花暦句会報:連雀(平成30年5月2日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「薄暑」

高点3句
下校児の何にふざけて柿若葉     中島 節子
細りたる玉川上水桜桃忌       松成 英子
八十八夜夜風の甘くなりにけり    加藤 弥子

アルプスの稜線映す代田かな     横山 靖子
暗がりに群れて金蘭明りかな     春川 園子
一門の集ふ師の忌や夏立ちぬ     束田 央枝
町川の瀬音ひろがる薄暑かな     田崎 悦子
牛の居ぬ牛小屋いまも逢長く     進藤 龍子
京劇の歌のもれくる牡丹かな     松成 英子
緑立つ園の要の女松         田村 君枝
風力発電の塔痩尾根に鳥曇      向田 紀子
窓丸きカプセルホテル愛鳥日     加藤 弥子
青空のありて動かぬ鯉のぼり     中島 節子
ベビーカー・杖・はと・交差点薄暑  坪井 信子
花粉症病院バス停人溜り       根本 莫生

(清記順)

一口鑑賞下校児の何にふざけて柿若葉」〜節子さんの句。下校する子どもたちがふざけ合っている。何が面白いのかは分からないが、楽しそうな姿や声は昔から変わらない。艶やかでまぶしい「柿若葉」との取り合わせにより、子どもたちの生き生きとした様子が見えてくる。「ベビーカー・杖・はと・交差点薄暑」〜信子さんの句。初夏の交差点の風景をたった17音で巧みにスケッチした。若いお母さんが押す「ベビーカー」の赤ちゃん。「杖」をつく紳士あるいは老婆。人々をよける「はと」。作者は何も言っていないのに、読み手の目には交差点の映像が自在に広がる。少し汗ばみながら、軽快に動ける「薄暑」の街。季語への信頼が生み出した一句。(潔)
(清記順)
 [ 2018/05/03 11:04 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:東陽(平成30年4月28日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「燕」「夏近し」

高点5句
時折は白き胸張る燕の子       安住 正子
一山の彩ふくらます山の藤      安住 正子
遅桜峡の奈落をバスの縫ふ      野村えつ子
ふんぎりのつかずしまひに残る鴨   野村えつ子
妻入の家並黒々軒燕         堤  靖子

遠山は白を残せり藍微塵       岡戸 良一
緑さす倶利伽羅峠軍議石       堤  靖子
ベビーカーを留める堤の若葉風    斎田 文子
味噌和への小鉢に春を惜しみけり   新井 洋子
街路樹の爽立つ揺れや夏隣      安住 正子
夢うつつ眠れぬうつつ花疲れ     貝塚 光子
吊橋の上下たくみに夏燕       浅野 照子
ビル街に育つ叢林燕来る       野村えつ子
岩つばめ急降下して日本海      長澤 充子

(清記順)

一口鑑賞時折は白き胸張る燕の子」〜正子さんの句。上五、中七の把握が素晴らしい。自宅の軒下だろうか。身近にある燕の巣をよく観察しているなと思う。「燕の子」は孵化から20日ほどで巣立ちを始める。成長した雛が大人びて見えた瞬間を、「時折は白き胸張る」と捉えたのである。燕に対する親しみに溢れている。「ふんぎりのつかずしまひに残る鴨」〜えつ子さんの句。こちらは「残る鴨」になぞらえて自分自身を詠んでいる。羽ばたこうと思っているのに、踏ん切りがつかないまま、また1年が過ぎていく。そんな思いだろうか。諧謔味を帯びた一句。(潔)
 [ 2018/04/29 11:02 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:すみだ(平成30年4月25日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点3句
擂粉木の音まろやかに暮の春    岡崎由美子
日がみがき雨が洗ひし新樹かな   工藤 綾子
小手毬の風に弾むよ隠れんぼ    貝塚 光子

ステンドグラス填めし新駅燕来る  加藤 弥子
啄木忌雨の砂場の忘れもの     岡戸 良一
きちきちと絞る手拭昭和の日    岡崎由美子
めまとひや堂一隅に女人堂     高橋 郁子
城跡の夜空明るく椎若葉      貝塚 光子
矢車の喜び廻る峡の空       工藤 綾子
春宵や祢宜の爪弾く古代琴     桑原さかえ
師の色紙遺さる館新樹光      長澤 充子
(清記順)

一口鑑賞小手毬の風に弾むよ隠れんぼ」〜光子さんの句。小手毬は垂れ下がった枝に、白い五弁の花が球形に集まって咲く。風が吹くと、まるで鞠が弾んでいるように見える。この句は上五と中七だけではごく当たり前の景だが、下五の「隠れんぼ」で一気に世界が広がった。都会の公園だろうか。隠れんぼをして遊ぶ子どもたちの生き生きとした姿が目に浮かぶ。「春宵や祢宜の爪弾く古代琴」〜さかえさんの句。「祢宜(ねぎ)」は神職の総称。厳かな儀式の最中だろうか。古代琴の音色を想像するだけで歴史的なロマンが感じられる。「春宵」という情感に満ちた時間帯に聴けばなおさらだろう。(潔)
 [ 2018/04/28 11:08 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:若草(平成30年4月14日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「春深し」 席題「食一切」

高点4句
蒼穹の針の穴より雲雀落つ        新井 洋子
春闌くや辞書の重さと麩の軽さ      坪井 信子
ローランサンの水色が好き春ショール   森永 則子
田楽や小酌といふ句座帰り        岡戸 良一

春陰や友の不在の句座にあり       森永 則子
市役所へ転入届初燕           針谷 栄子
楤の芽の天ぷら君の誕生日        飯田 誠子
校了のほつと息つぐ暮の春        岡戸 良一
オルゴールゆつくりと止み春深し     加藤 弥子
のどけしやまなじりゆるむいしぼとけ   坪井 信子
筍飯にぎりて厚き大きな手        石田 政江
眉月の野にひと本の滝桜         新井 洋子

(清記順)

一口鑑賞蒼穹の針の穴より雲雀落つ」〜洋子さんの句。雲雀は空高く昇ることで縄張りを主張しているという。そこから一転して急降下するのが「落雲雀」。作者は、青空に舞い上がった雲雀がまるで針の穴のように小さな点になった瞬間、急降下するところを見たのである。写生の醍醐味を感じさせる一句。「ローランサンの水色が好き春ショール」〜則子さんの句。マリー・ローランサンはフランスの女性画家。1883年生まれ。1920年代に水色やピンクなどの淡いパステルカラーを用いた少女像が人気を博した。この句は、春の到来を喜ぶ作者の自画像と言っていい。ふわりと首に巻いた水色の春ショールはなんともおしゃれで清々しい。(潔)
 [ 2018/04/16 22:46 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:連雀(平成30年4月4日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「四月馬鹿」

高点2句
  市原久義様
とく癒えよと祈るばかりや松の芯  加藤 弥子
計らずも四月馬鹿なり退院す    中島 節子

墨汁を派手にこぼして四月馬鹿   春川 園子
単線のホーム短く諸葛菜      向田 紀子
激動の昭和は彼方陽炎へる     坪井 信子
夢いかにつつむ夕べのチューリップ 加藤 弥子
万愚節恋占ひのカード切る     飯田 誠子
四月馬鹿味噌汁焦がす一人の餉   束田 央枝
白寿までただ恙なく四月馬鹿    田崎 悦子
たんぽぽ咲く空地に隣る古墳域   根本 莫生
ささめきて流れる野川猫柳     田村 君枝
父と子としやがみて何を汐干潟   中島 節子
四月馬鹿本音ちらりと透けてをり  松成 英子
水神は小振りにおはす芹の水    進藤 龍子
身のうちの目覚めうながす初音かな 横山 靖子

(清記順)

一口鑑賞とく癒えよと祈るばかりや松の芯」〜弥子さんの句。前書きの市原氏に対し、まず上五で「早く治ってください」と呼び掛けた。続けて中七で「そう祈るばかりです」と一段と強く呼び掛け、最後は「松の芯」で結んだ。松の新芽は真っ直ぐ天に向かって伸びる。この句では祈る気持ちを示すとともに、市原氏の人柄になぞらえている。沙緻師亡き後の「花暦」誌の編集を担い、句会を続ける原動力となっているのが市原氏。先ごろ不慮の交通事故に遭い、入院中。「とく癒えよ」は皆の切なる願い。「水神は小振りにおはす芹の水」〜龍子さんの句。「芹」は春の七草の一つ。お浸しにしたり、お吸い物に添えたり、ご飯に炊き込んだりして香を楽しめる。芹の生える水辺に立つ作者の目に水神が目に止まった。龍の像か、河童の像か。あるいは本物の蛇がいたのかもしれない。いずれにしてもそれを「小振り」と見て取ったのは一つの成果。さすがは大ベテランの写生句。(潔)
 [ 2018/04/07 09:39 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:すみだ(平成30年3月28日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点3句
骨片のやうな貝殻春の波     岡崎由美子
陽炎や山ふところに眠る父母   岡田須賀子
寂しさは心のほつれ桜冷え    工藤 綾子

満開の花の愁ひを仰ぎけり    加藤 弥子
下町のビル化目にして目刺焼く  岡田須賀子
花吹雪句座に亡き師の現れさう  岡崎由美子
桜追ふ太宰をおふて五能線    貝塚 光子
大奥跡庶民集ひて春爛漫     桑原さかえ
老幹の花に来し方よみがえる   高橋 郁子
魅了さる薔薇の作句の射程距離  工藤 綾子
職退くと決めしこの道鳥雲に   岡戸 良一
湯殿へと渡り廊下の花明り    長澤 充子
おにぎりのセロハン破る春寒し  大野ひろし
(清記順)

一口鑑賞骨片のやうな貝殻春の波」〜由美子さんの句。誰しも砂浜を歩いていて、人骨のかけら?と思わせる形の貝殻を見つけた経験があるだろう。この句は、一瞬ドキッとするような体験をさりげなく詠んでいる。明るく穏やかな「春の波」に、心が救われる。東日本大震災の津波にのまれた海岸ではこれまで定期的に行方不明者の捜索が行われていたが、この春で打ち切られることになった。そんなことも、作者の脳裏にはあったのかもしれない。「おにぎりのセロハン破る春寒し」〜ひろしさんの句。春寒の候、コンビニで買ったおにぎりのセロハンを勢いよく破ったのである。上手く破らないと、海苔が千切れてしまうことがある。冷たいままのおにぎりと包装材としてのセロハンの組み合わせが妙にマッチしていて面白い。セロハンはパルプから作られる。(潔)
 [ 2018/03/31 10:52 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:東陽(平成30年3月24日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「春雷」「草」

高点3句
野を焼くや人は戦火を繰り返し   野村えつ子
春雷や議事堂あたり騒がしき    安住 正子
春雷や紐金色に吊し香       飯田 誠子

摘草やときに眼で追ふ渡し舟    岡戸 良一
熱の身に音の近づく春の雷     堤  靖子
師の忌来る春の屏風に一茶の句   長澤 充子
姉癒えよ雨に上むく紫木蓮     貝塚 光子
高速を曲がり花菜の精となる    浅野 照子
春一番絵馬総立ちとなりにけり   野村えつ子
咲き満ちし花に逢魔の刻のあり   安住 正子
母の忌の小町椿の白極む      飯田 誠子
右往左往する白魚の眼の確と    新井 洋子
杣村の水の溜り場座禅草      斎田 文子

(清記順)

一口鑑賞春雷や議事堂あたり騒がしき」〜正子さんの句。今の句として読めば、森友学園をめぐる財務省決済文書改ざん問題が念頭にあるのは明らか。俳句で時事問題を題材にするのは難しいが、「議事堂あたり」と、政治を俯瞰した表現に滑稽味が感じられる。朝日新聞の特ダネが出たのは啓蟄前の3月2日。啓蟄の頃に鳴る雷は「虫出し」と言われる。この句の「春雷」はまさに安倍政治の「虫出し」かもしれない。「野を焼くや人は戦火を繰り返し」〜えつ子さんの句。野焼の光景を前に、戦争を繰り返してきた人類の歴史に想いを馳せているのだろうか。米国、中国、ロシア。国際社会は今、大国が再び帝国主義に走り出している。そんな世界を俯瞰し、作者は不安な気持ちを抑え切れずにいる。(潔)
 [ 2018/03/25 10:23 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:若草(平成30年3月10日)

吟行:杉並区荻窪の太田黒公園・角川庭園
句会:杉並詩歌館

席題 「三月十日」「啓蟄」「水草生ふ」「歩」「縞」

高点2句
三月十日の句座江東の師を偲ぶ   岡戸 良一
啓蟄や園に石橋石畳        新井 洋子

田一枚なめるがごとく芹摘みぬ   石田 政江
三月十日水琴窟の水の声      針谷 栄子
啓蟄や館に響くピアノ音      森永 則子
春の池波紋の縞を畳みけり     新井 洋子
ゆく水のおのづと光り水草生ふ   加藤 弥子
水草生ふはや色を見せ鯉の稚魚   市原 久義
葉脈の数を数へて桜餅       廣田 健二
鷹鳩と化し俳三昧の歩を進む    岡戸 良一
三月十日竹林の狂ほしき揺れ    坪井 信子

(清記順)

一口鑑賞三月十日の句座江東の師を偲ぶ」〜良一さんの句。今や3月といえば、東日本大震災・原発事故の「3・11」が鎮魂の日だが、昭和20年3月10日に東京の下町はB29を主力とする米空軍による大空襲を受けた。死者10万人とも言われる悲劇の日は「三月十日」という季語になった。故舘岡沙緻師は、戦災から復興した下町の暮らしをこよなく愛した。「水草生ふはや色を見せ鯉の稚魚」〜久義さんの句。水温むころの池には、さまざまな水生植物が生えてくる。水中を覗いていると、鯉の稚魚も現れた。よく見れば、稚魚も色付いている。見たものを感じたままに詠んだ。俳句は観察から入り、描写によって一句を成す。(潔)
 [ 2018/03/11 08:34 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:連雀(平成30年3月7日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「桃の花」

高点2句
庭中の梅咲くころか兜太亡き   坪井 信子
けふよりは後期高齢桃の花    中島 節子

友失せてぼやく米寿の君に春   根本 莫生
鳥曇身辺整理捗らず       束田 央枝
湾は春ヨットの動き遅々として  春川 園子
春眠の瞼に雨を聞いてをり    加藤 弥子
春愁や帰宅の椅子に背凭れて   中島 節子
駄菓子屋の店守る媼つばめ来る  田村 君枝
高みより甲斐の里曲の桃の花   進藤 龍子
夫の残せし本の赤線夜半の春   横山 靖子
塀の隙より蒲公英の黄の力    田崎 悦子
菜の花の黄が吹きとばす愁ひかな 坪井 信子
若き母を泣かせし記憶桃の花   岡崎由美子
江の電の大曲りして軒に春    向田 紀子
どの家も桃を咲かせる桃の里   飯田 誠子
水車まはる小川に続く蜷の道   松成 英子

(清記順)

一口鑑賞庭中の梅咲くころか兜太亡き」〜信子さんの句。2月20日に死去した金子兜太への追悼句。兜太の代表句「梅咲いて庭中に青鮫が来ている」を踏まえたのは明らか。「庭中の梅」という措辞は抑制が効いている。たったそれだけで読み手の目に「青鮫」が浮かぶのは、兜太の句の喚起力が強いからだろう。伝統、革新の違いを超えて、多くの俳人が兜太の死を悼んでいる。「湾は春ヨットの動き遅々として」〜園子さんの句。動いているのか、止まっているのか分からないヨットを眺めている。ヨットは夏の季語だが、上五で「湾は春」と言い切っており、季が重なった感じはない。むしろ、春のきらきらとした湾に浮かぶヨットの感じを、下五の「遅々として」で上手く言い表している。(潔)
 [ 2018/03/10 12:23 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:すみだ(平成30年2月28日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点3句  
  兜太逝く
幻のおおかみ追つて春星に    岡崎由美子
針穴に春の光を通しけり     工藤 綾子
せせらぎは己を囃し温みけり   加藤 弥子

春風や楽器ケースを背に少女   岡戸 良一
逸早くこぼれ日捉へ迎春花    工藤 綾子
並ぶ人に間一髪やしずり雪    桑原さかえ
浅春や土竜の上げし土の艶    加藤 弥子
椿の枝揺らし落つるや春の雪   大野ひろし
群れ鳩の白き一羽や三月十日   岡田須賀子
花鳥となりしインコの梢に群れ  貝塚 光子
如月の光をかへす聖橋      岡崎由美子
よく笑ふ嬰の歯覗く二月尽    高橋 郁子
蒲公英や幟の傾ぐ分譲地     市原 久義
大川の水門開く水の春      長澤 充子

(清記順)

一口鑑賞針穴に春の光を通しけり」〜綾子さんの句。窓に注ぐ春の日差しを受けながら、縫い物をするところだろうか。老眼で針になかなか糸が通らないもどかしさを感じつつ、ふと光に包まれた一瞬。糸よりも先に春の光が針の穴を通ったのである。感受性豊かな作者の一句。「せせらぎは己を囃し温みけり」〜弥子さんの句。春が来た上水の散歩。立ち止まってせせらぎを見つめている。水の流れる音に意識が集中していく。まるでお囃子のように賑やかだ。こうして水が温んでいくんだという把握はお見事!(潔)
 [ 2018/03/01 08:41 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)
プロフィール

花暦

Author:花暦
『花暦』俳句会のWeb版。
師系・舘岡沙緻、富安風生、岸風三樓。
「人と自然の内に有季定型、写生第一、個性を詠う」をモットーに活動しています。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3087位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
73位
アクセスランキングを見る>>
花暦カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QR