FC2ブログ

艸句会報:若草(令和3年9月11日)

若草句会(亀有 ギャラリー・バルコ)
兼題「洋」

高点1句
間引菜の青より朝の始まりぬ     安住 正子

たをやかにありのまま生く秋うらら  沢渡  梢
師の好きな萩は一花を畑の垣     石田 政江
読み上げ算漏れくる塾や虫の夜    新井 紀夫
晩年はいつ始まるのきりぎりす    松本ゆうき
穂芒の解けて風筋変りたる      安住 正子
筑波嶺の男体女体月涼し       新井 洋子
梨噛めば嚼めば咬むほど水の音    山本  潔
痩身の秋刀魚へよくぞ此処までと      隣安
一回り園のふくらむ虫時雨      飯田 誠子
洋酒瓶一輪挿しとなる晩夏      吉﨑 陽子
猫バスの片道きつぷ花野駅      針谷 栄子
かなかなの強き響きに励まさる    岡戸 林風

  パラリンピック
日本の秋風を背にゴールイン     坪井 信子
未知なるを恐れもせずに飛蝗跳ぶ   市原 久義

(清記順)

【一口鑑賞】間引菜の青より朝の始まりぬ」正子さんの句。大根、蕪、小松菜などの菜類は多めに種を蒔き、苗が密生してきたら間引く。これが「間引菜」で秋の季語。味噌汁に入れたり、お浸しにしたりすると柔くて美味しい。この句は朝ごはんの準備をしながら、若々しい菜類の青さを目にする作者の姿が浮かんでくる。丈夫で台所に立てる幸せを噛み締めているのだろう。「痩身の秋刀魚へよくぞ此処までと」隣安さんの句。秋刀魚は秋の味覚の代表格だが、一昨年から深刻な不漁が続いている。海流の変化が原因とされ、今年も苦戦しているようだ。この句は、食卓に上った「痩身の秋刀魚」を目の前に思わずつぶやいた言葉なのだろう。食物への感謝を決して忘れない作者の人柄が表れた一句。(潔)

艸句会報:連雀(令和3年9月1日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「九」

さつきまで狂ひゐし灯蛾掃かれけり  坪井 信子
藤袴かるく吹かれて色淡き      矢野くにこ
秋声や波の模様の蜻蛉玉       山本  潔
総持寺の魚板のこだま今朝の秋    安住 正子
底紅の咲くアパートに孫娘      春川 園子
稲妻や音のせぬもの恐ろしき     松本ゆうき
きらめきに初秋の陰り別府湾     渕野 宏子
秋の水湛え水神祀らるる       進藤 龍子
長き夜やまた読む遠野物語      松成 英子
かなかなや檻のイグアナ眼閉ぢ    中島 節子
夕顔や灯りてよりの闇深く      飯田 誠子
戦没者慰霊碑暮色葉月尽       束田 央枝
友の訃や時いつくしむ夏の果     横山 靖子
九頭竜川に放つ灯籠流しかな     向田 紀子

(清記順)

【一口鑑賞】さつきまで狂ひゐし灯蛾掃かれけり」信子さんの句。夜になってコンビニかスーパーへ行ったのだろう。入口近くの誘蛾灯の周りを狂ったように飛ぶ蛾をちらと見た。それが帰る時にはもう掃かれていたのだ。さほど長い時間ではない。「あら、もう掃かれている」という驚きが一句になった。「灯蛾」への哀れみが感じられる。「稲妻や音のせぬもの恐ろしき」ゆうきさんの句。「稲妻」が秋の季語。遠くで光る雷で、夏の「雷鳴」や「落雷」のような激しい音は聞こえない。マンションの窓から眺める空中放電は神秘的でさえあるが、作者はふと「恐ろしき」と感じたのだ。いつ迫りくるかわからない怖さは、新型コロナウイルスにも通じるのではないか。(潔)
プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
220位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR