FC2ブログ

艸句会報:船橋(令和元年12月15日)

船橋句会(船橋市勤労市民センター)

高点2句
長寿翁の手形にもふれ冬ぬくし    岡戸 林風
着膨れて海苔屋の海苔の握り飯    山本  潔

落葉踏む仔犬のリード弛ませて    長澤 充子
寒林の風をものともせず大樹     山本  潔
侘助や夫との刻の増ゆる日々     針谷 栄子
市の立つ大神宮の里神楽       岡戸 林風
女湯の四方山話柚子浮ぶ       川原 美春
座布団の隅に積まれし冬座敷     飯塚 とよ
行く年の水子地蔵に笑みの顔     小杉 邦男
枝先の甘き蜜柑は風のもの      並木 幸子
室の花抑揚のなき医師の声      岡崎由美子

(清記順)

一口鑑賞長寿翁の手形にもふれ冬ぬくし」林風さんの句。この日、新たに船橋句会が発足。句会前に数名で船橋大神宮や市内を吟行した。市街地を流れる川には13の橋がかかり、それぞれの欄干にレリーフが設置されている。海老川橋は「長寿の橋」とも呼ばれ、120歳まで生きたとされる泉重千代さんの手形があった。作者はその手形に触れて長寿を祈ったのだろうか。寒さを忘れるひととき。「落葉踏む仔犬のリード弛ませて」充子さんの句。落葉道の散歩。リードの弛みが飼い主と犬との信頼関係を物語っている。「女湯の四方山話柚子浮ぶ」美春さんの句。女同士の四方山話に耳を傾けながら入る柚子湯。ぷかぷか浮かぶ柚子が健康的だ。(潔)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
12位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR