FC2ブログ

艸句会報:東陽(令和2年11月)

東陽通信句会

高点2句
マスクして人みな遠しきのうふけふ  岡崎由美子
大学がバスの終点銀杏散る      野村えつ子

旅先の宿の番傘初しぐれ       長澤 充子
民宿の裏も民宿干大根        野村えつ子
息災を確かめ合うて落葉掻      貝塚 光子
篁の風のからびや冬に入る      安住 正子
日溜りの砂場の落葉だまりかな    向田 紀子
深海の大王烏賊へおよぶ冬      山本  潔
冬薔薇人工知能に囲まれて      堤 やすこ
流行は過客の如く翁の忌       岡戸 林風
カラカラと吾を超えゆく枯葉かな   斎田 文子
鳥渡る眼下に千の交差点       飯田 誠子
地になほも桜落葉の華やかに     中島 節子
冬芽萌ゆ伐採せまる老幹に      中川 照子
何もかも間が悪き日のおでん酒    岡崎由美子
新海苔のむすびと地図と老眼鏡    新井 洋子
アンネともエリザベスとも冬薔薇   松本ゆうき

(清記順)

【一口鑑賞】息災を確かめ合うて落葉掻」光子さんの句。コロナ禍にあって、この冬は落葉掻も例年とは様子が異なるようだ。近所の顔見知りが集まっているのは一緒なのだが、みんなマスクをしている。適度に距離を保ち、無駄口を叩く人もいない。それでもお互いの無事だけは確かめ合っている。上五〜中七の措辞に実感が籠もる。いつもの冬なら見過ごされそうな光景を的確に捉えた一句。
 「冬薔薇人工知能に囲まれて」やすこさんの句。過去にA Iブームは2回ほどあったが、今回はコンピューター技術の進歩に加え、インターネットの普及などにより期待は大きく膨らんでいる。コロナ禍でテレワークが広がっていることも拍車をかけているようだ。この句は、冬薔薇を人工知能が取り囲んでいるという見立てにユーモアがある。取り合わせの妙とでも言うべきか…。
 「鳥渡る眼下に千の交差点」誠子さんの句。「鳥渡る」は中秋から晩秋にかけて日本にやってくる渡り鳥のこと。この句は、鳥の視点で地上を見下ろしているのだが、「千の交差点」がある光景はいったい何を意味しているのだろう。鳥の目には現代社会は複雑な回路図のように見えるかもしれない。上田五千石の〈渡り鳥みるみるわれの小さくなり〉が思い浮かんだ。(潔)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
184位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
9位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR