FC2ブログ

花暦句会報:連雀(平成29年5月10日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「新樹」

高点2句
海紺青大佐渡小佐渡新樹晴   池田まさを
柏餅余生は気負う事もなく   田崎 悦子

欠席も遅刻も重ね卒業す    根本 莫生
手を離れ早苗は里の風のなか  矢野くにこ
湧水の正しき鼓動森五月    加藤 弥子
みちのくの雲の湧立つ山桜   飯田 誠子  
余花の寺長き廊下に吊る魚板  松成 英子
五月句座今日は沙緻師の誕生日 進藤 龍子
亡き象の像の足芸街薄暑    坪井 信子
一日が全て吾のもの夕薄暑   束田 央枝
力士碑に手形足形青葉光    田崎 悦子
北上川の風豊かなり五月鯉   向田 紀子
老鶯の他に声なき雑木山    春川 園子
鬼太鼓の波止場で踊る島開き  池田まさを

                    (清記順)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
407位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
15位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR