FC2ブログ

艸句会報:すみだ(令和2年12月23日)

すみだ句会(すみだ産業会館)
兼題「数へ日」

高点2句
葉ボタンの渦に記憶の周波数     並木 幸子
綿虫の漂ふ黙や樹々の黙       貝塚 光子

数へ日のあれもこれもが繰り越しに  三宅のり子
数へ日や老には老の役目あり     髙橋 郁子
数へ日の居場所となりし句座一つ   岡戸 林風
文机の一灯冴ゆる夜の句集      岡崎由美子
里山の落葉溜りは子らの基地     貝塚 光子
数へ日やテディベアを繕ひて     川原 美春
冬至風呂労はりほぐす膝小僧     内藤和香子
来世への手形のつもり古日記     山本  潔
冬の雨奥に遺影の写真館       並木 幸子
家計簿の余白にふはり木の葉髪    工藤 綾子
少しづつ馴染む晩学石蕗の花     福岡 弘子
一年の憂さ吹きとばす大くさめ    松本ゆうき
湖畔の朝馬車来て御者の息白し    長澤 充子
逝く年や五臓に染みる故郷の酒    大浦 弘子

(清記順)

【一口鑑賞】葉ボタンの渦に記憶の周波数」幸子さんの句。この日が2020年の句座納め。掲句を採った4人中、3人が特選でいずれも「『記憶の周波数』という表現に斬新さを感じた」という。一方で「句意が分かりにくい」との意見も出た。作者によれば、今年のいろいろなことが渦を巻いたような葉牡丹の形に重なり合って「記憶の周波数」という言葉になった。例えば「葉牡丹や記憶の渦の周波数」とでも直す余地はあるが、まずは作者の感覚を大事にして原句のままとした。「一人ひとりが詩情を培い、オリジナリティーを追求する」ことが「艸」の出発点。新しい年もこの気持ちを大事にしていきたい。(潔)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
17位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR