FC2ブログ

艸句会報:連雀(令和2年9月2日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「空」

高点1句
辞書の背を繕ふ夜更けちちろ鳴く 飯田 誠子

点滴の一滴づつに秋ともし    坪井 信子
秋空へ五七五で書くラブレター  松本ゆうき
露草挿すワイングラスの脚細し  進藤 龍子
新涼や夫に応へて墓碑は「空」  束田 央枝
久に巻くリューズの固し地虫鳴く 向田 紀子
空を飛ぶ夢見て風船葛かな    山本  潔
この鉢が縄張なのね瑠璃蜥蜴   松成 英子
秋の浜後ろ姿の暮れかかる    中島 節子
新涼を運びて山河濡らす雨    矢野くにこ
津波ありき波打ち際の夜光虫   横山 靖子
T シャツの髑髏が走る夏の果   飯田 誠子
まんまるに鳶の切り取る秋の空  岡崎由美子
水痩せし河原に塩からとんぼかな 安住 正子

(清記順)

【一口鑑賞】辞書の背を繕ふ夜更けちちろ鳴く」誠子さんの句。使い込まれた辞書は背の部分が傷み、やがてバラバラになってしまう。それを秋の夜更けに繕っているのである。学生時代の思い出だろうか。蟋蟀の鳴き声が詩情を生む。句会では、親からもらった歳時記を直しながら大事に使っている人もいた。もっとも、最近は電子辞書やスマートフォンのアプリが普及している。ちなみに筆者はスマホに「合本俳句歳時記 第4版」(角川学芸出版編)と「広辞苑 第7版」(岩波書店)を入れている。スマホをなくしたら大変なことになる。
 「久に巻くリューズの固し地虫鳴く」紀子さんの句も秋の夜らしい詠いっぷり。しばらく使っていない腕時計のネジを巻こうとしているが、思いのほかリューズが固くなっており、難渋する様子が目に浮かぶ。窓の外からは「ジージー」と断続的に虫の鳴き声が聞こえる。「地虫」は地中で生活する虫のことを言うが、鳴いているのは螻蛄。鳴き声が巣穴に共鳴して大きく聞こえてくるらしい。
 「津波ありき波打ち際の夜光虫」靖子さんの句。「津波ありき」で読み手の脳裏には東日本大震災の津波の映像が思い出される。ふと我に返ると、波打ち際が異様に光っている。「夜光虫」は夏の季語。海洋性のプランクトンで細胞内に発光体があり、夜の波打ち際で青白く光る。岩手県大船渡市や大槌町辺りでの景を詠んだという。津波の犠牲になった人々の霊が夏の海に浮遊しているかのようだ。(潔)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
16位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR