蔭」「石」

高点3句
日輪の溺るるほどに田水張る     野村えつ子
腰下ろす磐石を得る片かげり     野村えつ子
ゴムホースの塒をといて夏の芝    堤  靖子

対向の人とぶつかる片陰り      斎田 文子
緋牡丹に疲れたる目に白牡丹     新井 洋子
老鶯の長啼く谷の深さかな      長澤 充子
片陰や捨鶏鬨の声挙ぐる       安住 正子
遠き日の鄙の通ひ路麦の秋      岡戸 良一
肩胛骨ぐるりと回す初夏となる    貝塚 光子
焼け石に水の話や蕎麦焼酎      山本  潔
戯れに石積む川原半夏生       岡崎由美子
支へ合ふ二人の暮し冷蔵庫      野村えつ子
蟻走るシルクロードの狼煙台     浅野 照子
かたつむり急ぐことなき老いの日々  堤  靖子
観覧車港も煙る薔薇の雨       飯田 誠子

(清記順)

一口鑑賞腰下ろす磐石を得る片かげり」〜えつ子さんの句。席題「片蔭」「石」の両方を詠み込んだ。磐石というからには、しっかりとした大きな石がそこにあるはずだ。触ればひんやりとしている。炎天下にあっても片蔭は道行く人の憩いの場となる。都会では庭園でもこんな石のある場所を見つけるのはなかなか難しい。山歩きの好きな作者には、自然の中に思い当たる格好の片蔭があるのだろう。「腰下ろす磐石」「磐石を得る」という把握がお見事!「支へ合ふ二人の暮し冷蔵庫」〜これもえつ子さんの句。さりげない詠みっぷりの中に、仲睦まじい夫婦の姿が思い浮かぶ。食生活の中心にある冷蔵庫を媒介として、二人の会話も聞こえてきそうだ。(潔)

花暦句会報:すみだ(令和元年5月22日)

すみだ句会(すみだ産業会館)
席題「船」「橋」

高点3句
不器用に生きし人生古茶新茶     高橋 郁子
にぎやかに渡船着きけり行々子    加藤 弥子
朝靄に沈む湿原閑古鳥        貝塚 光子

贈るのも贈らるもなき母の日来    桑原さかえ
衣更へてよりの雨の日くもりの日   加藤 弥子
麦秋や石鹸の香の作業服       岡崎由美子
建仁寺垣めぐらす園や夏落葉     高橋 郁子
青葉冷え座布団の待つ無人駅     大浦 弘子
海峡大橋逆巻き荒ぶ夏の潮      長澤 充子
たらい船出払ふ佐渡の夏の海     工藤 綾子
緑風や令和ことほぐ馬車の音     貝塚 光子
青葉潮使命終へたる遠洋船      岡戸 良一

(清記順)

一口鑑賞青葉潮使命終へたる遠洋船」〜良一さんの句。日本列島の南岸を流れる暖流が黒潮。特に五月頃には、鹿児島の南から日向沖、土佐沖、伊豆沖を経て房総沖を北上する。漁師たちはいつしかこの流れを「青葉潮」と呼んだ。カツオはこれにのって北上する。潮の勢いが強く、北海道釧路沖まで到達するときは豊作になると言われる。この句は、遠洋船と青葉潮の取り合わせ。もはや役割を終えて引退する漁船を「使命終へたる」とさらりと叙したところが巧みだ。「青葉潮」の語感の瑞々しさとの対比で、そこはかとない寂しさが引き立つ。作者ならではの詩情が漂う一句。(潔)

花暦句会報:連雀(令和元年5月15日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「窓」

高点5句
ピアノ教室窓をふたえに棕櫚の花   加藤 弥子
短夜のひとりの生へ窓白む      安住 正子
浅草が揺れ神田が揺るる祭笛     安住 正子
夕薄暑かつて豆腐屋呼びし窓     岡崎由美子
花水木伊予に白寿の母祝ふ      中島 節子

冷奴何もせぬまま日の暮れて     岡崎由美子
上州の山を背ラに麦青し       田崎 悦子
母の日や子のきて磨く窓硝子     加藤 弥子
柿若葉八十路の胸を張りにけり    春川 園子
女客多きデパート夏来る       中島 節子
草の香の下に水音青葉闇       坪井 信子
夏きざす高窓の月ほの赤き      飯田 誠子
池の面の光を切りて蛇渡る      松成 英子
碑に眠る学徒らの名や薔薇赤し    矢野くにこ
新緑や方丈の窓開けられて      進藤 龍子
昇降機の小窓越しなる青嵐      向田 紀子
青嵐の虜となれり大欅        束田 央枝
ありがとうおかげさまです八十路首夏 横山 靖子
一と風に千の藤房応へけり      安住 正子

(清記順)

一口鑑賞夕薄暑かつて豆腐屋呼びし窓」〜由美子さんの句。昭和の頃の懐かしい光景である。夕暮れ時、豆腐屋が自転車でラッパを吹きながらやってくる。その音は「トーフー」と聞こえた。家の前を少し通り過ぎるくらいのタイミングで窓を開け、「お豆腐屋さ〜ん」と呼ぶと、待ってましたとばかりに止まる自転車…。作者は、今もある一つの窓を見てこんな記憶を呼び覚ましたのだろう。豆腐屋は1年中、売りに来ていたのかもしれないが、初夏の夕暮れが最も合う。「池の面の光を切りて蛇渡る」〜英子さんの句。夜の池だろうか。街灯の光か、あるいは月の光が映っている水面を蛇が横切ったのである。見ていた作者もハッとしたに違いない。「光を切りて」はまさに実感だろう。俳句では、眼前の一瞬の景を見逃さないことが大事だ。(潔)
プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。師系:舘岡沙緻、岸風三樓、富安風生。
『艸』は2019年夏季号で終刊となった『花暦』の後継誌です。2020年1月に季刊誌として創刊します。「艸」は「草」の本字であり、くさかんむりの原形です。二本の草が並んで生えているさまを描いた文字で、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
677位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
26位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR