FC2ブログ

花暦句会報:東陽(平成30年2月24日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「猫の恋」「芽一切」

高点4句
明日あるを信じてものの芽のほぐる  野村えつ子
夭折も天寿もありて落椿       野村えつ子
しあはせと思ふ幸せ雛飾る      浅野 照子
恋猫に銀座八丁広からず       安住 正子

野良猫の恋バルコンのペルシャ猫   新井 洋子
退屈な風の素通り犬ふぐり      安住 正子
一山のものの芽のこゑ鐘の声     岡戸 良一
春めくや公園に鳩と老人と      堤  靖子
銀ぶらへふはりひと巻き春ショール  飯田 誠子
欄干に触るる柳の芽吹きかな     斎田 文子
恋猫の声明兜太逝かれしと      市原 久義
兜太逝き狩行引退木の芽どき     浅野 照子
梅白し料亭の庭清められ       長澤 充子
流氷に秘めし色あり空の青      貝塚 光子
通り抜け禁止の路地の猫の恋     野村えつ子
(清記順)

一口鑑賞恋猫に銀座八丁広からず」〜正子さんの句。春が来て発情した猫が銀座を舞台に繰り広げる恋物語。行動範囲も広がり、8丁目まである銀座も恋猫にとっては決して広くない。長年、数寄屋橋の新聞・雑誌スタンドで仕事をしていた作者にとって銀座は庭のようなもの。そういえばスタンドにも時々、猫がやって来た。ふられたくせにハイソな雰囲気のやつがいたかと思えば、築地辺りまで遠征してきたような妙に魚臭いやつもいた。「兜太逝き狩行引退木の芽どき」〜照子さんの句。現代俳句の雄、金子兜太氏が2月20日に亡くなった。一方、伝統俳句の大御所、鷹羽狩行氏は今年末に「狩」を終刊する。春の木の芽を眺めながら、世代交代のときを迎えた俳壇への感慨が込められている。(潔)

花暦句会報:若草(平成28年2月13日)

若草句会 平成28年2月6日(俳句文学館)

高点句
一と日学び一と日呆けて寒の明(安住正子)
勤め上げし夫に今宵の桜鯛(市原久義)
冬帽子額の傷はかくしけり(根本莫生)
桜鯛跳ねて歓喜の重力波(山本 潔)
桜鯛熟睡のままのお食ひ初め(岡崎由美子)
熟睡(うまい)

(一口鑑賞)1句目は老後の日常における季節感。マイペースで俳句も学んでいる。2句目は男性作者が奥さんになり代わって詠んだ。希望的観測!3句目は酔っ払って負った傷?俳諧味が感じられる。うまく隠したつもりでも…。4句目はアインシュタインの予言が証明されたことへの共鳴。5句目はお孫さんのお食い初め。主人公は熟睡のまま。心温まる家族の風景。(K)

注目句
荒風に狐の耳立てり午祭(針谷栄子)狐(こ)
息遣ひの胸やはらかき浮寝鳥(岡崎由美子)
偏食の夫に刻みし菠薐草(安住正子)
煮大根煮なほす朝の一人膳(飯田誠子)
如月の磨き抜かれし大玻璃戸(岡崎由美子)
福豆を掴む力士の掌の膨(市原久義)
膨(ふくら)
辻芸の毬は光に春の空(坪井信子)
プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
482位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
19位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR