FC2ブログ

艸句会報:若草(令和3年6月12日)

若草句会(亀有 ギャラリー・バルコ)
兼題「蛇の衣」

高点1句
お持たせのどら焼なれば古茶を濃く  市原 久義

椅子三つ余りしままに夏来る     吉﨑 陽子
ががんぼになりて道後の湯に浮かぶ  松本ゆうき
暑き日の真昼やカメレオンの黙    坪井 信子
夏草やインコの墓の当たり棒     沢渡  梢
蛇の衣寺の大樹の真暗闇       新井 紀夫
神木に向けぬ尾の先蛇の衣      針谷 栄子
新茶汲む古りし湯呑の箆の痕     市原 久義
蟻地獄音なく砂の動きけり      安住 正子
小梅採る夕日の中に夫のゐて     石田 政江
火蛾闇を食ひちぎらむと夜の市場   山本  潔
青嵐空の混み合ふ副都心       新井 洋子
蟻塚や賢く生きること難し      飯田 誠子
天上の友と語らん燕子花       岡戸 林風


【一口鑑賞】お持たせのどら焼なれば古茶を濃く」久義さんの句。どら焼は日本人のポピュラーなお菓子である。人気アニメの主人公、ドラえもんの大好物としても知られる。この句は、お客さんがお土産に持ってきてくれたどら焼を早速いただこうというのだが、「古茶を濃く」に作者の気持ちが感じられる。「古茶」も夏の季語。気に入っているお茶と好物のどら焼を前に気心の知れた来客との会話が弾む。「夏草やインコの墓の当たり棒」梢さんの句。子どもの頃の思い出だろうか。かわいがっていたインコが死んでしまい庭に埋めたのである。アイスキャンディーの「当たり」のマークが付いた棒を立ててお墓の目印にした。少女にとっては宝物のような「当たり棒」だったが、インコを弔う純真な心を代弁しているようだ。「夏草や」の切れが場面を浮き立たせる。(潔)

艸句会報:連雀(令和3年6月)

連雀通信句会

高点2句
十薬やお薬師様の処方箋       飯田 誠子
北上川の蛇行緩やか夏つばめ     安住 正子

山法師命つないで今年また      春川 園子
地球儀のグリーンランドを射る西日  坪井 信子
遠郭公誰を呼ぶのかけふもまた    束田 央枝
夜濯のマスクを吊す鴨居かな     岡崎由美子
浄瑠璃の人形の泣く虎が雨      松成 英子
梅雨入りや湯煙しみる上別府     渕野 宏子
畳屋の片付いてゐる走り梅雨     安住 正子
葉桜を愛でし人亡き石灯籠      横山 靖子
カヌー漕ぐ子らのオールの儘ならず  中島 節子
空蟬に草の匂ひのありにけり     飯田 誠子
梅雨曇はらから遠くなりしかな    進藤 龍子
辰雄忌の白薔薇に佇つ少女かな    山本  潔
後悔やそつぽ向きたる供花の百合   向田 紀子

(清記順)

【一口鑑賞】地球儀のグリーンランドを射る西日」信子さんの句。ご主人の仕事で若い頃には西アフリカで暮らしていた作者。一人暮らしとなったいまも夢は世界を駆け巡るのだろう。コロナ禍で引きこもりの生活を強いられるなか、地球儀はさまざまな想像を膨らませてくれる。この句は、北極圏を眺めていたときにふと現実に引き戻されたのかもしれない。窓から差し込む西日がグリーンランドを照らしていたのだ。それをすかさず一句にした。「カヌー漕ぐ子らのオールの儘ならず」節子さんの句。子どもたちがカヌーの教習を受けているのだろうか。好き勝手にオールを動かす子もいてカヌーがぶつかったり、沈みそうになったりしているのかもしれない。そんな様子をハラハラ見ている作者。「儘ならず」に子どもたちへの優しいまなざしが感じられる。(潔)

艸句会報:船橋(令和3年5月29日)

船橋句会(船橋市勤労市民センター)
兼題「茉莉花、ジャスミン」

高点2句
昼顔の「ゴミすてるな」に巻きつきぬ  矢島 捷幸
茉莉花や白磁の茶器に紅のあと     山本 吉徳

窓のなき市場食堂穴子めし       岡崎由美子
路地裏のダンス教室花石榴       沢渡  梢
暴れたる鯰さばきの出刃研ぎぬ     小杉 邦男
けふ今を息して生きて樟若葉      山本 吉徳
緑廊の風をゆたかに茉莉花は      岡戸 林風
万緑へ足す猫の目のひすゐ色      針谷 栄子
古着とて捨てがたきもの更衣      飯塚 とよ
釣人に語りかけたる牛蛙        並木 幸子
テラス席にジャスミンティーを小指立て 三宅のり子
渋滞や茅花流しの分離帯        市原 久義
むらさきの小雨にけぶる花あやめ    矢島 捷幸
文の友逝きてポストに青葉雨      川原 美春
石垣に「菅公」の詩や夏蛙       中川 照子
駄菓子にて語る人生多佳子の忌     山本  潔

(清記順)

【一口鑑賞】昼顔の『ゴミすてるな』に巻きつきぬ」捷幸(かつゆき)さんの句。この日、ゲスト参加の作者。句歴2年余りと言いながらも、いきなり高点句に輝いた。朝顔や夕顔に比べると、どこか存在感の薄い昼顔だが、ガードレールや金網などに絡みついて薄いピンクや白の可憐な花を咲かせている。この句は、看板にしっかり巻きついているところを見逃さなかった。何でも詠んでやろう!という気持ちが表れている一句。「窓のなき市場食堂穴子めし」由美子さんの句。時間のある人は午前中にJ R船橋駅から徒歩約15分の船橋市地方卸売市場までの吟行を楽しんだ。市場に何軒かある食堂に分かれて昼食にしたが、そこでもすかさず詠むのが吟行の楽しいところ。「窓のなき」という軽い発見に、「穴子めし」を合わせて俳味のある句に仕上がった。(潔)

艸句会報:すみだ(令和3年5月)

すみだ通信句会
兼題「青葉」

高点2句
渓谷をトロッコ列車青葉風      長澤 充子
鈴蘭は小さき風の拠りどころ     岡戸 林風

山裾に棚田広ごる青葉風       内藤和香子
溪深く青葉の闇を濃くしたり     岡戸 林風
なに見るやはつかに笑ふ昼寝の子   松本ゆうき
青葉寒橅の林に水の音        髙橋 郁子
えごの花散るや雨戸を閉める音    山本  潔
地を蹴つて進む二輪車若葉風     岡崎由美子
木曽路行く青葉の谷よ舟唄よ     大浦 弘子
「多忙です」と言ひつつ作る白玉を  貝塚 光子
逆上がりに挑戦の子や若葉風     長澤 充子
兄弟は良きライバルや柏餅      福岡 弘子
田を均す漣美しき代田かな      工藤 綾子
門朽ちし関所の跡や月見草      桑原さかえ

(清記順)

【一口鑑賞】渓谷をトロッコ列車青葉風」充子さんの句。兼題「青葉」に合わせ、かつての旅で乗ったトロッコ列車を思い出しながら詠んだのだろう。余計なことは言わず、シンプルな詠みぶりに好感が持てる。ただ、下五は「青嵐」「若葉風」でも成り立ちそうだ。「青葉風」を「青葉」の傍題にしている歳時記は少ない。いまひとつ季語としての働きが弱いからではないか。「溪深く青葉の闇を濃くしたり」林風さんの句。この「青葉」は新緑のころに比べて夏もいくらか深まったことを感じさせる。渓の深さや闇の濃さを言うことで「青葉」を心象的に捉えているからだろう。いつ見ても緑は美しいが、季節のうつろいの中で微妙な変化を感じ取ることが俳句を詠む醍醐味でもある。(潔)

艸句会報:東陽(令和3年5月)

東陽通信句会

高点1句
田水張り星の世界を迎へけり     野村えつ子

夕まぐれほうと仰げる花蜜柑     新井 洋子
摘みたての香り放ちて蓬餅      野村えつ子

  妙成寺
塔映す池の濁りやあめんぼう     安住 正子
クレマチス愛したひとは脳外科医   松本ゆうき
夏木立静かに深く息したり      堤 やすこ
地下鉄を出て薫風のオフィス街    中島 節子
終活の箪笥一棹桐の花        長澤 充子
武蔵野に樹々の声きく桜桃忌     岡戸 林風
太鼓橋よりの眺めや花菖蒲      斎田 文子
薫風を入れて糠床起こしをり     貝塚 光子
子どもの日むかしバットに頭文字   山本  潔
へんてこな名前のパン屋夏つばめ   岡崎由美子
更衣樟脳匂ふ形見分け        飯田 誠子
芥子坊主五人五色のランドセル    中川 照子

(清記順)

【一口鑑賞】田水張り星の世界を迎へけり」えつ子さんの句。田に水が入り、田植え仕度が整った田園地帯。何枚もの水田は夜の静けさに包まれている。山間地の急斜面につくられた棚田であってもいい。作者は、水田がまるで鏡のようにきれいな夜空を映していることに気づいたのだ。「星の世界を迎えけり」とは何と大きな写生だろう。水耕栽培は瑞穂の国誕生以来の生業。読者は長い長い稲作の歴史に想いをはせる。「芥子坊主五人五色のランドセル」照子さんの句。ランドセルといえば、かつては男が黒、女が赤と決まっていた。それが最近はブルーやグリーン、ピンク、ブラウンなどカラフルになっている。子どもたちの個性に合わせて好きな色を選べる時代になったのだ。作者もそれを喜んでいる。丸くてかわいい「芥子坊主」との取り合わせがよく合っている。(潔)

艸句会報:かつしか(令和3年5月23日)

かつしか句会(亀有地区センター)
兼題「南風、夏の風」

高点2句
やさしさはどこからくるのはなしやうぶ 三尾 宣子
生者より死者に寄り添ふ水中花     山本  潔

竹植うる夕暮れて道遠しかな      近藤 文子
独酌の口子嬉しき緑の夜        佐治 彰子
復旧の上田電鉄風薫る         伊藤 けい
回遊の庭の水音未草          小野寺 翠
南風吹くジャングルジムの天辺に    山本  潔
青嵐幟に「蘇民将来」と        新井 洋子
南風や猫と男の並び居る        山田 有子
ギター弾くふたりのベンチ若葉風    笛木千恵子
朧月おんぶの弟の小さき足       高橋美智子
初めての孫の運転若葉風        平川 武子
潮の香の風吹く堤防立葵        新井 紀夫
雨水を花びらに溜め薔薇満開      三尾 宣子
沸き上がる雲の強さよ楸邨忌      中山 光代
何釣れる分からぬと云ふ夏兆す     五十嵐愛子

(清記順)

【一口鑑賞】やさしさはどこからくるのはなしやうぶ」宣子さんの句。花菖蒲は初夏に紫や白、桃色などの花をつける。菖蒲田の一面に咲く花を見た作者は、なんとも優しい気持ちになったのだろう。それを率直に詠んだ一句。あえてひらがなだけで書くことにより、花を見たときの自分の気持ちをそのまま素直に包み込んだ。「初めての孫の運転若葉風」武子さんの句。孫を詠んだ句は“孫俳句”と呼ばれる。類想が多く、内容も甘くなりがちなので、句会でも採られにくい。だからと言って、詠んではいけないということはない。この句は、運転免許を取るまでになった孫の成長を喜ぶ反面、未熟な運転の車に乗る不安が同居している。それでも孫への愛情は変わらない。そんな心情を初夏の季語「若葉風」に乗せて自然に詠んでいる。(潔)

艸句会報:連雀(令和3年5月)

連雀通信句会
兼題「麦の秋」

高点1句
一湾を日照雨駆け抜く花蜜柑     安住 正子

噴水に朝の光といふベール      坪井 信子
やさしさがふくらんでくる芽吹山   横山 靖子
生涯の実りはいかに麦の秋      春川 園子
禅林のしづけさに降る余花の雨    安住 正子
麦の秋きみと歩きし風の道      渕野 宏子
塩パンとバナナですます朝ごはん   松本ゆうき
夏きたるカオスのやうな貌をして   山本  潔
柿若葉明治の玻璃のゆがみ透く    飯田 誠子
麦秋や遅れがちなる路線バス     向田 紀子
白靴のなんども登る滑り台      岡崎由美子
夕映えて山羊の一声麦の秋      束田 央枝
竹皮を脱ぎたる土の柔らかし     進藤 龍子
外海に出てゆく船や卯波立つ     松成 英子
出迎へはエントランスの武者人形   中島 節子

(清記順)

【一口鑑賞】5月は緊急事態宣言の発動に伴い、手紙による通信句会となった。「竹皮を脱ぎたる土の柔らかし」龍子さんの句。朝の散歩がてら、近所の竹林に足を運んだのだろう。筍が生長して皮が脱げた様子を眺めながら、周囲の土の色や柔らかさなどをしっかり見て詠んでいる。卒寿を過ぎてなおかくしゃくとしている作者。コロナ禍で外出する機会は減っても見て詠むことを大事にしている。「塩パンとバナナですます朝ごはん」ゆうきさんの句。塩パンは生地にバターを包み、表面に岩塩を振って焼いたパン。塩分補給にもなり、バナナと一緒に食べれば栄養バランスもいい。食欲の落ちる夏場にはうってつけの朝食かもしれない。そう考えれば、この句のバナナは夏の季語として働いている。ただ、「すます」という動詞を入れたことで、朝食の報告になってしまったところがもったいないが…。(潔)

艸句会報:若草(令和3年5月8日)

若草句会(亀有 ギャラリー・バルコ
兼題「彩」

高点3句
地球儀の海のあおさよ聖五月     坪井 信子
師の句碑に佇ち郭公の鳴き止まず   安住 正子
川幅の光彩百の鯉のぼり       針谷 栄子

猫カフェの猫の百態夏兆す      新井 洋子
うす青き彩を放ちて能登上布     隣安
問診に少しうそ書く姫女苑      飯田 誠子
友禅の彩り流す初夏の川       安住 正子
彩りを失ふ街の夕薄暑        松本ゆうき
コロナ禍の米寿となりて新茶酌む   吉﨑 陽子
秩父連山どこが雲取山夕霞      石田 政江
若葉風リモートワークの窓あけて   岡戸 林風
亀鳴くや話し相手のゐぬ不安     坪井 信子
聖火行く旧街道の鯉のぼり      市原 久義
休日のフレンチトースト夏来る    沢渡  梢
コックスの檄とぶ春の隅田川     新井 紀夫
沙緻の忌やシャツを明るく更衣    山本  潔
ぼうたんの崩れし鉢の軽さかな    針谷 栄子

(清記順)

【一口鑑賞】師の句碑に佇ち郭公の鳴き止まず」正子さんの句。作者は石川県七尾市出身。このゴールデンウィークに帰省した折、同県羽咋市の名刹・妙成寺を訪れ、舘岡沙緻師のお墓参りをしてきた。鳴き止まない郭公の声はまるで師と作者の問答のよう。墓域には<花あらば幸あらば塔とこしへに 沙緻>の句碑が建っている。「うす青き彩を放ちて能登上布」隣安さんの句。この日の句会参加者には、正子さんから素敵な能登上布の栞がお土産として配られた。「上布」は麻織物の一種で夏の季語。ゲスト参加の作者は、すかさず兼題「彩」の文字を詠み込み、挨拶句に仕立てた。即吟ながら、上五から中七の見立てが的確で詩情を感じさせる。こうした句と出会えることも句会の楽しみ。(潔)

艸句会報:船橋(令和3年4月29日)

船橋句会(船橋市勤労市民センター)
兼題「春惜しむ」

高点2句
慰霊塔の読み切れぬ名や花銀杏    岡崎由美子
風となる白毛の牝馬春惜しむ     針谷 栄子

古書店のアンパンマンや昭和の日   沢渡  梢
花冷や路地の質屋の金時計      並木 幸子
山葵漬いまはひとりの手酌酒     川原 美春
行く春や無宿の猫の大欠伸      市原 久義
束子ごろごろ暮春の寺の外流し    岡崎由美子
お砂糖は妣のまじなひ夏蜜柑     針谷 栄子
ヘルメット減りし工事場雀の子    中川 照子
磯宮の茂りに埋る灯明台       岡戸 林風
春霖の古書店窓に虚子全集      山本  潔
ぶらんこや立つ子座る子宇宙の子   山本 吉徳
うぐひすの鳴くを遠くに聞く日かな  小杉 邦男
新生姜友を偲びて甘酢漬       飯塚 とよ

(清記順)

【一口鑑賞】風となる白毛の牝馬春惜しむ」栄子さんの句。競馬に興味がなくても「白毛の牝馬」でピンとくる人もいるだろう。今年の桜花賞を制したソダシは、白毛馬として史上初めてクラシックレースを制覇した。しかも2018年のデビュー以来無傷の5連勝。コロナ禍の暗い世を白馬が駆ける姿に、作者は希望を感じたのだろう。はかない夢かもしれないが、走り続けてほしいという気持ちを季語に託している。「ぶらんこや立つ子座る子宇宙の子」吉徳さんの句。この日ゲスト参加の作者。ぶらんこに立つ子もいれば座る子もいるというところまでは誰でも思いつくだろうが、下五で「宇宙の子」と大きく飛躍した。ぶらんこを漕いだ瞬間に子どもは宇宙人であり、風になっているのかもしれない。幼い頃の夢や希望を思い出させてくれる一句。(潔)

艸句会報:東陽(令和3年4月)

東陽通信句会

高点2句
うららかや照さん手製の俳画集    山本  潔
甍なきビルの暮らしやおぼろ月    斎田 文子

春愁や折目揃はぬ新聞紙       堤 やすこ
佐保姫と酒酌み交はしたきこの世   山本  潔
スケボーの子の手ひらひら風光る   安住 正子
たんぽぽの絮吹く口を尖らせて    貝塚 光子
晩春の空押し上ぐる花水木      長澤 充子
ゆく春や翁の発ちし運河べり     岡戸 林風
梢よりこぼれて群るる雀の子     岡崎由美子
美しき絵と句の画集木の芽晴     中島 節子
利かん気の尾の跳ねどほし鯉幟    野村えつ子
剪定の青空少し傷つけて       斎田 文子
「ほうたる」来照子刀自の春らんまん 松本ゆうき
新樹冷え何を企む夜の鴉       向田 紀子
きらきらと波畳み来る蝌蚪の池    新井 洋子
武骨さは野武士のごとき葱坊主    飯田 誠子
鳥帰る師の墓所の風纏ひつつ     中川 照子

(清記順)

【一口鑑賞】甍なきビルの暮らしやおぼろ月」文子さんの句。「甍なきビル」とはマンションのことだろう。作者は甍造の大きな家で育ったのかもしれない。昔の暮らしを懐かしみながら、マンションの生活に馴染みきれない気持ちが込められている。おぼろにかすんだ月が春の愁いを誘う。「春愁や折目揃はぬ新聞紙」やすこさんの句。朝、新聞にさっと目を通した後に、あとでじっくり読もうとすることはよくある。しかし、一度開いた新聞は折目がずれてきれいにそろわない。誰かが読んだあとの新聞も同様だ。春だからこそ感じるものうい気分を、新聞のちょっとした折目のずれに見出した繊細な一句。(潔)
プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
434位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
16位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR