FC2ブログ

艸句会報:東陽(令和2年1月25日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「探梅」「展」

高点2句
車掌だけ乗り降りをして枯野駅     野村えつ子
吟行の今日の幹事は雪女        新井 洋子

冴返る金の細工の指輪立        堤 やすこ
白壁に枯蔦展ばす線描画        岡戸 林風
珈琲の湯気立ち揺らぐ雪催       長澤 充子
探梅や切通しぬけ海展け        野村えつ子
今頃は春節ならむ遠千鳥        中川 照子
磨かれし寄木造りの床寒し       飯田 誠子
新しく垣設へて梅の園         斎田 文子
先頭の車窓に展け初景色        新井 洋子
葉牡丹や古き地球の展開図       山本  潔
初天神傘寿に小さき鷽守        貝塚 光子
咳けば風邪かとそつぽ向きし夫     安住 正子

(清記順)

【一口鑑賞】吟行の今日の幹事は雪女」洋子さんの句。下五の「雪女」が人気を集めた。雪国の伝説に登場するお化けで、道に迷った男を虜にし、凍え死にさせてしまう怖い存在だ。「雪の精」「雪女郎」「雪の鬼」などとも言う。この句では、何と吟行の幹事さんを「雪女」にしてしまったところにユーモアがある。幻想的な季語を日常の中に取り込んだ作者も雪女だったりして…。「初天神傘寿に小さき鷽守」光子さんの句。句会当日はまさに「初天神」。全国各地の天満宮の新年最初の縁日で、東京の亀戸天神では前日から鷽替の神事が行われる。下町に住む作者は、この日がちょうど80歳の誕生日でもあり、鷽鳥を模したお守りを替えてきた。「小さき鷽守」に傘寿を迎えた感慨と長寿へのささやかな願いが込められている。(潔)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
558位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
19位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR