花暦句会報:連雀(平成30年3月7日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「桃の花」

高点2句
庭中の梅咲くころか兜太亡き   坪井 信子
けふよりは後期高齢桃の花    中島 節子

友失せてぼやく米寿の君に春   根本 莫生
鳥曇身辺整理捗らず       束田 央枝
湾は春ヨットの動き遅々として  春川 園子
春眠の瞼に雨を聞いてをり    加藤 弥子
春愁や帰宅の椅子に背凭れて   中島 節子
駄菓子屋の店守る媼つばめ来る  田村 君枝
高みより甲斐の里曲の桃の花   進藤 龍子
夫の残せし本の赤線夜半の春   横山 靖子
塀の隙より蒲公英の黄の力    田崎 悦子
菜の花の黄が吹きとばす愁ひかな 坪井 信子
若き母を泣かせし記憶桃の花   岡崎由美子
江の電の大曲りして軒に春    向田 紀子
どの家も桃を咲かせる桃の里   飯田 誠子
水車まはる小川に続く蜷の道   松成 英子

(清記順)

一口鑑賞庭中の梅咲くころか兜太亡き」〜信子さんの句。2月20日に死去した金子兜太への追悼句。兜太の代表句「梅咲いて庭中に青鮫が来ている」を踏まえたのは明らか。「庭中の梅」という措辞は抑制が効いている。たったそれだけで読み手の目に「青鮫」が浮かぶのは、兜太の句の喚起力が強いからだろう。伝統、革新の違いを超えて、多くの俳人が兜太の死を悼んでいる。「湾は春ヨットの動き遅々として」〜園子さんの句。動いているのか、止まっているのか分からないヨットを眺めている。ヨットは夏の季語だが、上五で「湾は春」と言い切っており、季が重なった感じはない。むしろ、春のきらきらとした湾に浮かぶヨットの感じを、下五の「遅々として」で上手く言い表している。(潔)
 [ 2018/03/10 12:23 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:すみだ(平成30年2月28日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点3句  
  兜太逝く
幻のおおかみ追つて春星に    岡崎由美子
針穴に春の光を通しけり     工藤 綾子
せせらぎは己を囃し温みけり   加藤 弥子

春風や楽器ケースを背に少女   岡戸 良一
逸早くこぼれ日捉へ迎春花    工藤 綾子
並ぶ人に間一髪やしずり雪    桑原さかえ
浅春や土竜の上げし土の艶    加藤 弥子
椿の枝揺らし落つるや春の雪   大野ひろし
群れ鳩の白き一羽や三月十日   岡田須賀子
花鳥となりしインコの梢に群れ  貝塚 光子
如月の光をかへす聖橋      岡崎由美子
よく笑ふ嬰の歯覗く二月尽    高橋 郁子
蒲公英や幟の傾ぐ分譲地     市原 久義
大川の水門開く水の春      長澤 充子

(清記順)

一口鑑賞針穴に春の光を通しけり」〜綾子さんの句。窓に注ぐ春の日差しを受けながら、縫い物をするところだろうか。老眼で針になかなか糸が通らないもどかしさを感じつつ、ふと光に包まれた一瞬。糸よりも先に春の光が針の穴を通ったのである。感受性豊かな作者の一句。「せせらぎは己を囃し温みけり」〜弥子さんの句。春が来た上水の散歩。立ち止まってせせらぎを見つめている。水の流れる音に意識が集中していく。まるでお囃子のように賑やかだ。こうして水が温んでいくんだという把握はお見事!(潔)
 [ 2018/03/01 08:41 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:東陽(平成30年2月24日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「猫の恋」「芽一切」

高点4句
明日あるを信じてものの芽のほぐる  野村えつ子
夭折も天寿もありて落椿       野村えつ子
しあはせと思ふ幸せ雛飾る      浅野 照子
恋猫に銀座八丁広からず       安住 正子

野良猫の恋バルコンのペルシャ猫   新井 洋子
退屈な風の素通り犬ふぐり      安住 正子
一山のものの芽のこゑ鐘の声     岡戸 良一
春めくや公園に鳩と老人と      堤  靖子
銀ぶらへふはりひと巻き春ショール  飯田 誠子
欄干に触るる柳の芽吹きかな     斎田 文子
恋猫の声明兜太逝かれしと      市原 久義
兜太逝き狩行引退木の芽どき     浅野 照子
梅白し料亭の庭清められ       長澤 充子
流氷に秘めし色あり空の青      貝塚 光子
通り抜け禁止の路地の猫の恋     野村えつ子
(清記順)

一口鑑賞恋猫に銀座八丁広からず」〜正子さんの句。春が来て発情した猫が銀座を舞台に繰り広げる恋物語。行動範囲も広がり、8丁目まである銀座も恋猫にとっては決して広くない。長年、数寄屋橋の新聞・雑誌スタンドで仕事をしていた作者にとって銀座は庭のようなもの。そういえばスタンドにも時々、猫がやって来た。ふられたくせにハイソな雰囲気のやつがいたかと思えば、築地辺りまで遠征してきたような妙に魚臭いやつもいた。「兜太逝き狩行引退木の芽どき」〜照子さんの句。現代俳句の雄、金子兜太氏が2月20日に亡くなった。一方、伝統俳句の大御所、鷹羽狩行氏は今年末に「狩」を終刊する。春の木の芽を眺めながら、世代交代のときを迎えた俳壇への感慨が込められている。(潔)
 [ 2018/02/25 11:37 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:若草(平成30年2月10日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「冴返る」、席題「手・掌」

高点3句
手の甲の血管あらは建国日     坪井 信子
生命線深き掌に置く桜餅      新井 洋子
如月やガラス細工の肌の泡     針谷 栄子

浅春の高血圧といふ魔物      坪井 信子
バレンタイン追憶の日の苦味とも  岡戸 良一
淀みにも渦を巻きゐて水温む    山本  潔
折りあげし手裏剣飛ばし春炬燵   森永 則子
風船の二つ双子の乳母車      新井 洋子
無人スタンドに計る手秤寒卵    飯田 誠子
太陽を手でおさへ冬晴れの朝    石田 政江
印結ぶ指冴返る菩薩像       廣田 健二
黒服に払ふ猫の毛冴返る      針谷 栄子
福豆を捕らむと伸ぶる衆生の手   市原 久義
赤き袱紗の手捌きしかと梅真白   加藤 弥子

                      (清記順)

一口鑑賞手の甲の血管あらは建国日」〜信子さんの句。席題「手・掌」で詠まれ、互選で圧倒的な指示を受けた。手の甲にくっきりと浮き出た血管と「建国記念の日」が持つ歴史的な重みとの取り合わせの妙というべきか。また、2月11日頃の寒さを思うと、血圧の高い人などは健康面でも不安を覚える時期。血管を見つめる作者の健康への思いがにじみ出ているのではないか。「太陽を手でおさへ冬晴れの朝」〜政江さんの句。よく晴れた冬の朝は、大気が乾いて冴えわたり、お日様が眩しい。作者は思わず手で日差しを遮ったのだが、太陽を「押さえた」と感じたのである。日常の何気ない動作も詩になるのが俳句。手の平には太陽の熱が伝わってきたはずだ。(潔)
 [ 2018/02/12 16:51 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:連雀(平成30年2月7日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「寒明け」

高点2句
まつすぐな箒目にある余寒かな   加藤 弥子
刻々と月欠くる夜の凍てにけり   進藤 龍子

とことこと児は歩き初め寒明くる  進藤 龍子
天頂に皆既月食睦月果つ      向田 紀子
寒明けの農大の山羊高鳴けり    束田 央枝
皆既月蝕物干台に着ぶくれて    中島 節子
帰り来て沈丁の香に灯をともす   松成 英子
寒明けや鎌倉の海風尖る      飯田 誠子
春光や墓碑の「無」の字の彫り深し 田村 君枝
撒く豆をぼそぼそつまみコップ酒  根本 莫生
雪降るや閉づることなきこけしの瞳 加藤 弥子
白鳥の声を聞きつつ床に入る    横山 靖子
嗽して喉元ちぢむ寒の明け     坪井 信子
寒梅に青空の無垢ありにけり    矢野くにこ
女正月長距離電話三姉妹      田崎 悦子
はだれ雪畑に転がる猫車      春川 園子

                      (清記順)

一口鑑賞撒く豆をぼそぼそつまみコップ酒」〜莫生さんの句。節分の夜、作者はコップ酒を飲みながら、豆をつまんでいるのである。撒くつもりで豆を買ったものの、日が暮れたら面倒になったのだろう。独り暮らしで「鬼は外、福は内」と叫ぶのも気恥ずかしい。とりあえず、コップ酒を開けた。そうこうするうちに豆に手が伸びる。こんなふうにして節分の夜は過ぎていく。「ぼそぼそ」にそこはかとない寂しさが表れている。「帰り来て沈丁の香に灯をともす」〜英子さんの句。早春の夕暮れ時、玄関の照明が沈丁花の香りを一層浮き立たせた。「沈丁の香の灯をともす」としてみたらどうだろう。灯そのものが沈丁の香となって空間に広がる。(潔)
 [ 2018/02/08 23:13 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:東陽(平成30年1月27日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「寒雀」「道」

高点3句
海に日の道を伸ばして初日の出   野村えつ子
群れてゐることの安らぎ寒雀    野村えつ子
極寒の息を吐き出す室外機     市原 久義

羅漢槙の懐たのむ寒雀       市原 久義
遠き日の父の背中や凝鮒      岡戸 良一
玻璃越しの音の消えゆく雪の町   飯田 誠子
あわただしき日々の静まる雪の夜  堤  靖子
水仙や岬は硬き風ばかり      斎田 文子
隣まで喜々と雪掻く北育ち     貝塚 光子
一人居の繰り戸の軋み寒の暮    長澤 充子
城囲む松の貫禄去年今年      野村えつ子
湯豆腐の煮えばなの揺れ掬ひたる  新井 洋子

                      (清記順)

一口鑑賞極寒の息を吐き出す室外機」〜久義さんの句。室外機というと、夏に熱風を吹き出している印象が強いが、冬はせっせと冷気を吐き出している。試しにベランダに出て室外機の前に手を伸ばしてみたら、まさに「極寒の息」であった。冬に室外機を詠むなんて、さすがは元エンジニア。「一人居の繰り戸の軋み寒の暮」〜充子さんの句。冬の夕暮れ時、一人で家にいると、妙な音を聞くことがある。作者は繰り戸の軋む音を聞いた。ただそれだけのことなのだが、冬の日が落ちる時間帯に、急に不安や寂しさを覚える気持ちが詠い込まれている。(潔)
 [ 2018/01/28 10:25 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:すみだ(平成30年1月24日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点3句
雪積むや鉄のにほひの非常口      加藤 弥子
連山の裏はふいごか寒夕焼       加藤 弥子
癒えし身の試歩は産土初天神      高橋 郁子

冬菊の冬菊として刈らずおく      工藤 綾子
醬油さす下仁田葱の甘さかな      桑原さかえ
手書なる白寿の叔母の賀状かな     福岡 弘子
雪晴の畑に突き出る棒の先       岡崎由美子
能面のふくみ笑ひや寒灯下       加藤 弥子
藍染めの法被下ろして初太鼓      大野ひろし
あら玉の紅ひく喜寿の心意気      長澤 充子
雪晴れて光の匂ふ朝かな        岡戸 良一
ちやんちやんこもう意志通す男の子   高橋 郁子
プラントの灯り煌煌年明くる      市原 久義
転けぬよう老夫(つま)と腕組む初大師 貝塚 光子
背筋から奇声飛び交ふ寒稽古      岡田須賀子

                        (清記順)

一口鑑賞連山の裏はふいごか寒夕焼」〜弥子さんの句。「ふいご(鞴)」は風を送りだして火をおこす皮製の袋。鍛冶屋や鋳物屋などが用いる。冬の連山を染める夕焼は精錬の火のように美しい。風を受けた炭火が赤々となる様子を思い浮かべてみてもいい。この句は、自然の織りなす景に「鞴」という道具をぶつけたところが巧みだ。「背筋から奇声飛び交ふ寒稽古」〜須賀子さんの句。剣道だろうか。厳しい寒さの中、剣士が稽古に励んでいる。気合とともに発する奇声が飛び交う。声はピンと伸びた背筋が聞こえてくるのだ。(潔)
 [ 2018/01/27 15:13 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:若草(平成30年1月13日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「虎落笛」、席題「初鏡」
   

高点3句
虎落笛新任の地の駅頭に     岡戸 良一
心音か時計の音か雪催      坪井 信子
人恋ふや人無き里の虎落笛    市原 久義

ひととせに心めぐらす初湯かな  廣田 健二
まだ生きる力をしかと七日爪   岡戸 良一
糶終へしトロ箱の山虎落笛    飯田 誠子
鏡餅礼に始まる豆剣士      新井 洋子
松過ぎし厨の隅の一升瓶     岡崎由美子
ネクタイの幾何学模様初鏡    市原 久義
新築の戸ごとの明かり家の春   森永 則子
蠟梅の一枝を鼻で迎へけり    加藤 弥子
屋上の三百六十度の淑気     坪井 信子
ひと日なほひと年疾き柚子湯かな 針谷 栄子

                     (清記順)

一口鑑賞虎落笛新任の地の駅頭に」〜良一さんの句。サラリーマン時代の思い出だろうか。新任の地に降り立って聞く虎落笛(もがりぶえ)とは、思わず首をすくめたに違いない。冬の強い風が柵や竹垣に吹き付けてヒューヒューと音を立てるのが虎落笛。「もがる(虎落る・強請る)」には「逆らう」「いやがる」という意味もある。「糶終へしトロ箱の山虎落笛」〜誠子さんの句。市場の糴(せり)が終わり、空になったトロ箱が山と積まれている。築地に住む作者にとっては、見慣れた光景でも、虎落笛によって情景は一変する。市場にいつもとは違う寂しさが漂う。(潔)
 [ 2018/01/14 12:03 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:連雀(平成30年1月10日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「松過ぎ」

高点4句
飼鳥の鋭き一声も御慶かな      向田 紀子
平成の想いの深きお正月       進藤 龍子
吾の帰り待つ人のなし冬薔薇     束田 央枝
松過ぎて常にもどりし皿の数     加藤 弥子

松過ぎの日差しに棚のうす埃     中島 節子
竜の玉十七文字転がして       矢野くにこ
HBの鉛筆硬し初句会        根本 莫生
松過ぎの風の素通る裏鳥居      坪井 信子
春着脱ぐ少し寂しき老の胸      田村 君枝
松過ぎて賑はい去りて一人膳     田崎 悦子
松過ぎの塗椀みがく紅絹(もみ)の布  松成 英子
年輪の皺もめでたし初鏡       加藤 弥子
古今集の恋歌一首筆はじめ      春川 園子
杖置いて神の鈴振る初詣       進藤 龍子
幾年や此処武蔵野の初句会      束田 央枝

                       (清記順)

一口鑑賞飼鳥の鋭き一声も御慶かな」〜紀子さんの句。「御慶」は新年に述べる祝辞。ふだんから顔を合わせている間柄でも改まってお祝いの言葉を交わすことでめでたさを覚える。作者は、元旦に飼鳥が発した鋭い声も「御慶」と受け止めたのである。インコだろうか、オウムだろうか。めでたい気分になっている人間界の空気を、鳥自身も感じたのかもしれない。「鋭き一声」に荘厳な感じがこもっている。「松過ぎの日差しに棚のうす埃」〜節子さんの句。兼題「松過ぎ」で詠まれた一句。きれいに掃除をして迎えた正月も松の内を過ぎる頃には普通の生活が戻ってくる。作者は棚の埃を目にした瞬間、日常へ戻るのと同時に、そこはかとない寂しを感じたに違いない。(潔)
 [ 2018/01/13 12:28 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)

花暦句会報:東陽(平成29年12月23日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「天皇誕生日」「数へ日」

高点3句
長命水筧にあふれ天子の日      野村えつ子
ポインセチア離れて暮らす妻のこと  山本  潔
数へ日の本返し本借りて来る     堤  靖子

子を抱くやうに白菜かかへたる    新井 洋子
信号待ちのサンタに出会ふ大手町   浅野 照子
離れては相寄る柚子を檜の湯     岡戸 良一
寒靄の杜に鳥語のかまびすし     安住 正子
淡き日を集めて淡し冬桜       野村えつ子
天皇の日の日本晴なる松広場     貝塚 光子
枯蔓や明治を醸す酒の蔵       飯田 誠子
朝の日に霜の輝く草千里       長澤 充子
天皇誕生日部屋の中まで日の届く   堤  靖子
指揮棒と弓の躍動年暮るる      市原 久義
茶の花や明治生れの座りだこ     斎田 文子
闇鍋や風評もぐつぐつ煮えよ     山本  潔

                       (清記順)

一口鑑賞長命水筧にあふれ天子の日」〜えつ子さんの句。「天子」は皇帝や天皇の別号。「天子の日」といえば「天皇誕生日」のことで、古い歳時記には載っているという。この句は「長命水が筧にあふれている」と言っているだけなのに、「天子の日」と見事に響き合っている。今年は天皇陛下が生前退位の意向を示され、有識者会議の議論を経て2019年4月30日の退位が決まった。今上天皇を思いやる作者の気持ちが「長命水」に満ちている。「淡き日を集めて淡し冬桜」〜この句もえつ子さんの作。冬桜は春の桜よりも小ぶりでひそやかに咲く。淡い光をまとった感じを巧みに詠んだ。いまは亡き沙緻師とともに桜山(群馬県藤岡市)を吟行したことが懐かしく思い出される。(潔)
 [ 2017/12/24 18:03 ]  俳句 | TB(0) | コメント(0)
プロフィール

花暦

Author:花暦
『花暦』俳句会のWeb版。
師系・舘岡沙緻、富安風生、岸風三樓。
「人と自然の内に有季定型、写生第一、個性を詠う」をモットーに活動しています。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
59位
アクセスランキングを見る>>
花暦カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QR