FC2ブログ

花暦:舘花集作家往来

  うれしくて    相澤 秋生

残雪も棚田のかたち山古志は
妻と娘と靴脱ぎ捨てて青き踏む
若き日の書き込み多き書を曝す
かざす手の影絵にも似て風の盆
木犀の香のうれしくて歩の緩む


  来し方思ふ    春川 園子

師を偲ぶ薔薇の百花の中に佇ち
長寿知らぬ亡き夫に薔薇供へをり
爽涼や来し方思ふ誕生日
秋灯や長き手紙に封をして
亡夫と聴きし昭和の歌を秋夕べ


  恋の歌      岡崎由美子

寝不足の窓より逃す朝の蜘蛛
船宿の青き網戸の潮湿り
潮錆のバス停ポール月見草
忘れたきことは忘れず吾亦紅
十六夜の路上ライブの恋の歌

(「花暦」2016年上期号より)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
21位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR