FC2ブログ

艸句会報:若草(令和3年2月13日)

若草句会(亀有 ギャラリー・バルコ)
兼題「春一番」

高点1句
料峭やカレー饂飩の染み二滴     針谷 栄子

春一番富山平野を均しゆく      吉﨑 陽子
草萌ゆる磨けば光る泥団子      新井 洋子
子のゐない校庭ひろし鳥雲に     松本ゆうき
亡き友に唱ふ御詠歌春寒し      石田 政江
継当てのさくらのかたち春障子    市原 久義
二人がかりの猫の点眼春一番     針谷 栄子
花すみれ天守へ辿る道しるべ     飯田 誠子
牡丹雪劇の終りのごときかな     安住 正子
春雨やバスにアニメのラッピング   沢渡  梢
少女らの微分積分春一番       山本  潔
白杖の人の手を取る北風の中     新井 紀夫
春一番耳に当てたる虚貝       岡戸 林風
春月や祷りの島の天守堂       坪井 信子

(清記順)

【一口鑑賞】料峭やカレー饂飩の染み二滴」栄子さんの句。「料峭」は「春寒」の副季語であり、春風が肌に冷たく感じられることを言う。真冬の寒さや、立春後の余寒とは異なり、春になった気分が強調される。そんな時期のカレー饂飩も格別に美味しく、気持ちが明るくなったことだろう。「染み二滴」ぐらいならご愛嬌のうちといったところか。「春一番富山平野を均しゆく」陽子さんの句。春が来て最初に吹く南風が「春一番」。今年、関東地方では2月4日に吹いた。昨年より18日早く、1951年の統計開始以来最も早かった。作者の住む北陸地方はこの冬、大雪に見舞われただけに春が待ち遠しいことだろう。富山平野は富山湾に面した扇状地帯に広がる珍しい地形。掲句は「均しゆく」という措辞で平野を大きくとらえたところが上手い。(潔)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
17位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR