FC2ブログ

艸句会報:若草(令和2年10月10日)

若草句会(亀有 ギャラリー・バルコ)
兼題「小鳥来る」

高点1句
蜂蜜のひと匙の糸秋気澄む     針谷 栄子

新大豆越後屋さんの量り売り    新井 紀夫
瀬音つと変りて紅葉且つ散りぬ   安住 正子
心だけ寄り添ふ秋の深まりし    沢渡  梢
糠床にしかと糠足す秋なすび    石田 政江
気にかかる地球の寿命蚯蚓鳴く   新井 洋子
乾電池替へて夜長の深夜便     市原 久義
老酒に酔うて消えたる秋思かな   山本  潔
小鳥来る窓辺離れぬ猫の耳     岡戸 林風
妹背とてこころに垣根やゝ寒し   松本ゆうき
小鳥来る双眼鏡のある茶房     飯田 誠子
窓ガラス四角に磨き小鳥来る    針谷 栄子

(清記順)

【一口鑑賞】糠床にしかと糠足す秋なすび」政江さんの句。今や糠床のある家は珍しいだろう。子どもの頃、祖母が糠床を大事にしていたのを覚えているが、いつの間にやら糠漬けはスーパーで買うものになっていた。作者は、糠漬けはもちろんのこと、梅漬けや山椒漬けなどを実に小まめに作っている。「秋なすび」は小ぶりになるが、実が引き締まっていて美味しい。茄子漬けは色合いもきれいだ。掲句は「しかと糠足す」に気持ちが込められている。
 「乾電池替へて夜長の深夜便」久義さんの句。「深夜便」といえばN H Kの「ラジオ深夜便」であり、乾電池を替えたのは携帯ラジオである。寝るときに枕もとに置いて聴くのが楽しみになっているのだろう。秋の夜長となれば、聴き入ってしまうことも少なくない。この句は「ラジオ」を省略しながら、ラジオという媒体の魅力を余すところなく伝えている。上五の「乾電池替へて」に軽い高揚感がある。
 「妹背とてこころに垣根やゝ寒し」ゆうきさんの句。「妹背」は夫婦や妹と兄、姉と弟のこと。この句は、作者自身の感情と読んでもいいし、一般論として読んでもいい。歳を経るにつれて人間は心の中に垣根を作ってしまうものだ、という感慨を詠んだのだろう。「やや寒」は秋が深まる中で感じる寒さ。このほか晩秋に感じる寒さは「秋寒」「そぞろ寒」「うそ寒」「肌寒」など語感によって微妙な違いがあるから面白い。(潔)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
407位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
15位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR