FC2ブログ

艸句会報:若草(令和2年8月8日)

若草句会(亀有 ギャラリー・バルコ)
兼題「片蔭」

高点1句
行合ひの句座に清しき浴衣かな    新井 洋子

片かげり死ぬの生きるのなかつたね  松本ゆうき
秋近し住宅街の葬斎場        沢渡  梢
海の愛まとふ天草干されをり     吉﨑 陽子
すつぽんと読めても書けぬ夏暖簾   新井 紀夫
黄菅まだ色をほどかず尾瀬の原    安住 正子
片蔭を行けば古書肆の匂ふ街     岡戸 林風
蚯蚓いい奴土の手入れに明け暮れて  坪井 信子
「この先に蛇がゐます」と言はれても 市原 久義
ゆるく着て「艸」を寿ぐ単物     石田 政江
少年の指すり抜けて青蜥蜴      山本  潔
秋立つや鮮魚市場の新メニュー    飯田 誠子
月見草目より笑ひし母とゐて     新井 洋子
サバ缶のちゃちゃっとレシピ終戦日  針谷 栄子
石鹸をひとつ下ろして今朝の秋    隣安

(清記順)

【一口鑑賞】行合ひの句座に清しき浴衣かな」洋子さんの句。東京は8月1日に梅雨明けしてから、ずっと暑い日が続いている。この日の句会に涼しそうな浴衣姿で現れた人がいた。作者は早速、それを一句に詠んだ。俳句は即興、挨拶、滑稽が大事な要素。コロナ禍の今、句会が開かれること自体が貴重であり、そんな状況の中にあっても即吟を忘れない作者の精神に敬意を表したい。「ゆるく着て『艸』を寿ぐ単物」政江さんの句。7月の艸創刊祝いに、沙緻師の形見の単を着て登場した作者。やや大きめの着物をゆったりと着こなし、艸創刊へのお祝いの気持ちを示した。あの日の自分自身をスケッチした一句。今日の句会に涼しげな浴衣姿でやってきたのも政江さん。
 「蚯蚓いい奴土の手入れに明け暮れて」信子さんの句。「蚯蚓」が夏の季語。土を食べ、有機物や微生物などを消化吸収し排泄することで、土壌を改良してくれる。そんな蚯蚓を作者は「いい奴」と呼ぶ。生き物への慈愛に満ちた一句。「『この先に蛇がゐます』と言はれても」久義さんの一句。こちらは蛇を詠んだ句。目の前にあるのは蛇への注意を呼びかける看板だけだが、周囲の草むらに蛇がいそうな雰囲気が漂ってくる。この句は目に見えなくても、すぐ近くに潜んでいる蛇を見定めている。ゾクっとさせられる一句。
 「石鹸をひとつ下ろして今朝の秋」隣安さんの一句。久々にゲスト参加した作者。「今朝の秋」は「立秋」の副季語。どことなく秋の気配を感じる朝に新しく下ろす石鹸から何とも爽やかな気分が伝わってくる。(潔)

艸句会報:連雀(令和2年8月5日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)

高点2句
うち集ひ「艸」を祝せり深き夏    中島 節子
安全靴の足放り出し三尺寝      岡崎由美子

白く咲き紅く消えゆく酔芙蓉     矢野くにこ
新内ながし二階の膳の副となり    束田 央枝
向日葵を活けるゴッホの絵のやうに  山本  潔
梅雨明けの空の青さよ恙なし     進藤 龍子

 三千院
阿弥陀仏の眼差し受けて苔の花    横山 靖子
関取の二重瞼や玉の汗        向田 紀子
梅雨明けの街青年のエコバッグ    岡崎由美子
碑の百の沈黙蟻の列         坪井 信子
かなかなやスキのある人スキな人   松本ゆうき
水打つて夜へと動く神楽坂      安住 正子
鈴の束腰に跳人の高校生       松成 英子
みんみんや人を見送る駅広場     中島 節子
声明と競ふがごとし蟬時雨      飯田 誠子

(清記順)

【一口鑑賞】うち集ひ『艸』を祝せり深き夏」節子さんの句。艸の第1回総会・創刊を祝う会は7月18日に行われた。ウイルス感染に対する政府の非常事態宣言解除後、再び東京中心に感染が広がる状況の中にあったが、感染予防対策を徹底し、恙なく終えることができた。うち集った人達の意気込みが伝わってくる。作者の思いは「深き夏」に集約されている。「安全靴の足放り出し三尺寝」由美子さんの句。ビルの工事現場だろうか。職人が足を放り出して昼寝をしている。ふと目に止まったのは頑丈そうな靴。何かにつまづいたり、物が落ちたりしたときに、足を守るための「安全靴」だ。常に俳句の材料を探している作者ならではの一句。
阿弥陀仏の眼差し受けて苔の花」靖子さんの句。コロナ禍の前は外国人旅行客が溢れていた京都も、今はひっそりとしているという。本当の意味での京都の良さが楽しめるようになったのかもしれない。掲句は三千院での一句。庭一面に広がる「苔の花」を見ながら、ふと感じた視線は往生極楽院の阿弥陀如来のものだろうか。(潔)

艸句会報:すみだ(令和2年7月22日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点2句
念入りに今日をたたみて木槿散る   髙橋 郁子
梅雨の蝶一部始終を見て去りぬ    工藤 綾子

マスクして経文唱ふ盆の僧      髙橋 郁子
歩き来て造酒屋の清水かな      桑原さかえ
共白髪の夫と味はふさくらんぼ    貝塚 光子
どこまでもからつぽになる夏野かな  松本ゆうき
亀甲の柄の単衣や師の形見      長澤 充子
盆東風やベランダ越しに番鳥     大浦 弘子
白焼の鰻と白きぐい呑みと      山本  潔
いつしかに主治医も老いて晩夏光   福岡 弘子
まだ動く獲物持ち上げ蟻の列     工藤 綾子
川べりの工場跡地月見草       岡戸 林風

(清記順)

【一口鑑賞】念入りに今日をたたみて木槿散る」郁子さんの句。今年は梅雨が長引いているが、そろそろ秋の花も咲き始めた。「木槿」もその一つ。残暑の厳しい頃に白や淡紅、淡紫などの花をいっぱいつける。朝に開き、夕べにはしぼむことから「槿花(きんか)一日之栄」という言葉がある。この句は、そんな木槿に自身の生活ぶりを重ね合わせたのだろう。コロナ禍にあって一日一日の暮しを丁寧に振り返る作者。俳句をその糧にして。「梅雨の蝶一部始終を見て去りぬ」綾子さんの句。夏の蝶は大きくて悠然と飛ぶ。代表格は揚羽蝶。また、梅雨の晴れ間に飛ぶ蝶を「梅雨の蝶」と呼ぶ。この句は、ゆったりと飛んできた蝶に生活の一部始終を見られたような気がした、という気持ちを素直に詠んだ。
 「どこまでもからつぽになる夏野かな」ゆうきさんの句。見渡す限りの緑の野が広がっている。描かれているのはただそれだけ。広大な夏野を眺めながら「どこまでもからつぽになる」のは作者自身の心の中だろう。対象を凝視しているうちに、ふと浮かんだ言葉をつかまえたような一句。「夏野かな」が揺るがない。(潔)

艸句会報:連雀(令和2年7月)

連雀通信句会

高点3句
出不精と言ひつつ母のサングラス   山本  潔
香水のどれも残りて瓶が好き     中島 節子
暑き日の朝の珈琲熱くして      進藤 龍子

亡夫の杖わが手に馴染み梅雨晴間   春川 園子
いつになく遠き田舎や蛇苺      松本ゆうき
独歩忌のはけの竹林風を呼ぶ     束田 央枝
蓮開く朝の電車の通る音       松成 英子
錠剤の手より転がる梅雨曇      中島 節子
冷奴切れ字の話ばかりして      山本  潔
木苺の色よくなれば病よし      矢野くに子
子雀もおしやべりが好き朝の庭    横山 靖子
荒梅雨や畑に土留めのトタン板    岡崎由美子
声出さばすぐ散る気配白さうび    坪井 信子
雷神の一喝あとの日差しかな     安住 正子
健診の一つ気がかり梅雨の夜     飯田 誠子
梅雨深く大樹の洞の黝ぐろと     進藤 龍子
夫と居て扇風機の風不平等      向田 紀子

(清記順)

【一口鑑賞】香水のどれも残りて瓶が好き」節子さんの句。「香水」が夏の季語。爽快な香りが汗臭さや暑苦しい気分を消してくれる。この句は下五の「瓶が好き」に俳味が感じられる。香水瓶はデザインもお洒落だし、眺めているだけで楽しい。身近なものへの愛着が素直に伝わってくる一句。
暑き日の朝の珈琲熱くして」龍子さんの句。夏バテを防ぐ秘訣は体を冷やさないこと。昔の人は夏でも暑い日本茶を飲んでいた。しかし、近年はコーヒーの消費量が日本茶を追い抜いてしまった。若者はアイスコーヒーが飲みたくなるが、作者は熱いコーヒーで体調も気持ちも整えているのだろう。
夫と居て扇風機の風不平等」紀子さんの句。リビングでテレビでも見ながら、くつろいでいる夫婦。首を降っている扇風機が、ふと気がつくと夫の方にばかり向いている。「ちょっと、あなたずるいわよ」などと言いながら、自分の方に向けるが、いつの間にか風はまた夫の方へ…。微笑ましい夫婦の光景。(潔)

艸句会報:若草(令和2年7月11日)

若草句会(亀有 ギャラリー・バルコ)
兼題「水中花」

高点3句
密談に耳欹(そばだ)つる水中花   市原 久義
口中に夏の広がる山の水       坪井 信子
屋久杉のテーブル一つ夏座敷     飯田 誠子

夏の雲沙緻師を偲ぶ句集「艸」    石田 政江
水中花柩の友の赤き紅        沢渡  梢
遠雷や畳の縁を踏まぬ所作      針谷 栄子
朝顔市「團十郎」を宅配に      山本  潔
山門を額縁として濃紫陽花      新井 紀夫
言ひたいこと言はずに太郎半ズボン  松本ゆうき
復旧を四葩の花の待つ線路      市原 久義
青春の蹉跌越え来し書を曝す     安住 正子
止り木は隅の高椅子水中花      岡戸 林風
糸増やす鉢の納豆朝曇り       新井 洋子
水替へて泡のささやく水中花     飯田 誠子
山羊の名はヒミコ青野に日のわたり  坪井 信子

(清記順)

【一口鑑賞】「密談に耳欹(そばだ)つる水中花」久義さんの句。上五の「密談」が一気に読み手を引き込む。どんな話なのかは明かしようがないが、水中花がこの場面を引き立てる。耳を欹てているのは作者自身、水中花のどちらとも解釈できる。いろいろな読み方をされるのが俳句の面白味でもある。余談になるが、「密談」は時として政治を変える。「密談の戦後史」(塩田潮・角川選書)では、「戦後政治とは密談の歴史でもある」と言っている。「復旧を四葩の花の待つ線路」これも久義さんの句。紫陽花の名所といえば、箱根登山鉄道もその一つ。昨年の台風19号の影響で、現在も箱根湯本〜強羅間は運休している。そこに咲く四葩を思いながら、鉄道復旧へ祈りを捧げている。
山門を額縁として濃紫陽花」紀夫さんの句。千葉県の松戸にある本土寺は「あじさい寺」とも呼ばれる名所。10種類以上の紫陽花5万本が訪れる人の目を楽しませてくれる。この句は、山門を額縁に見立てて捉えた紫陽花を活写した。上五の「山門を」から下五の「濃紫陽花」までピタリと決まっている。まさに絵画のような情景が目に浮かぶ。
屋久杉のテーブル一つ夏座敷」誠子さんの句も上五から下五まで揺るぎがない。「夏座敷」は高温多湿の夏を涼しく過ごすために、襖を外したり、簾を吊るしたり、日本建築ならではの工夫が凝らされている。そこに置かれた「屋久杉のテーブル一つ」がいかにも涼しそうだ。さぞかし高いだろうなと思ってネット検索してみると、一枚板のリビングテーブルで中には200万円近いものもある。(潔)

艸句会報:東陽(令和2年6月)

東陽通信句会

高点1句
幽霊を見たの見ないの蚊遺香     新井 洋子

尺蠖の測る木蔭の顕彰碑       新井 洋子
灯涼し後書きにある読み応へ     野村えつ子
結葉や宮居の園の閉ざされて     岡戸 林風
思ひ出すことたつぷりと帰省かな   松本ゆうき
浮巣見て卵になつてゐる心地     山本  潔
新緑や山中深き蕎麦処        斎田 文子
朝の気を五臓六腑に蓮の池      飯田 誠子
熟れきたる糠漬け床に茄子の紺    貝塚 光子
灯を消して想ひはめぐる夜の団扇   長澤 充子
噴水の真中ときどき気負ひをり    堤  靖子
余生いま俳句がいのち更衣      安住 正子
町外れの小さき貯水池花いばら    岡崎由美子
蕪村に浮気芭蕉にもどる裏見滝    中川 照子

(清記順)

【一口鑑賞】幽霊を見たの見ないの蚊遺香」洋子さんの句。実景としてあるのは蚊遺香だけで、誰と誰が話しているのか、どんな幽霊の話なのかなど具体的なことは一切分からない。それなのにこの句が人気を集めたのは季語の力と幽霊の仕業というべきだろう。俳諧味のある一句。「思ひ出すことたつぷりと帰省かな」ゆうきさんの句。帰省とはそういうものかもしれないが、思い出すのは決して楽しいことばかりではない。辛いことや後悔もたくさんあるのだろう。作者の故郷は宇和島。「たつぷりと」の裏に寂寥感が覗く。
余生いま俳句がいのち更衣」正子さんの句。新型コロナウイルスのせいで句会もなかなかできないが、俳句を心の支えにしている作者。通信句会のお蔭で何とか句作もできている。幹事さんへの感謝の気持ちの込もる一句。「蕪村に浮気芭蕉にもどる裏見滝」照子さんの句。この通信句会の取りまとめをしてくれている作者。大の芭蕉好きだが、蕪村のことも無性に読みたくなることがあるのだろう。そんな揺れる気持ちを「裏見滝」に託している。芭蕉の<ほととぎすうらみの滝のうらおもて>(『俳諧曾我』)を意識しての作だろうか。(潔)

艸句会報:すみだ(令和2年6月)

すみだ通信句会

高点2句
人を恋ひ旅恋ふままに梅雨入りかな   岡崎由美子
梅花藻のゆらめきをぬふ魚の影     岡戸 林風

青梅雨や河童ゐさうな川の色      貝塚 光子
ジョギングの折り返し点雲の峰     福岡 弘子
鮎見えて焦るばかりや竿重し      工藤 綾子
父の日の豆をポリポリ齧る父      山本  潔
不器用な父と息子に父の日来      岡崎由美子
桑の実を食みし古里遠き空       桑原さかえ
コロナ禍や老いてなほかつアロハシャツ 松本ゆうき
ままならぬ憂き世に暮し心太      髙橋 郁子
晩年の一喜一憂花いばら        岡戸 林風
人生の余白にエール濃紫陽花      長澤 充子
武蔵野の影を纏ひて桜桃忌       大浦 弘子

(清記順)

【一口鑑賞】梅花藻のゆらめきをぬふ魚の影」林風さんの句。「梅花藻(ばいかも)」は6月から9月ごろにかけて山地や河原、池沼に自生する。水藻類の花を総称して「藻の花」と呼び、仲夏の季語。梅花藻は白い可憐な花をつける。作者は、繁茂する藻の微かな揺れに魚の影を追っているのである。写生句でありながら、中七の「ゆらめきをぬふ」という措辞から詩情が湧いてくる。「桑の実を食みし古里遠き空」さかえさんの句。子どもの頃の懐かしい思い出。養蚕が盛んだった時代、ふるさとの家の周りには桑畑がたくさんあった。赤い実が成り、熟すと紫色になる。北関東ではこれを「どどめ」と呼んだ。食べると唇が「どどめ色」に染まるので、すぐ親にばれた。「ままならぬ憂き世に暮し心太」郁子さんの句。今だからコロナ禍を意識して詠まれた句だろう。そうでなくても、災害の多かった平成や、原爆を経験した昭和を思い返しても、「ままならぬ憂き世」と言われれば誰でも納得する。そんな重い気持ちを「心太」によって軽く言い止めたところが上手い。(潔)

艸句会報:連雀(令和2年6月)

連雀通信句会

高点2句
夜毎来る守宮と話す厨窓       安住 正子
豆飯やお裾分けとは佳きことば    坪井 信子

馬術部のフェンス覆へる葛若葉    向田 紀子
若葉光古墳八基をつつむ杜      横山 靖子
沙緻の忌の朝の空や柚子の花     山本  潔
遠富士を望む屋上梅雨晴間      松成 英子
またたきは烏賊釣船か沖望む     安住 正子
竹そよぐ音の涼しき杜の朝      飯田 誠子
くず餅のつるりと愚痴を飲み込めり  吉﨑 陽子
山法師の白さに和む杖ついて     春川 園子
シャワー浴ぶ欲望もはや願望に    中島 節子
葉柳の影追ふ風の遊びかな      坪井 信子
鉛筆を削れば木の香四葩咲く     進藤 龍子
栴檀の花大らかに息安らかに     束田 央枝
しつかりと小さき双手のラムネ瓶   岡崎由美子
夏つばめ灯台に胸みせにくる     矢野くにこ

(清記順)

【一口鑑賞】夜毎来る守宮と話す厨窓」正子さんの句。守宮は体長10センチほどの爬虫類。夜行性で、灯に集まる虫を捕食するためやってくる。窓ガラスに指の吸盤がピタリと張り付いているのを見ると、一瞬どきっとするが、その名の通り「家を守ってくれている」と思えば、さほど怖いものでもない。作者はいつも、守宮にやさしく語りかけているのだろう。「豆飯やお裾分けとは佳きことば」信子さんの句。「裾分け」を広辞苑で引くと、「もらいものの余分を分配すること。また、利益の一部を分配すること」とある。意外と味気ない説明だが、作者が「佳きことば」と言う背景には、ご近所との日頃の良好な関係があるからではないか。お裾分けでいただくお菓子や果物などは嬉しいものだ。「豆ご飯をたくさん作り過ぎちゃって。良かったら召し上がって」。決して押し付けがましくないところがいい。
 「くず餅のつるりと愚痴を飲み込めり」陽子さんの句。気心の知れた友達との楽しい会話。愚痴もいろいろ出てくる。話に夢中になって、お茶受けの葛餅を食べていないことに気づいたのだろう。口に入れた途端に愚痴とともに喉元を通り過ぎたのである。「くず」「ぐち」の語幹が妙に響き合う。俳味のある一句。「鉛筆を削れば木の香四葩咲く」龍子さんの句。デジタルの世の中になり、鉛筆を使う機会がめっきり減った。もはや鉛筆を削ったことのない若者も多いに違いない。作者は90代。今も鉛筆をこよなく愛し、日常的に使っているのだろう。鉛筆を削る手元の映像とともに、木の香りが立ち上がってくる。窓の外の紫陽花もホッとさせてくれる。(潔)

艸句会報:若草(令和2年6月13日)

若草句会(亀有 ギャラリー・バルコ)
兼題「植田」

高点3句
火の国の水をゆたかに植田かな    岡戸 林風
水槽の海月のワルツ無伴奏      飯田 誠子
月を狩る射程の位置に蜘蛛の網    針谷 栄子

梅雨に入る神社の中の洋菓子店    沢渡  梢
成田線窓一杯の植田かな       新井 紀夫
竹林の腐草螢となる闇夜       山本  潔
大南風妻の言葉に逆らはず      岡戸 林風
大西日太宰の墓地に及びけり     坪井 信子
ほうたるの骸は闇の色となる     針谷 栄子
世の中を知るか知らぬか梅実る    石田 政江
青梅雨や会釈を交はすビニール傘   市原 久義
明易や起きて原稿直す日々      松本ゆうき
筑波嶺を映し植田のしじら波     安住 正子
藍の濃き老舗の家紋麻暖簾      飯田 誠子
有線のつなぐ一村植田澄む      新井 洋子

(清記順)

一口鑑賞】コロナ禍で中止していた句会が復活した。いつもの会議室はまだ使用できないものの、同人の御好意を得て会場を確保することができた。欠席投句(5人)も多かったが、出席者はお互いの無事を喜びながら、和やかな句会となった。
月を狩る射程の位置に蜘蛛の網」栄子さんの句。いつの間にか庭に張った蜘蛛の巣。ふと見れば、その先の空に月があり、まるで「射程の位置」に入ったように見えたのだ。咄嗟にそれを「月を狩る」と叙したのだろう。ユーモラスな一句。「梅雨に入る神社の中の洋菓子店」梢さんの句。句会場は漫画「こち亀」で有名になったJ R常磐線の亀有駅から徒歩3分の画廊。そばに鎮守の亀有香取神社がある。句会前に吟行した作者は、境内にあるケーキ屋さんに気付き、挨拶句として詠んだ。神社と洋菓子店のミスマッチが面白い。若い神主さんのアイデアで、同じ葛飾区内の人気店を誘致したところ話題を呼び、神社の参拝者も増えているという。
 「成田線窓一杯の植田かな」紀夫さんの句。成田線は千葉県内を走行する路線。亀有の10駅先の我孫子から成田線支線となる。この句は、田植え直後の田園地帯を走る車両で詠んだ景。見渡す限りの植田がまさに窓一杯に広がっていたのである。「有線のつなぐ一村植田澄む」洋子さんの句。農村は有線放送電話で結ばれており、地域に密着した情報がスピーカーから流れる仕組みになっている。近年はきめ細かい災害情報へのニーズも高まっているという。この句は、農村地帯の実情に視点を置いて詠んだ。(潔)

艸句会報:すみだ(令和2年5月)

すみだ通信句会

高点2句
夏めくや電動ミシン軽やかに     長澤 充子
人の世のストレス知らず春の鴨    福岡 弘子

大型犬の鼻先風の小判草       岡崎由美子
何時もより熱き湯加減菖蒲風呂    貝塚 光子
緑さす庭をしばしの憩ひとも     岡戸 林風
新樹光玻璃に透けゐるレストラン   長澤 充子
百歳を待たで叔母逝く卯月かな    桑原さかえ
母の日のおやつ代はりの焼むすび   山本  潔
とりあへず新玉葱に生ハムを     工藤 綾子
濃淡の緑とけ込む運河かな      福岡 弘子
更衣母の形見をまた仕舞ふ      大浦 弘子
尺蠖や遊具の縛りいつほぐる     髙橋 郁子

(清記順)

【一口鑑賞】夏めくや電動ミシン軽やかに」充子さんの句。木々や街ゆく人々の姿がいよいよ夏らしくなってきたなと思った途端に、電動ミシンも軽やかに感じられたのである。器用な人だから、手作りのマスクでも縫っていたのかもしれない。コロナ禍で春先から憂鬱な日々を送ってきたが、夏がきて状況が良くなってほしい。そんな気持ちをミシンに即して詠んだ。「人の世のストレス知らず春の鴨」福岡さんの句はコロナ禍で晴れない気持ちを「春の鴨」とうまく対比させている。鴨の姿がのんびりして見えれば見えるほど、人間のストレスの大きさが浮き彫りになる。
 「何時もより熱き湯加減菖蒲風呂」光子さんの句。菖蒲湯について今更解説するまでもないが、熱めの湯加減にすることで香りも立ち、湯上りの気分もしゃきっとするから不思議だ。この句は余計なことは何も言わず、湯加減のことだけをシンプルに詠んだ。「更衣母の形見をまた仕舞ふ」大浦さんの句。母の形見を大事に活用している作者。更衣のたびに感謝の念を忘れない。(潔)
プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
391位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
17位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR