FC2ブログ

艸句会報:東陽(令和3年4月)

東陽通信句会

高点2句
うららかや照さん手製の俳画集    山本  潔
甍なきビルの暮らしやおぼろ月    斎田 文子

春愁や折目揃はぬ新聞紙       堤 やすこ
佐保姫と酒酌み交はしたきこの世   山本  潔
スケボーの子の手ひらひら風光る   安住 正子
たんぽぽの絮吹く口を尖らせて    貝塚 光子
晩春の空押し上ぐる花水木      長澤 充子
ゆく春や翁の発ちし運河べり     岡戸 林風
梢よりこぼれて群るる雀の子     岡崎由美子
美しき絵と句の画集木の芽晴     中島 節子
利かん気の尾の跳ねどほし鯉幟    野村えつ子
剪定の青空少し傷つけて       斎田 文子
「ほうたる」来照子刀自の春らんまん 松本ゆうき
新樹冷え何を企む夜の鴉       向田 紀子
きらきらと波畳み来る蝌蚪の池    新井 洋子
武骨さは野武士のごとき葱坊主    飯田 誠子
鳥帰る師の墓所の風纏ひつつ     中川 照子

(清記順)

【一口鑑賞】甍なきビルの暮らしやおぼろ月」文子さんの句。「甍なきビル」とはマンションのことだろう。作者は甍造の大きな家で育ったのかもしれない。昔の暮らしを懐かしみながら、マンションの生活に馴染みきれない気持ちが込められている。おぼろにかすんだ月が春の愁いを誘う。「春愁や折目揃はぬ新聞紙」やすこさんの句。朝、新聞にさっと目を通した後に、あとでじっくり読もうとすることはよくある。しかし、一度開いた新聞は折目がずれてきれいにそろわない。誰かが読んだあとの新聞も同様だ。春だからこそ感じるものうい気分を、新聞のちょっとした折目のずれに見出した繊細な一句。(潔)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
534位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
19位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR